ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マッチングサービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マッチングサービス」に関する情報が集まったページです。

同じ本を読んだ人と出会えるマッチングサービス 男女同額で正式スタート
MISSION ROMANTICが、同じ本を読んだユーザーと出会えるマッチングサービス「Chapters書店」を正式リリース。ユーザーは同社が紹介する4冊の本から1つを選び、同じ本を選んだ人とマッチングできる。(2021/6/7)

業界トップランナーが語る:
PRTech最前線 コロナ禍で加速する広報DXとどう向き合うべきか
発展目覚ましいPRTech市場。背景には、企業の広報・PR活動に対する意識の変化がある。ITmedia マーケティング編集長も登壇した日本マーケティング学会リサーチプロジェクト合同研究報告会のハイライトを紹介する。(2021/6/3)

「RPA」と「AI」の違い【後編】
RPA×AIの「ハイパーオートメーション」で“人間が働かない世界”実現か
RPAとAI技術が連携することで、意思決定プロセスの大部分も自動化でき、人間が介在しなくても業務プロセスが進むようになる。この「完全な自動化」の達成までは長い道のりになるが、市場には追い風が吹いている。(2021/5/28)

「Omiai」運営元、企業サイトのフォームからも情報流出 「システム設定の不備」で
ユーザーの免許証データなど171万件が流出した可能性のある「Omiai」に関連して、新たな情報流出。企業サイトの問い合わせフォームに入力した内容が、他社から閲覧できる状態になっていた。(2021/5/24)

第2期がスタート:
「中小企業デジタル化応援隊事業」はDXを推進できるか
「中小企業デジタル化応援隊事業」、第2期というのがはじまるらしい。デジタル化を国からの中小企業へのデジタル化支援というのはこういうことなのだろうか。(2021/5/24)

マッチングサービス各社が米連邦政府とコロナワクチン促進で協力
TinderやOkCupidなどの米マッチングサービス各社がホワイトハウスと協力。コロナワクチン接種を促進していく。プロフィールに「ワクチン接種済み」バッジを表示したり、フィルター条件に接種済みを追加したりする。(2021/5/23)

マッチングアプリ「Omiai」に不正アクセス 免許証など本人確認書類の写し約171万件が流出した可能性
ネットマーケティングが、婚活マッチングサービス「Omiai」の情報を管理するサーバに不正アクセスを受け、年齢確認に利用した免許証やマイナンバーカードの画像など171万1756件の画像が流出した可能性があると発表した。(2021/5/21)

「RPA」と「AI」の違い【中編】
「AI」活用は何がうれしく、何が厄介なのか? 「RPA」との比較で考える
「RPA」製品によってビジネスプロセスの大部分を自動化すると、どこかで必ず「意思決定の自動化」という難所にぶつかる。「AI」システムはこの壁を突破する鍵になる。ただしその効果を引き出すのは容易ではない。(2021/5/14)

IT企業や広告代理店など:
ヤフー、副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」の正式提供を開始
ヤフーは5月11日、副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」の正式提供を始めた。現時点での掲載企業は、一休、エキサイト、カウシェ、博報堂、hey、Baseconnect、メディカルノート、ヤフー、LayerX(50音順)。(2021/5/11)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第4回】
「RPA」を長く使うなら無視してはいけない“長期的なデメリット”とは
「RPA」は効率性の向上に寄与し、短期的には良い影響をもたらす。ただし長く使うほどにデメリットも顕在化する。主要なデメリットを整理する。(2021/5/11)

食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界:
月数万円から飲食店を始められる間借りのマッチングサービス
吉野家グループ生まれのベンチャーが取り組むシェアレストランとは。(2021/4/28)

