ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Match.com」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Match.com」に関する情報が集まったページです。

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
言葉は武器である。明石家さんまさんと島田紳助さんから学べ
ストライクゾーンはすぐそこである。さあ、あとは投げるだけである。勇気があるかどうか?(2021/6/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
言葉の使い方次第で儲かったり損をしたり
相手を いかに悩ませず、余計な負担をかけずにコミュニケーションをするかに心を砕けるか。(2018/9/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
副業の時代。運だけで、1000万円は稼げる
運を自分で上げる、日常生活におけるちょっとしたポイントとは?(2018/8/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
スケジュールは、未来の予想図であり、出世の計画書だ
時間を制するものが人生を制する。(2018/7/19)

iPhoneユーザーとAndroidユーザーは非互換 恋愛においても
米国の出会い系サイトが実施した調査によれば、恋愛においてスマートフォンの互換性はあまりなさそうだ。(2017/2/15)

「なぜ人気になったか分からない」 「セーラー服おじさん」という“社会実験”から見えたものとは
セーラー服姿の普通のおじさん「セーラー服おじさん」が、若者を中心に人気を集めている。その正体は、大手企業のエンジニア。異質なものを社会に投下し、その反応を観察する社会学の実験でもあるという。(2014/6/30)

Newsweek、電子版へ完全移行
80年に渡って続いてきた米週刊誌Newsweekが紙媒体の発行を年内で終え、来年からデジタル版に完全移行する。(2012/10/22)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
恋愛マッチングの秘けつは“相性の科学”と“相手への深い理解”
自宅に居ながらにして婚活ができる恋愛・マッチングWebサイト「match.com」。世界で1500万人、日本だけでも100万人の会員数を抱え、年間40万人の結婚をサポートしているという。そんなマッチングサイトで成功するにはどうすればいいのか。運営者に聞いてみた。(2010/3/25)

今年のバレンタイン、義理チョコの配布はNG!?
もうすぐバレンタイン。「今年の義理チョコはどうする?」と女性同士で相談している人も多いかもしれない。そんな中、マッチ・ドットコム ジャパンが、社内における「義理チョコ」の配布を禁止すると発表した。(2010/2/8)

縁結び神社の一番人気は出雲大社
正月は新年の誓いを立てるために、神社にお参りする人が多くなる時期。どんなことを願っている人が多いのだろうか。マッチ・ドットコム ジャパン調べ。(2010/1/18)

「婚活」は「恋愛科学」で 結婚特化の新サービス「match.com marriage」
ベストセラー「愛はなぜ終わるか」で知られる人類学者のフィッシャー博士が手がけた性格診断テストをもとに、相性のいい人を効率的に紹介するという婚活特化サイト「match.com marriage」がオープンした。(2009/6/11)

「match.com」100万会員突破 “婚活”ブームが後押し
結婚サイト「match.com」日本版の会員数が100万人を突破した。(2009/3/11)

海外ダイジェスト(2月20日)
動画サービスHuluがソーシャルメディアネットワークのBoxeeを遮断、EricssonとOrangeがアフリカでソーラーパネル活用の無線基地局を100カ所以上に設置、など。(2009/2/20)

欧州の出会い系サイトMeetic、Match.comの欧州部門を買収
大手出会い系サイトMatch.comが、欧州部門を欧州の出会い系サイトに売却する。(2009/2/20)

ただいま“婚活中”8%、これから26.5%――独身男女の婚活調査
結婚をするための活動“婚活”をしている人は、どの程度いるのだろうか。マッチ・ドットコム・ジャパンの調査によると、約3人に1人は婚活中または予定があるという。また婚活の時期は、男女によって違いがあるようだ。(2008/9/5)

本当に出会えるの? 「結婚サイト」の表と裏
「結婚したい、でも、出会いがない……」――そんな悩みを抱えるIT戦士にとって、「結婚サイト」は福音となるだろうか。バレンタインデーを前に、出会える結婚サイトの選び方や運営の内部事情を探った。(2008/2/13)

「今年こそ結婚!」――石田純一がmatch.comでお相手探し?
「今年こそ結婚! お相手はmatchで」――match.comのイベントに石田純一さんが登場し、今年の恋愛目標を発表した。(2008/2/7)

