ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アメリカ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アメリカ」に関する情報が集まったページです。

CFIUSが暫定命令:
中国ファンドの韓国Magnachip買収、米国が保留命令
米国が、中国の投資家による韓国の半導体メーカーの買収を阻止する方向で動いている。これは、戦略的な半導体技術に対する中国のアクセスを抑制する上で、米国の管轄権が大幅に拡大したことを示していると、業界関係筋は述べる。(2021/6/24)

製造マネジメントニュース:
デンソーが金属3Dプリンタスタートアップに出資、製造現場への導入を目指す
デンソーは2021年6月23日、金属用3Dプリンタの米国スタートアップ企業であるSeurat Technologiesに出資したことを発表した。デンソーではこれにより、金属3Dプリンタ実用化に向けた開発を加速するとしている。(2021/6/24)

IoT機器の信頼性を向上する:
1V以下の低電圧でもグリッチが発生しない監視回路IC
Maxim Integrated Products(以下、Maxim)は2021年6月21日(米国時間)、IoT(モノのインターネット)機器をはじめとする低電圧動作の機器に向け、“グリッチフリー”の電圧監視回路IC「MAX16162」を発表した。1.5Vや1.0Vあるいはそれ以下といった低電圧において、グリッチが発生しないことが最大の特長だ。(2021/6/24)

ジョン・マカフィー氏、バルセロナの獄中で自殺
セキュリティソフト会社McAfeeの創業者、ジョン・マカフィー氏(75)がスペインの獄中で自殺した。同氏は脱税などの疑いで2010年10月に逮捕され、自殺した日の朝、米国への引き渡しが承認された。(2021/6/24)

SEMIレポート:
2021年の半導体新工場着工数19件、22年も10件の計画
SEMIは2021年6月22日(米国時間)、半導体工場に関する予測レポート「World Fab Forecastレポート」の最新版を公開し、2021〜2022年の着工を予定する半導体新工場建設計画が世界で29件あることを明らかにした。(2021/6/24)

Twitter、ユーザー収益化のチケット制「Spaces」と「Super Follows」開始
Twitterがユーザー収益化の新サービス「Ticketed Spaces」と「Super Follows」の提供を開始した。米国の一部のクリエイターが対象。Twitterの手数料は収益が5万ドルになるまでは3%だ。(2021/6/23)

IBMがセキュリティ研究機関「IBM Center for Government Cybersecurity」を創設 米国政府との共同開発も
IBMは、米国連邦政府機関による長期的なサイバーセキュリティ脅威への対応を目的に「IBM Center for Government Cybersecurity」を創設する。同社の専門技術を活用し、イベントやワークショップ、新ソリューションの開発を実施する予定だ。(2021/6/23)

年間45万枚の生産能力を追加:
GFがシンガポールに300mm工場を新設、2023年に稼働
GLOBALFOUNDRIESは2021年6月22日(米国時間)、同社のシンガポール工場の敷地内に、新たな300mmウエハー工場を建設し、グローバルな製造拠点を拡大すると発表した。(2021/6/22)

Facebook版Clubhouse「Live Audio Rooms」とPodcast、米国で始動
Facebookが4月に予告したClubhouseのような音声チャットサービス「Live Audio Rooms」がまずは米国で始まった。また、Podcastも米国でFacebook上で聴けるようになった。(2021/6/22)

イノベーションのレシピ:
Siriを生んだ研究所が、国内企業とシリコンバレーの“つながり”作りを支援
SRIインターナショナルと野村ホールディングスが提携して、米国に「野村SRIイノベーション・センター(NSIC:Nomura-SRI Innovation Center)を設立した。同組織は日本の国内企業とシリコンバレーのスタートアップとの「橋渡し」の役割を担う。(2021/6/22)

SBI証券、外国株取引口座数300万突破 米株新規200銘柄追加も
SBI証券は6月21日、外国株の取引口座数が300万を突破したと発表した。同社の総合口座数は600万を超えており、約半数が外国株口座も保有していることになる。6月22日には、米国株の取扱銘柄を新たに200銘柄追加し、合計で4200銘柄超とする。同社の調べによると主要ネット証券で最多。(2021/6/21)

スマホAP市場:
HiSiliconの“空白”を埋めるQualcommとMediaTek
米国政府は2020年に、米中間の貿易戦争の一環として、Huaweiの子会社であるHiSiliconをスマートフォン向け半導体チップ市場から締め出す措置を取った。こうしてHiSiliconによって残された空白を、QualcommとMediaTekが埋めている。(2021/6/21)