「RPA」と「AI」の違い【前編】
いまさら聞けない「RPA」の基礎 何ができ、何ができないのか
RPAとAI技術は普及が進む一方で、両者の特性や連携の意義についての理解は進んでいない。両者の違いを理解する前に、まずはRPAの基本事項をおさらいしよう。(2021/4/28)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第3回】
「RPA」が社員や顧客のモチベーションを高める“これだけの理由”
RPAによる業務の自動化は、結果として従業員と顧客の両方に良い心理効果を与える可能性がある。それはどういうことなのか。RPAがもたらすメリットを整理する。(2021/4/27)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第2回】
いまさら聞けない「RPA」のメリット 「迅速化」と「人の有効活用」の魅力とは
「RPA」による業務の自動化は、ビジネススピードや効率性の向上にどう役立つのか。専門家の話から、その実力を探る。(2021/4/20)

「銀行のビジネスモデル」はデジタル社会でどう進化するか SMBCグループCDIOが語ったデジタル戦略の展望
デジタル化の波を受け、異業種との境界が徐々に薄れつつある「銀行」。生き残りをかけて各行がさまざまな取り組みを急ピッチで進める中、SMBCグループはどのようなデジタル戦略を進めるのだろうか。(2021/4/15)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第1回】
いまさら聞けない「RPA」のメリット 「効率向上」「人的ミス低減」の効果は?
調査会社GartnerはRPA市場の大幅成長を予想している。ITリーダーがRPAのメリットを認識し始めたことが、その背景にある。具体的にどのようなメリットがあるのか。(2021/4/14)

MeeTruck 物流のデジタル化、低価格で支援へ
中小の物流事業者向けにトラックの稼働状況をパソコンやスマートフォンで一元的に管理する配車支援サービスを提供している。(2021/4/6)

いまさら聞けない自動車業界用語(12):
チーフエンジニアや経営企画でなくても、クルマの未来を考えることが必要だ
自動車の少し先の将来を考えることは、自動車産業で働く全ての人にとってプラスになるのではないかと思います。答え合わせはちょっと先。みなさんもモビリティの未来を想像してみませんか?(2021/4/5)

トラブルを防ぐ:
コロナ禍で増えている「オフィスの引越し」、その段取りとチェックリスト
テレワークなどにより社員の出勤が減り、オフィスの引越しが増えています。オフィスの引越しは一大プロジェクトであり、入念な準備と効率的なオペレーションを必要とします。スムーズにオフィスの引越しを成功させる段取りとチェックリストを紹介します。(2021/4/1)

企業と温泉宿をつなぐサービス「ONSEN WORK」、ビッグローブが開始 「ワーケーションに向く温泉宿」ずらり紹介
うちの会社も導入してほしい。(2021/3/24)

広がる副業解禁 自社の良さ再認識も運用次第では離職加速
社員の副業を認める企業が相次いでいる。副業解禁の動きは大手企業を中心に業種を問わず拡大。企業は、社員が副業で得た経験や人脈の取り込みも狙っている。(2021/3/24)

自社の良さ再認識も:
広がる副業解禁、運用次第で離職加速?
社員の副業を認める企業が相次いでいる。副業解禁の動きは大手企業を中心に業種を問わず拡大。企業は、社員が副業で得た経験や人脈の取り込みも狙っている。ただ……。(2021/3/22)

コワーキングスペースと宿泊施設を同時に検索し予約できるマッチングサービス登場
コワーキングスペースと宿泊施設を同時に検索・予約可能なマッチングサービス「Trabiz(以下、トラビズ)」がリリース。(2021/3/12)

「Yahoo!副業(ベータ版)」スタート 副業求人のマッチングサービス
ヤフーが副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」の登録受付を始めたと発表。求人情報は5月上旬以降に掲載する。(2021/3/3)

ヤフー、副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」開始
ヤフーは3月3日、副業人材を探す企業と副業をしたい人をマッチングするサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」の登録受付を開始したと発表した。5月上旬以降に企業の求人情報を配信する。(2021/3/3)

接点がなかった客にも積極的にアプローチ
システム開発会社が“地理的に接点のない客”にもリーチできるようになった理由
「設計、開発、保守をワンストップで提供」を強みに、中小企業との直接取引増を目指したインフォニック。そのためには、これまでとは違った営業が必要だった。新たな営業手法で、従来とは違う見込み客へのリーチに成功した事例を紹介する。(2021/3/5)

