ITmedia NEWS >
ニュース
» 2015年03月12日 11時23分 公開

ますますしゃべくり上手:空気の力で部屋の隅までキレイに――シャープ「ココロボ」の新製品 (2/2)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ますますおしゃべり、単体で録音も可能に

 ココロボは、人工知能「ココロエンジン」を搭載し、一部機種は音声認識機能を使って会話も行えるのが特徴だ。掃除中もおしゃべりで、例えば段差を発見したら「おっとっと」、充電台に戻ってきたら「ただいま」など自らの状態を報告する。さらにセリフを関西弁に切り替えたり、PCを使ってオリジナルの音声に変更するといったユニークな機能もある。

 しかし従来製品のユーザーアンケートでは、「もう少しいろいろとしゃべってほしい」という注文が多かったという。そこで今回はおしゃべりのパターンを130まで増やすとともにカスタマイズも容易に行えるようにした。

操作受付時や起動時のあいさつなどバリエーションが豊かになった。RX-V95Aは音声認識機能を搭載しているため、会話や音声による操作もできる

 追加されたセリフは、隅を掃除するときの「ここは念入りに!」「壁際やりまーす!」、ゴミを見つけたときの「ゴミ発見!」など、自分の仕事っぷりをアピールするもの。また、上面の「聞いてボタン」を押すと、ココロボからのお知らせが聞ける。例えば「前回は20分以上お掃除したよ」、ダストボックスがいっぱいになると「くるしいよー。ゴミを捨ててね」といった聞いて欲しいことがあるときは、「聞いてランプ」が光ってアピールする仕組みだ。

「聞いてボタン」を押すとココロボがお知らせ

 音声のカスタマイズも容易になった。これまではPCを使わなければならなかったが、今回は本体にマイクを内蔵。SDメモリーカードをセットして2つのボタンを長押し、ガイダンスに従って話すだけで音声を録音できるようになった。「わかった」「おはよう」などと差し替える10パターンの音声を気軽に変更できる(PCを使えばさらに多くの言葉をカスタマイズ可能)。「孫の声を録音して祖父母にプレゼントするといったことが今までより簡単にできるようになった」(同社)。

SDメモリーカードスロットを搭載

ココロボ本体で10のフレーズを録音、置きかえることが可能になった。PCを使えばより広範囲なフレーズを変更できる

 シャープでは、ロボット掃除機の市場は2015年度以降、さらに拡大すると予測。日本家屋の床に適した機能とココロエンジンで差別化していく考えだ。

下位モデルの「RX-V70A」(左)。「RX-V95A」との機能比較。8の字運転や音声認識機能といった部分に差がある。「RX-V70A」の実売想定価格は7万5000円前後(右)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.