Juneteenth(6月19日)、米連邦祝日に ジョージ・フロイド氏の死から1年
昨年の#BLM運動の高まりでTwitterやUberなどが企業の休日とした米国の奴隷解放記念日「Juneteenth」(6月19日)が、米国の連邦祝日に制定された。17日にジョー・バイデン大統領が法案に署名した。(2021/6/20)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
米国株より高騰する木材 「ウッドショック」は一過性か?
この一年は米国株よりも「木」を持っていた方がもうかったようだ。今、世界的な未曾有(みぞう)の材木価格高騰によって、「ウッドショック」と呼ばれる現象が発生している。(2021/6/18)

海外医療技術トレンド(72):
厚労省が推奨しない「BYOD」、米国は医療テレワーク拡大に向け積極導入へ
本連載第66回および第68回で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応下の米国動向を紹介したが、今回はその米国で拡大する医療テレワークと「BYOD(Bring Your Own Device)」の問題を取り上げる。(2021/6/18)

電動化:
手乗りサイズのGaNモジュールを富士通ゼネラル子会社が開発、EV補機向けにも展開
富士通ゼネラル傘下の富士通ゼネラルエレクトロニクスが米国トランスフォーム製のGaN-FETチップを採用した最大定格650V/40A級の小型GaNモジュールを開発。200Vクラスを上回る高耐圧で、ゲートドライブ回路を内蔵するとともに、パワーデバイスを4素子以上搭載するフルブリッジ構成のGaNモジュールは「業界初」(同社)だという。(2021/6/16)

SBI証券、米国リアルタイム株価情報を取引1回で無料化
SBI証券は7月1日から、これまで有料で提供していた米国株のリアルタイム株価とチャート情報について、無料条件を設定する。併せて7月2日から利用料金を330円に引き下げる。具体的には、ネット経由で米国株式(ETF含む)の売買注文が1回以上あれば、その後31日間無料とする。(2021/6/15)

G7、デジタル人民元にも警戒感 米国や日本もCBDC研究加速
先進7カ国首脳会議(G7)を受け、2021年後半に注目されるのがデジタル通貨をめぐる動きだ。中国が開発を急ぐデジタル人民元の普及を封じ込めるべく、G7は今秋にも中央銀行デジタル通貨が順守すべき原則をつくる。(2021/6/15)

工場ニュース:
半導体エンジニアリングの新たな拠点を米オレゴン州に設立
日立ハイテクは、米オレゴン州ヒルズボロ市に、半導体エンジニアリングの新たな拠点「Hitachi's Center of Excellence in Portland」を設立し、米国の半導体技術開発拠点を集約する。(2021/6/15)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(144):
「つながらない」と慌てるその前に――Azure Backupの“TLS 1.2必須化”に備えよう!
Microsoftは2021年9月1日(米国時間)以降、「Azure Backup」サービスでTLS 1.0/1.1のサポートを削除し、TLS 1.2以上の使用を必須にする必要があることを予告しました。バックアップ対象が旧バージョンのWindowsを実行している場合は、OSのコンポーネントおよび.NET Frameworkが既定でTLS 1.2を使用するように設定する必要があります。(2021/6/15)

Amazonの車載カメラの是非を問う【前編】
Amazonの配送車両のカメラは何を記録しているのか? プライバシー懸念の声も
「ドライバーと地域の安全を守る」という名目で、Amazon.comは配送車両のカメラで車内外の様子を記録している。米国議会議員や専門家は、この録画がプライバシーに及ぼす影響に懸念を示す。同社の主張とは。(2021/6/15)

キーワードは「国民性」:
「ターゲット賞与」とは? 今さら聞けない、日米の賞与制度の違い
チャレンジ精神を持つ米国と、同一性を重んじる日本では国民性が異なる。日米の「賞与の基本的な考え方」にも、同じような差異がある。今さら聞けない、日米の賞与制度の違いとは?(2021/6/15)

NetflixがECサイト「Netflix.shop」を米国でオープン 新進アーティストとアニメやドラマのコラボ商品を展開
米Netflixは6月10日(現地時間)、独自のECサイト「Netflix.shop」を米国でオープンした。同社が配信するアニメやドラマと、アーティストやアパレルブランドがコラボした限定グッズを販売。(2021/6/11)

上院で法案が可決:
米政府、半導体のR&Dに520億ドル投入へ
2021年6月8日(米国時間)、米国上院が520億米ドルを国内の半導体研究/製造に割り当てるという画期的な法案を可決した。それにより、米国による半導体製造の“国内回帰”の取り組みへの焦点は下院へと移った。(2021/6/11)

ランサムウェア攻撃を受けたJBS、約12億円の身代金をビットコインで支払い
食肉加工メーカーJBS USAは、ランサムウェア攻撃の身代金1100万ドル相当を支払ったと発表した。支払いはビットコインで行われたと報じられている。調査は続いているが、情報流出はなかったとしている。(2021/6/10)