三菱地所、ワークスペースのマッチングサービス「NINJA SPACE」発表 空きスペースの有効活用狙う
三菱地所と三菱地所プロパティマネジメントは、ワークスペースのマッチング支援サービス「NINJA SPACE」を始動する。大手町、丸の内、有楽町エリアを中心とした施設提供者と、利用者の募集を開始した。(2021/3/1)

PR:Biz-Createが日本のビジネスを変える 地方銀行と共に歩むSMBCの挑戦
(2021/3/5)

三菱地所、都内でワークスペースのマッチングサービス ホテルの空き部屋などを有効活用
三菱地所がホテルや飲食店、オフィスビルなどの空きスペースをワークスペースとして活用するためのマッチングサービス「NINJA SPACE」の提供を始めた。専用アプリ(iOS、無料)から利用できる。(2021/2/22)

受託開発営業の“学び”を得て事業拡大
SESを卒業して受託開発へ システム開発会社が踏み出した“営業の第一歩”とは
「SESから受託開発案件にシフトしたいが、どう営業すればよいのか分からない」。そんな状況から、マッチングサービスを活用することで着実に成果につなげているのがLRテックスだ。同社に成功の裏側を聞いた。(2021/2/18)

SNSで指摘:
“署名偽造”バイトの求人を掲載か スキマバイトアプリ「タイミー」運営会社が声明を発表
愛知県知事のリコール運動で集められた署名の中に、偽造が疑われるものがあったと報道されている。また、スキマバイトアプリ「タイミー」に、署名を偽造するバイトの求人が掲載されていたとの指摘がある。運営会社がこうした報道や指摘を受けて声明を発表した。(2021/2/17)

確定申告スタート 電子申告で“密”回避、支援サービス続々
確定申告が始まった。新型コロナウイルス流行で税務署の混雑が予想されるため、税務署はオンラインによる電子申告を呼び掛けている。フィンテックベンチャーはスマホで確定申告ができるアプリなど支援サービスの提供を始めている。(2021/2/17)

特選プレミアムコンテンツガイド
在宅勤務を続けるべきか、やめるべきか 調査から分析
テレワークを実践する上での障壁は「テレワークを続けるかどうか」の判断にどう影響するのか。「予想以上にうまくいった」と考える企業ではどのような効果が見られたのか。調査結果を基に、アナリストが解説する。(2021/2/11)

ガチなソロキャン用に“山”を借りられる山林シェアサービス「YAMAKAS」登場 貸したい“山主”も募集
ここをキャンプ地とする。(2021/2/5)

AIが税金を納める日【後編】
「AIには納税義務もあれば著作権もある」と主張する人たちの根拠
人の代替となる“AI従業員”には、人と同様に納税義務を課すべきだという考え方がある。のみならず特許や著作権など、人と同様の恩恵を受けられるようにすべきだと主張する専門家もいる。それぞれの言い分は。(2021/2/4)

水曜インタビュー劇場(アツアツ公演):
飲食店の多くは苦戦しているのに、なぜキッチンカーは“右肩上がり”なのか
新型コロナの感染拡大を受けて、飲食店が苦戦している。2020年の倒産件数は過去最高となったわけだが、その一方でキッチンカーが増えていることをご存じだろうか。キッチンカーと空きスペースをマッチングしているSHOP STOPに登録している店はぐんぐん伸びていて、その背景に何があるのかというと……。(2021/2/3)

業界動向:
建設人材の悩みをワンストップで解決、マッチングサービス「助太刀」の新プラン
ヒューマンタッチは、工事会社と職人をマッチングするアプリ「助太刀」を運営する助太刀と業務提携し、新たな建築業向け人材紹介サービスを提供開始。建設技術者と合わせ、建設技能者(職人)の紹介も可能になる。(2021/2/1)

事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【後編】
社員を第一に考えない会社が「DX」を語るな――シュナイダーが考えるDXの進め方
DX推進は競合他社との戦いに必要だ――こうした考え方は間違いではないが、より重要な視点を見落としてはいないか。重電メーカーSchneider Electricが重視するのが「従業員ファースト」の視点だ。(2021/1/7)

