ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バッテリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バッテリー」に関する情報が集まったページです。

練習着の胸に「TOYOTA」のロゴ:
トヨタ、伊セリエAの強豪「ASローマ」のメインスポンサーに 過去に中田英寿氏がプレー
トヨタ自動車が、サッカーのイタリア1部リーグ「セリエA」の強豪クラブ「ASローマ」のメイングローバルパートナーになることが決まった。クラブが運営する男女それぞれのチームのトレーニングウェアに「TOYOTA」のロゴが入る他、トヨタやレクサスのBEV(バッテリーEV)を提供する。(2022/8/18)

タブレットが50%オフなどの「+Style Last Summer Sale」開催 8月31日まで
BBソフトサービスは、8月18日〜31日に「+Style Last Summer Sale」を開催。+Style本店で販売しているオリジナル商品と、ブランドIoT商品合計約60種類が最大50%オフになる。(2022/8/18)

Reno5 Aよりも約55%売れている 「OPPO Reno7 A」が日本ユーザーから支持された理由
OPPOの日本向けスマートフォン「OPPO Reno7 A」が6月に発売された。コストパフォーマンスの高さや、おサイフケータイ、防水・防塵(じん)対応はそのままに、Reno7 Aではデザインにも日本市場の“意見”を取り入れている。先代の「Reno5 A」よりも売れているという好調の背景に迫った。(2022/8/18)

ASUS、第12世代Coreプロセッサを採用した軽量14型ビジネスノート 最軽量モデルで880g
ASUS JAPANは、軽量筐体を採用したビジネス向け14型ノートPC「ASUS ExpertBook B9 B9400CBA」を発表した。(2022/8/18)

無人搬送車:
国内のAGV/AMR市場は2025年度には1万台出荷、300億円規模と予測
矢野経済研究所は2022年8月17日、国内のAGV(無人搬送ロボット)/AMR(自律走行ロボット)市場に関する調査結果を発表した。(2022/8/18)

電動化:
EVの“本格的な普及”は2025年か、それとも2035年か
矢野経済研究所は2022年8月17日、脱炭素が自動車産業に与える影響に関する調査結果を発表した。新車販売に占める電気自動車(EV)の比率は2030年に最大で24.7%に上昇すると見込む。(2022/8/18)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
“世界最薄”のシャオミ、メーカー各社が折りたたみスマホでiPhoneに対抗
スマートフォン市場が踊り場を迎え、大手メーカーの出荷台数が減少する中、中国のシャオミが折りたたみスマートフォンなど新製品を一挙に発表した。2021年にスマートフォンのシェアを大きく伸ばし、EVへの進出も宣言したが、強力な競合がひしめく業界で勢いを継続できるのか。(2022/8/18)

アンカー、長寿命かつ持ち運びやすい32万mAhのポータブル電源発売 約15万円
アンカー・ジャパンは、8月18日にポータブル電源「Anker 555 Portable Power Station(PowerHouse 1024Wh)」を発売。容量は32万mAh/1024Whで、多様なポートで最大12台の機器を同時充電できる。(2022/8/18)

経産省のCEV補助金、10月末で終了へ EV好調で予算枯渇、販売台数に影響か
自動車各社が新型BEVを発表する中、個人や法人の購入費用の一部を補助する、経済産業省の事業予算が年度末を待たずして枯渇し、事業が早期終了する可能性が出てきた。補助金ありきで販売台数を伸ばしていた車種もあり、販売に影響が出る可能性がある。(2022/8/18)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
速さは正義、「被写体検出AF」を搭載した富士フイルム「X-H2S」の気持ち良さ
富士フイルムの「X-H2S」である。「実用性重視のハイエンド機」という方向性をさらに強化したAPS-Cサイズ界最強カメラとしての登場だ。(2022/8/17)