7nm以降の先端ノードをめぐり:
IBMがプロセス開発の“契約不履行”でGFに賠償請求か
IBMがGLOBALFOUNDRIES(GF)を契約不履行で訴え、25億米ドルの損害賠償を求めている。IBMはこの訴えをGLOBALFOUNDRIESに通告したが、米国EE Timesに対しては、まだ裁判所には提訴しておらず、従って世間に公表する準備もできていないと伝えてきた。GLOBALFOUNDRIESは既に米国ニューヨーク州最高裁判所に対し、この係属中の訴訟を価値がないものとして却下するよう申し立てを行った。(2021/6/10)

バイデン米大統領、トランプ前大統領によるTikTok禁止令を取り消し、リスクを再検討する新たな大統領令
バイデン米大統領は、トランプ前大統領が昨年8月に下したTikTokを米国から締め出す大統領令を取り消す大統領令に署名した。新たな命令では、海外アプリのリスクを判断する枠組みの制定を指示する。(2021/6/10)

TechTarget発 世界のITニュース
米防衛関連企業がランサムウェア「Conti」に感染 身代金の要求額は?
ランサムウェア「Conti」に米国の防衛関連企業BlueForceが感染した。BlueForceとの交渉の中で、攻撃者は身代金をいくら要求したのか。(2021/6/9)

EHRの音声認識機能は使い物になるか【前編】
電子カルテの音声アシスタントの可能性と限界 多機能でも「理想には遠い」のはなぜか
米国の医療機関では電子カルテ(EHR:電子健康記録)の音声認識技術が注目を集めている。医師のルーティン業務を自動化する便利な機能が次々と登場しているが、「理想には遠い」と見る専門家もいる。(2021/6/8)

Twitter、「BirdWatch」機能を米国でテスト 誤解招くツイートにユーザーが指摘メモを追加
(2021/6/4)

ツイートに「他ユーザーからのメモ」を表示する機能 米国でスタート
米Twitterが、ユーザーの投稿に他のユーザーからのメモを表示する機能「Birdwatch」のテストを始めた。米国のiOS/Androidアプリやブラウザ版ユーザーのうち、参加を申し込んだ人に先行提供する。(2021/6/4)

Google、廉価版無線イヤフォン「Pixel Buds A-Series」を99ドルで
Googleが、無線イヤフォン「Pixel Buds」の廉価版「Pixel Buds A-Series」を発表した。米国では99ドル(約1万1000円)で6月17日の発売だ。日本でも予約を受け付けている。(2021/6/4)

Windowsフロントライン:
次期Windowsはどういった姿になるのか?
米Microsoftが6月2日(米国時間)、次世代Windowsに関するオンラインイベント「What's Next for Windows」を日本時間で6月25日午前0時から開催すると予告した。その経緯報告と今後を予測してみよう。(2021/6/4)

食料流通に混乱 JBS Foodsへのサイバー攻撃に見るナショナルリスク
米国をはじめ、オーストラリアやカナダなどで牛肉の生産などを手掛ける国際企業であるJBS Foodsがサイバー攻撃を受け、工場の操業を一時停止するなど影響が出た。FBIは一連の攻撃がランサムウェアによるものだと特定している。(2021/6/3)

日本時間で6月25日午前0時〜:
Microsoftが次世代Windows発表イベントを予告
米Microsoftが6月24日午前11時(米国東部標準時)から次世代Windowsに関するオンラインイベントを開催する。日本時間では6月25日午前0時からとなる。(2021/6/3)

Apple、従業員に2021年9月から職場復帰を要請 週3日は出社
米国企業が出社にシフトを始めた。(2021/6/3)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
ウォルマート、ECが大躍進──“日常”が戻っても、伸びそうなのはなぜ?
ウォルマートの業績が好調だ。米国では人々がノーマルな生活に戻りつつあるにもかかわらず、ECの売り上げは37%も増加している。その背景にある、データとAIに関する戦略について解説する。(2021/6/3)

「GeForce RTX 3080 Ti」の国内想定価格は約17.6万円 「GeForce RTX 3070 Ti」は約9万円
NVIDIAが5月31日(米国太平洋時間)に発表した新型GPUを搭載するグラフィックスカードの国内発売日と想定価格が判明した。GeForce RTX 3080 Tiは17万5800円から、GeForce RTX 3070 Tiは8万9980円からで、米国発売日と同じ日付の22時から販売が開始される。(2021/6/2)