コロナ禍でDL数2倍! 躍進の婚活アプリ「Pairs」、運営元に聞くユーザー増のワケ
累計登録者数が1000万人を超える恋愛マッチングサービス「Pairs」。コロナ禍でもユーザーは増加傾向にあり、アプリのDL数も2倍になったという。運営元に理由を聞いた。(2020/12/25)

フリーランス向けの求人は「テレワーク可能」が主流に 2021年は労働者の地方への移住が進む?
2020年はテレワーク環境が大きく推進された1年でした。(2020/12/25)

LINE、恋愛マッチングアプリ「HOP」全国展開 「友達の友達」とつながる
LINEと婚活サービスを手掛けるDiverseの合弁会社HOPが、恋愛マッチングアプリ「HOP」の提供を全国で始めた。これまでは東京都などで試験的に提供していたが、エリアを拡大した。(2020/12/24)

女性ユーザーに安心感:
LINE、マッチングアプリを全国展開 “友達の友達”と知り合う機能で差別化
LINEは12月24日、マッチングアプリサービス「HOP」の全国版の提供を開始したと発表した。メッセージングアプリ「LINE」のつながりを活用し、“友達の友達”と知り合う機会を提供。LINEの特性を生かした機能によって差別化したサービスを展開する。(2020/12/24)

事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【中編】
老舗工具メーカーが「DX」推進に人材教育が必要だと考える訳
工具メーカーStanley Black & Deckerが抱える世界中の拠点では、最新技術を採用した工場もあれば、自動化が進んでいない工場もある。こうした中でDXを推進する同社が、従業員教育に注力する理由とは。(2020/12/24)

AIが税金を納める日【前編】
「AI」に納税の義務はあるのか? 「汎用人工知能」(AGI)が議論に一石
各国の税法などの法制度は総じて、現時点ではAIシステムを人と同列に扱っていない。だがAI技術が至る所に浸透する中、法制度はそれに応じて変わらなければならない可能性がある。(2020/12/19)

事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【前編】
DXの成功には「従業員のスキル向上と再教育」が不可欠な理由
デジタルトランスフォーメーションを推進する企業が自動化技術や人工知能技術といった最新技術を導入すると、いずれ「従業員のスキル格差」の問題に直面する。こうした問題を解決するために必要なアプローチは何か。(2020/12/15)

シリーズ「私とテレワーク」:
テレワークとディスプレイ、テレワークと電気代を考える
筆者はフリーランスの広報、ライター、そしてカメラマンという「三足のわらじ」を履いている。その経験から、「デュアルディスプレイと節電」をテーマに、テレワークの快適性向上と節電を両立する方法を考えてみた。(2020/12/11)

「汎用人工知能」(AGI)への道【後編】
「汎用人工知能」(AGI)と「弱いAI」の違いとは
「AI」と呼ばれる技術には「弱いAI」と「強いAI」の2つがある。両者を隔てるものとは何か。そして結局のところ強いAIすなわち「汎用人工知能」(AGI)は実現可能なのか。(2020/12/9)

「汎用人工知能」(AGI)への道【前編】
正真正銘のAI「汎用人工知能」(AGI)とは何なのか
現在「AI」と呼ばれている技術は、概して特定の限られた用途に使われている。これらのAI技術が進化を続ければ、人の知能を再現した真のAI、「汎用人工知能」(AGI)が登場する可能性がある。(2020/12/1)

Tinder、ビデオ通話機能を今週中に導入 安全対策も強化
Tinderは、11月下旬から日本版Tinderで「ビデオ通話」機能の導入を開始する。(2020/11/24)

専門家のイロメガネ:
ウーバーイーツでトラブル頻発、配達員を雇っているのは注文した客?
ウーバーイーツは近年始まったばかりのサービスだが、たびたびトラブルが話題になっては悪評を振りまいている。特にトラブルを起こしているのが配達員だが、その契約形態は独特だ。ウーバーイーツと配達員の契約はどのような内容になっているのか。多数の消費者トラブルに対応してきた司法書士として、頻発するウーバーイーツのトラブルについて考えてみたい。(2020/11/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。