携帯扇風機についてNITEが注意喚起 爆発や発火のおそれも 3年間で事故47件
NITEは17日、携帯扇風機の購入や取り扱いに関する注意喚起を行った。21年までの3年間で47件の事故が報告されているという。(2022/8/17)

5台のスマホを同時充電 LEDランタン付きポータブル電源がエレコムから発売
エレコムは、8月下旬に容量54600mAhで5台同時充電可能なLEDランタン付きポータブル電源を発売。また、最大75W出力でハンドル付き3折りタイプのモバイルソーラー充電器も販売開始する。(2022/8/17)

実機写真あり:
天空が10.1型ゲーミングPC「GPD WIN Max2(AMD)」を10月末から出荷 16万7400円から
天空のECサイト「GPD Direct」において、GPD製のポータブルゲーミングPC「GPD WIN Max2」の予約販売が始まった。当初はIntelモデルとAMDモデルが登場する予定だったが、人気の差からAMDモデルのみの販売となる。早期予約者にはケースも付属する。(2022/8/17)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
動かせない「5Gホームルーター」 Androidスマホの「有線LANテザリング」を使えば問題解決?
大手キャリアが販売している5G対応のワイヤレスホームルーターには“動かせない”という大きな問題があります。Android 11以降を搭載するAndroidスマホの「イーサネット(有線LAN)テザリング」を使えば、スマホをルーター代わりに活用できるかもしれません。(2022/8/17)

個人向け「dynabook」に新モデル ホームモバイルPCなどを8月17日から順次発売
Dynabookが、個人向けノートPCの新製品を発売した。14型ホームモバイルノートPC「dynabook M7」「dynabook M6」、13.3型スタンダードモバイルノートPC「dynabook S6」「dynabook GS5」、10.1型2in1デタッチャブルPC「dynabook K0」の5機種が順次発売される。(2022/8/17)

1Dモデリングの勘所(10):
EVのモデリングを「ミニ四駆」で考える〜バッテリー、モーター、走行の連成問題、現象を本質的に捉えてシンプルに表現〜
「1Dモデリング」に関する連載。前回行った「ミニ四駆」の構成要素の原理理解、定式化を受けて、今回はミニ四駆全体系のモデリングを行い、解析を実行する。さらに現象を理解する方法としてモデリング結果を図で表現することの有用性に触れる。最後に、「Modelica」によるミニ四駆のモデリング例を示す。(2022/8/17)

ゲーミングノートPC「ASUS TUF Gaming F17(2022)」を試す ハードゲーマーなら“丈夫さ”も大切!
ASUSの「TUF(タフ)」ブランドは、かつて丈夫さを重視したビジネス向けのブランドだった。現在は「TUF Gaming」として同社のゲーミングブランドの一翼を担っているが、その質実剛健さは現在も受け継がれている。17.3型ゲーミングノートPC「TUF Gaming F17 (2022)」を通して、その姿をチェックしていこう。(2022/8/16)

環境に優しい4K有機ELディスプレイ搭載ノートPC「Yoga Slim 970i」登場 税込み29万円
レノボのコンシューマー向けノートPCのフラグシップモデルに新モデルが登場する。12コア20スレッドのCore i7-1280Pを備え、4K有機ELディスプレイを備えるなど、かなりパワフルな構成でありつつも、カーボンニュートラル認証を取得した環境配慮型モデルでもあることが特徴だ。(2022/8/16)

BluetoothやセルラーIoT製品に採用:
Nordic、メモリ専門のMobile Semiconductorを買収
Nordic Semiconductorは、組み込みメモリ製品に特化したMobile Semiconductorを買収することで合意したと発表した。米国政府による承認を得て、2022年第3四半期(7〜9月)中にも買収契約が締結される見通し。(2022/8/16)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Tesla Model 3、1年乗ってバッテリーはどのくらい劣化した?
Teslaのバッテリーマネジメントについて詳しく調べてみた。(2022/8/15)