IAC、企業分割に向け幹部人事を発表
検索エンジンAsk.comのCEO、社長の交代などが発表されている。(2008/1/10)

VoIPのJAJAHとJanglが提携
VoIPサービスのJAJAHと、Webと携帯電話を結ぶサービスを提供するJanglが提携。Webと携帯電話を活用した新たなサービスを開発する。(2007/11/16)

デート相手をルックスで検索できる「Eyealike」
SNSでの理想の恋人探しをサポートする画像検索プラットフォームが登場。写真や動画からユーザーの好みを分析し、検索してくれる。(2007/11/15)

ネットコングロマリットIACが5社に分割
Ask.comやMatch.com、Exciteなど多数のネット企業を抱えたIACが、ネット、小売り、チケット販売、リゾート、不動産の5社に企業分割する。(2007/11/6)

米出会い系大手のMatch.com、携帯向けサービスを立ち上げ
大手デートサイトMatch.comが、会ってみたい相手を携帯電話で検索できるサービス「MatchMobile」を開始する。(2007/7/31)

GPS利用の携帯向けサービス「Ask Mobile GPS」登場
GPSで検知したユーザーの位置情報に基づき、最寄のサービスを紹介し、道順案内もする。今後Ticketmasterなどのサービスも組み入れる予定。(2007/5/15)

Match.com、フランスと中国の出会いサイトを買収
出会いサイトのMatch.comがフランスと中国の出会いサイトを買収、海外進出計画をさらに推進する。(2007/2/28)

「体重は6割がウソ」――出会い系自己申告の正直度は?
オンラインでデート相手を探すとき、自分の容姿を「修正」して伝えるのはよくある話のようだ。(2007/2/8)

モバイル広告は「役立つ情報の提供」が鍵――米調査
Forrester Researchの調査では、携帯端末の用途が拡大している一方で、モバイル広告に対する不信感も強いことが分かった。(2007/1/6)

少子化対策の切り札は「ネット結婚情報サービス」?
日本の晩婚化・少子化対策に、安価で手軽なネット結婚情報サービスの活用を──世界最大手で国内サービスも展開するMatch.comがこんな提案をしている。(2006/7/14)

オリコン、無料のランキング番組――“黒船”iTMSも追い風
オリコンが独自の音楽番組を無料でネット配信する。ランキング上位のアーティストほぼ全員のプロモーション映像を配信できるという。音楽業界が、ネットという“異国”に対して本格的に開国し始めた。(2005/10/26)

独身イケメン&美女コンテスト、Match.comが日韓で
(2005/2/25)

“未婚代表”梨花も祝福――Match.com「公認結婚第1号カップル」を披露
Match.comは、同サービスを利用して結婚した「公認 結婚第一号カップル」をお披露目。未婚代表(?)としてタレントの梨花さんも駆けつけ、巨大チョコで祝福した。(2005/2/10)

Match.comがODNでもスタート
「ODNコミュニティチャンネル」からアクセスできる。(2005/2/10)

Match.com、ライブドアでサービス開始
(2005/2/1)

「出会い系じゃありません」――“マッチング”最大手Match.comの成長戦略
“出会い系”へのマイナスイメージが強く、国内では未成熟のネットマッチングだが、今年末ころからブームになりそうだという。最大手のMatch.comは“真剣”“安心”が売り。コミュニティサイトブームに乗り、ISPやポータルとの連携を強める。(2005/1/21)

30代独身女性の4割が「負け犬」?
(2005/1/14)

InterActiveCorp、旅行事業Expediaをスピンオフ
(2004/12/22)

“真剣交際”が売りのマッチング最大手「Match.com」、国内で本格展開
世界1500万人の会員を抱えるMatch.comが日本市場に本腰。国内では“出会い系”のマイナスイメージが先行したため未成熟なオンラインマッチングサービスだが、豊富なノウハウで“真剣”“安心”をアピールして浸透を図る。(2004/11/17)

世界最大出会い系「Match.com」、So-netでスタート
“出会い系”サービス最大手Match.comが、国内サービスをSo-netを通じて提供する。(2004/11/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。