ITmedia NEWS >
コラム
» 2014年09月10日 15時59分 公開

写真で解説するソニーの新しいハイレゾウォークマン「NWZ-A15」IFA 2014(2/2 ページ)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2       

バランス駆動のヘッドフォンアンプ「PHA-3AC」

 このほか、ヘッドフォンアンプの「PHA-3AC」やDAC内蔵ヘッドフォンの「MDR-1A DAC」といったハイレゾ音源をもう1歩踏み込んで楽しめる製品も用意した。エントリーモデルの「NWZ-A15」でハイレゾ対応機の裾野を広げつつ、さらに音質にこだわる層に向けてはヘッドフォンのバランス接続を提案するという両面作戦で市場の拡大と深化を図る考えだ。

「PHA-3AC」。バランスヘッドフォン端子はLとRを分離した3極ミニジャック。もちろん通常のステレオミニジャックも備えている

 「PHA-3AC」は、ヘッドフォンのバランス駆動に対応したヘッドフォンアンプ。展示会場では同時発表したヘッドフォン「MDR-Z7」と組み合わせ、よりクリアでチャンネルセパレートに優れた楽曲再生をデモンストレーションしていた。なお、有名ケーブルブランドのキンバーケーブルと協力し、バランス接続用ケーブルをラインアップするというのもトピックの1つだ。

 PHA-3ACのDAC機能は、最大384kHz/32bitのPCM音源とDSDの5.6MHzまでの再生が可能。従来シリーズではDSD 2.8MHzまでだったので、DSDファンにもうれしい仕様だ。

PCやウォークマン、Xperiaを接続するUSBポート、iOSデバイスとデジタル接続できるUSBポート、さらに光デジタル入力とアナログ入力のステレオミニジャックを装備−−

 本体サイズは80(幅)×29(厚さ)×140.5(長さ)ミリ。重量は231グラム。バッテリーは搭載していないが、PC接続時はバスパワー動作が可能だ。

「MDR-1A DAC」

 一方の「MDR-1A DAC」は、USB-DACとヘッドフォンアンプを内蔵したヘッドフォンだ。デジタル/アナログ変換を行うことで別体のヘッドフォンアンプを持ち歩く必要がない。

「MDR-1A DAC」

 PCやモバイルデバイスとUSBケーブルでデジタル接続が可能。プレーヤーによってはハイレゾ音源を再生できる。またアナログ入力も装備。ドライバーは40ミリ径で、再生周波数帯域はアナログ接続時で4〜4万Hzだが、デジタル接続では4〜10万Hzに及ぶという。

 バッテリーを内蔵していて、約7.5時間の連続駆動が可能だ。充電もUSB端子で行うため、ハウジングにはPC接続/充電用とモバイルデバイス接続用で2つのmicroUSB端子が並んでいる。

ハウジングのインタフェース部−−

 製品パッケージには、USBケーブルのほか、ウォークマン用デジタル接続ケーブル、Xperia用ケーブル、そしてLightningケーブルが同梱される模様だ。手軽に高音質の音源を楽しみたい人は、検討してみるのもいいかもしれない。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.