アナログスティックも装備:
キースイッチを交換可能! こだわりマウス「ROG Chakram X」を試して分かったこと
ASUS JAPANの「ROG Chakram X」は、アナログジョイスティックやホットスワップ対応マイクロスイッチといったユニークな機能を備えたゲーミングマウスだ。有線でも無線でも使えてQi充電もサポートした実機を細かく見ていこう。(2022/8/15)

高機能の新DSCファミリーを投入:
PR:複雑化増すEV/ADASアプリケーション開発をより迅速&容易に、MicrochipのAUTOSAR対応デバイスとエコシステム
電気自動車(EV)および自律運転技術の発展に伴い車載アプリケーションは複雑さを増しており、AUTOSAR対応やISO26262準拠のソリューションへの要求は高まっている。Microchip Technologyは、幅広いAUTOSAR対応デバイスおよびエコシステムによってこうした要求に応えており、直近でも高機能の新DSC(デジタルシグナルコントローラー)ファミリーを投入するなど、市場での存在感を高めている。今回、同社の車載製品グループ シニアビジネス デベロップメント マネージャ、Yan Goh氏に同社の技術的優位性や市場の展望を聞いた。(2022/8/15)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
ワンタップ操作を封じた完全ワイヤレスイヤフォン「1MORE EVO」を使い続ける理由
(2022/8/14)

ahamo、povo、LINEMOのキャンペーンまとめ【8月13日最新版】 ディズニープラスやポケモンGOとの連携も
ドコモ、au、ソフトバンクが提供しているオンラインブランド「ahamo」「povo」「LINEMO」は、安価に大容量通信が可能なのが特徴だ。だが、キャンペーンを利用すればさらにお得にサービスを利用できる。(2022/8/13)

中国本土以外での展開は未定:
薄型ハイスペックフォルダブルスマホ「Xiaomi MIX Fold 2」登場 ライカレンズ搭載で約17.8万円から
Xiaomi(シャオミ)が、中国本土でフォルダブルスマートフォンの第2世代を発売する。ドイツのLeica(ライカ)の監修を受けた高画質カメラを搭載しつつ、従来モデルよりも薄型化を果たしたことが特徴だ。ただし、中国本土以外での展開は未定となっている。(2022/8/12)

モトローラ、新型の折りたたみスマホ「moto razr 2022」を中国で発表 Snapdragon 8+ Gen 1搭載
モトローラ・モビリティが、中国で折りたたみスマートフォン「moto razr 2022」を8月16日に発売する。開くと6.7型メインディスプレイを、閉じると2.7型サブディスプレイを利用できる。アウトカメラは、光学式手ブレ補正対応の5000万画素の広角カメラと、121度の画角で撮影できる超広角カメラを搭載する。(2022/8/12)

「ポメラ DM250」は最上位モデルにふさわしいのか? 約6年ぶりの新モデルを試す
キングジムのデジタルメモ「ポメラ」に約6年ぶりの新モデルが登場した。約6年前の先代モデルから何が変わって、何が変わらなかったのだろうか。徹底的に検証してみよう。(2022/8/12)

国土強靭化:
激甚化する“土砂災害”から住民を守る、葉山町と応用地質が防災システム構築で実証
神奈川県葉山町は、豪雨による土砂災害が発生した際に、早期に住民に警告して確実な避難行動につなげるため、応用地質のIoTセンサーをベースにした新たな防災システムを構築して有効性を検証する。(2022/8/12)

ASUS、新色エレクトロパンクを採用したeスポーツ向けゲーミングノートPC
ASUS JAPANは、新色であるエレクトロパンクを採用した15型のeスポーツ向けゲーミングノートPC「ROG Strix G15 G513RM」を発表した。価格は23万9800円(税込み)。(2022/8/12)

飛行機で、仕事で、Nreal Airを使ってみた ゲーミングPC接続も実用域に
サングラス型のシースルーディスプレイ「Nreal Air」の本格活用編。(2022/8/12)