Twitter、フリートに広告表示の実験 米国で
米Twitterが、24時間で消える投稿機能「フリート」に広告を掲載する実験を米国で始めた。複数の広告主と協力し、iOS/Androidアプリユーザーの一部に提供する。(2021/6/2)

Twitterで月額10ドルのサブスク気象情報サービス「Tomorrow」始動
Twitter参加のRevueでサブスクリプションする有料サービス「Tomorrow」が米国でスタートした。約50万人のフォロワーを持つ気象学者が立ち上げた。月額10ドルで、「Spaces」への参加、Podcastへの早期アクセス、無制限の質問などが可能。(2021/6/2)

デバイスが自動で広域無線ネットワークを構築:
「Amazon Sidewalk」サービス開始目前 近隣デバイスとの接続「自動的に有効」に懸念の声
Amazon.comが2年ほど前発表していた「Amazon Sidewalk」サービスが米国で間もなくスタートする。自身が所有するデバイスだけでなく近隣の他人のデバイスを経由するネットワークアクセスも自動的に有効になることから、注目が集まっている。(2021/6/1)

リアルタイムOS列伝(11):
かつて米軍に重用されたRTOS「RTEMS」、今や航空宇宙分野で揺るぎない地位に
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第11回は、かつて米国の軍需向けで重用されてきたRTOS「RTEMS」を紹介する。現在は軍需ではなく、航空宇宙分野向けフリーRTOSの座を射止めている。(2021/6/3)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
AMDが「Ryzen 5 5600G」「Ryzen 7 5700G」をボックス販売 米国では8月5日に発売
AMDがPCメーカー向けに出荷を開始したデスクトップPC向けRyzen 5000シリーズAPUのうち、2製品がパッケージ付きで市販されることになった。米国では8月5日に発売される予定だ。合わせて、企業向けの管理機能やセキュリティ機能を追加したデスクトップPC向けAPUも投入する。(2021/6/1)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(142):
Azure Stack HCIの無料評価期間が60日に延長、より時間をかけた検証、評価が可能に
Microsoftは2021年5月24日(米国時間)、2020年12月にリリースされた「Azure Stack HCI」の無料評価期間をこれまでの30日から60日に延長したことを発表しました。これにより、Azure Stack HCIの導入を検討している顧客や、Azure Stack HCIソリューションに対応した製品を計画しているパートナー企業は、より長い時間をかけて評価することができます。(2021/6/1)

コロナワクチン配布に学ぶ「5つの教訓」【後編】
ワクチン温度だけじゃない、「新型コロナワクチン」の配布を阻む課題と対策
米国の新型コロナワクチン配布の経験から、サプライチェーン効率化に関する知見が見えてきた。「Chain of Custody」といった高度な手法から、現場の小さな工夫まで、さまざまなチップスを紹介する。(2021/6/1)

米国による制裁後もファーウェイは死なず Androidを代替するHarmonyOSはどんな状況なのか
米国が口火を切った米国製品禁輸措置により、Huaweiは多大な被害を受けた。そして、現在はどうなのか。(2021/5/31)

光子1個を検出可能な技術:
ガイガーモードのLiDARで市場けん引を狙うArgo AI
米国ペンシルバニア州ピッツバーグに拠点を置く自動運転車の開発メーカーArgo AIは、2021年5月、比較的珍しい技術であるガイガーモード(Geiger-mode)センシングをベースとした同社のLiDARについて、一部の詳細を明らかにした。2021年末までには、この新型LiDARを、同社が隊列走行試験で使用する全ての自動車(約200台)に搭載する予定だという。(2021/5/31)

製造ITニュース:
NVIDIAのスパコンは4EFlopsで「地球最速」、6000個超の「A100」搭載
NVIDIAは2021年5月27日(米国現地時間)、同社の「A100 Tensor Core GPU」を6159個搭載したスーパーコンピュータ「Perlmutter」が、米国エネルギー省が管轄する国立エネルギー科学計算センター(NERSC)で除幕式を行ったと発表した。「地球上で最速」(NVIDIA)の処理速度を達成したとする。(2021/5/31)

SBI、VTIやVYMに投資する低コストインデックスファンド「SBI・Vシリーズ」
SBI証券は6月15日から、米バンガード社のETFを組み入れた低コストインデックスファンド「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」および「SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド」の提供を開始する。(2021/5/28)

SEMIが予測を発表:
半導体不足で200mm工場の生産能力が急成長へ
半導体の製造装置および材料の業界団体であるSEMIが2021年5月25日(米国時間)に発表した調査によると、200mmウエハー工場の生産能力が、2020〜2024年までに17%増に当たる月産95万枚を増加し、過去最高となる月産660万枚に達するペースで拡大しているという。(2021/5/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。