電動化:
電動車の使用済みバッテリーで街路灯、外部からの電力供給が不要な自律型で
三菱自動車とMIRAI-LABOは2022年8月10日、電動車の使用済みバッテリーを使用した街路灯の開発の検討を開始したと発表した。2022年度中に開発し、2023年度以降に自治体や企業との実証を通じて設置していく。(2022/8/12)

超小型デスクトップPCを外で使う!:
片手で持てる超小型デスクトップPC「MousePro-M600F4」を車内で使って分かったこと
「MousePro-M600」は、マウスコンピューターの法人向けデスクトップPCシリーズで、片手で楽に持てる超小型ボディーゆえ、デスクトップPCながら機動力は抜群だ。そのボディーを生かして、少々イレギュラーな使い方を試してみた。(2022/8/12)

富士経済が世界市場を調査:
EV市場は2035年に5651万台、全体の半数以上に
富士経済は、HV、PHV、EVの世界市場を調査し、その結果を発表した。中でもEVの市場規模は2035年に5651万台と予測、新車販売台数全体の半数以上を占める見通しとなった。(2022/8/12)

開発陣に聞く:
シャープに聞く「AQUOS R7」の進化点 1型センサーのカメラとIGZOディスプレイは何が変わったのか
2022年夏商戦向けのスマートフォンのなかでも高価な「AQUOS R7」。1型のCMOSイメージセンサーを搭載し、ライカ(Leica)が画質監修をした。そんなAQUOS R7のカメラ、ディスプレイには、いったいどんな技術や機能が詰め込まれているのか、シャープでAQUOS R7の企画開発に関わった方々に話を聞いた。(2022/8/12)

知らないと損?業界最前線:
大ヒットの「ネッククーラー」、技術進化で冷却方式もさまざま、節電にも
35℃を超す酷暑日が続くなか、モバイルタイプの「清涼家電」が大人気だ。2018年にヒットした「ハンディファン」に続き、いま注目を集めるのが、首筋などを効率的に冷やす「ネッククーラー」。モバイルバッテリーなどの電源を使うタイプのほか、特殊素材により電源不要で利用できるタイプもある。(2022/8/11)

「Galaxy Z Fold4」は先代から何が変わった? Z Fold3 5Gとスペックを比較する
Samsung Electronics(サムスン電子)が発表したフォルダブルスマートフォン「Galaxy Z Fold4 5G」。2021年発売の「Galaxy Z Fold3 5G」の後継という位置付けだ。両モデルの違いについて、比較表を交えながらお伝えしていく。(2022/8/11)

「Galaxy Z Flip4」は先代から何が変わった? Z Flip3 5Gとスペックを比較する
Samsung Electronics(サムスン電子)が発表したフォルダブルスマートフォン「Galaxy Z Flip4 5G」。2021年発売の「Galaxy Z Flip3 5G」の後継という位置付けだ。両モデルの違いについて、比較表を交えながらお伝えしていく。(2022/8/11)

完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds2 Pro」登場 Bluetooth LE Audioにも対応予定
Samsung Electronicsのハイスペックワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds Pro」に新モデルが登場する。アクティブノイズキャンセル機能の強化や高音質化が図られた他、規格が確定したばかりの「Bluetooth LE Audio」にも対応する予定となっているという。(2022/8/10)

279ドル(約3万7700円)から:
「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」登場 バッテリー増量と急速充電対応で使い勝手を向上
Samsung Electronics(サムスン電子)のスマートウォッチに新モデルが登場する。バッテリー容量を増やして連続稼働時間を延ばした他、急速充電に対応することで使い勝手を高めている。(2022/8/10)

コンパクトな縦折りスマホ「Galaxy Z Flip4」登場 プロセッサとバッテリーをパワーアップ 一部地域で8月26日発売
Samsung Electronics(サムスン電子)が、比較的コンパクトなフォルダブルスマートフォン「Galaxy Z Flip」の第4世代モデルを発表した。外観は第3世代とほとんど変わらないが、プロセッサやバッテリー、広角カメラをパワーアップして使い勝手を改善している。一部の国/地域では75通りの外観を選択して購入できるサービスも提供する。(2022/8/10)

新型フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold4」が登場 Android 12L搭載 米国などでは8月26日発売
Samsung Electronicsの「Galaxy Z Fold」に第4世代モデルが登場する。フォルダブル(折りたたみ可能な画面を持つ)スマートフォンに最適化されたOS「Android 12L」を世界で初めてプリインストールしており、大画面を生かしたUI(ユーザーインタフェース)の改善が図られている。(2022/8/10)

ASUS、Chromebookの新機種2製品を発表
ASUS JAPANは、360度回転可能なタッチパネルディスプレイを搭載したChromebookの新モデル「ASUS Chromebook Flip CX5(CX5500)」「ASUS Chromebook Flip CM1(CM1400)」を発表した。(2022/8/10)

「業界平均の6倍の長寿命」 EcoFlow、リン酸鉄リチウムイオンのポータブル電源「DELTA 2」発表
EcoFlow Technology Japanは10日、長寿命が特徴のポータブル電源「DELTA 2」を発表した。容量は1024Whで価格は14万3000円。(2022/8/10)

電動化:
2035年の電動車市場、HEVは北米と中国がけん引、EVは2021年比12倍に
富士経済は2022年8月9日、電動車の2035年の市場予測を発表した。2035年にハイブリッド車(HEV)が2021年比4.0倍の1536万台、プラグインハイブリッド車(PHEV)が同4.2倍の783万台、電気自動車(EV)が同12.0倍の5651万台に増加すると見込む。(2022/8/10)

エレコム、容量1万mAh/合計15W出力のモバイルバッテリーを発売
エレコムは、容量1万mAhのモバイルバッテリー「DE-C38-10000シリーズ」を発売。USB Type-CとUSB Type-Aの出力ポートを備え、合計15Wの出力を可能とする。(2022/8/9)

IIJmioで「POCO F4 GT」「Nothing Phone (1)」を発売
IIJmioサプライサービスは、Xiaomi製スマートフォン「POCO F4 GT」を8月12日、Nothing製スマートフォン「Nothing Phone (1)」を8月19日に販売開始する。(2022/8/9)

バックライトで暗闇でも使いやすいiPad用キーボード「GeeMagicKey」
Glotureは、iPad用キーボード「GeeMagicKey」を発売した。価格は1万7380円(税込み)。(2022/8/9)

最近のノートPCは「電源設定」がパフォーマンスに影響する? ThinkPad X1 Carbon Gen 10で確かめてみた
先日、レノボ・ジャパンの「ThinkPad X1 Carbon Gen 10」をレビューした際に、ベンチマークテストの一部スコアが思ったほど出なかった。「もしかして、電源設定のせいか?」と思った筆者は、電源設定を変えてテストを実施してみることにした。(2022/8/9)

山根康宏の中国携帯最新事情:
Huaweiが「HarmonyOS 3」を発表 デバイス間連携強化でスマホ市場の劣勢を打開できるか?
スマートウォッチなど同社のスマートデバイス向けのOSであるHarmonyOSの最新バージョン「HarmoyOS 3」を発表した。デバイス連携など自社のエコシステムを大幅に強化している。Huaweiは実用的なエコシステムの構築で、他社を一歩以上リードしたように見える。(2022/8/9)

法令違反を防ぐ太陽光発電の保安ポイント(6):
太陽光発電の「スマート保安」定着に必要な改革と、経産省が公表したKPIの考え方
昨今大きな課題になっている太陽光発電事業における法令順守や、適切なO&Mの実行に関するポイントを解説する本連載。最終回となる今回は、太陽光発電における「スマート保安」の導入と定着に向けて必要なポイント、そして経済産業省が公表したスマート保安のKPIについて解説します。(2022/8/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。