ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「国土交通省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

エンストの恐れ:
ダイハツ、「ミラ」や「タント」など約111万台リコール
ダイハツ工業は6月24日、「ミラ」や「タント」など計28車種111万6656台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。(2021/6/24)

大型バスも:
三菱ふそう、大型トラック「スーパーグレート」などリコール 5車種1万6719台が対象
三菱ふそうトラック・バスが、大型トラック「ふそう スーパーグレート」などのリコールを、国土交通省に届け出た。計5車種1万6719台が対象。(2021/6/22)

岡山と連携しながら守る、四国の伝統駅弁の味
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは高松の駅弁「あなご飯」です。(2021/6/22)

高根英幸 「クルマのミライ」:
アイドリングストップのクルマはなぜ減っているのか? エンジンの進化と燃費モードの変更
アイドリングストップ機構を備えないクルマが登場し、それが増えているのである。燃費向上策のキーデバイスに何が起こっているのか。(2021/6/21)

駅弁文化を守るために、老舗が見据える新たな駅弁のカタチ
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは岡山・三好野本店の駅弁「岡山旅めし 黒毛和牛と真鯛のフルコース膳」です。(2021/6/20)

机回りの省スペース化に「60%キーボード」はいかが? Corsairのゲーミングキーボード「K65 RGB MINI」を試す
最近、ゲーミングキーボードにおいてシステムキーを大胆に削減して省スペース化を図った「60%キーボード」がブームとなっている。その1つであるCorsairの「K65 RGB MINI」は、日本語配列モデルも用意しており、より多くのユーザーにピッタリそうに見える。その実態を使ってみてレビューする。【加筆/修正】(2021/6/18)

公道で走れる最大時速45kmの電動キックボード 乗って分かった魅力と課題
最大時速45kmのパワーを持つ電動キックボード「FreeMile plus」。交通安全上の懸念が注目される電動キックボードの中でも、最高速度が大きい本モデルを試乗し、乗り心地や危険性を確かめた。(2021/6/18)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
米国株より高騰する木材 「ウッドショック」は一過性か?
この一年は米国株よりも「木」を持っていた方がもうかったようだ。今、世界的な未曾有(みぞう)の材木価格高騰によって、「ウッドショック」と呼ばれる現象が発生している。(2021/6/18)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(13)STEM教育(1):
プログラミング教育は「AIへの恐怖」と「PCへの幻想」を打ち砕く?
今回から「STEM教育」を取り上げます。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響もあり、デジタルやITの存在はますます大きくなっています。これからの時代、「デジタル=インフラ」として捉えることができなければ、生き抜くことができないと言っても過言ではありません。それを考えると、確かにSTEM教育は必須なのですが……。プログラミングの“酸いも甘いもかみ分けた”エンジニアとしての視点で、STEM教育を斬っていきます。(2021/6/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
九州新幹線西九州ルート、並行在来線問題の解決と「幅広い協議」の行方
佐賀県は、九州新幹線西九州ルートに関して開催された国土交通省鉄道局との「幅広い協議」で「フル規格にするなら3ルートを検討してほしい」と意見。その後、与党新幹線プロジェクトでの西九州ルートの検討委員会の報告、JR九州のコメントからは、フル規格の着工が予測されるが、現状、肝心の「建設の合意」ができていない。(2021/6/18)

BIM:
建築基準法情報を持つファミリと法適合判定プログラムで、清水建設が第1号案件のBIM建築確認
清水建設は、建築基準法関連情報を持つファミリで作成したBIMモデルと法適合を判定するプログラムを活用し、建築確認申請の事前協議を支援する新システムを構築。このほど、第1号の案件として、総合病院の建築確認申請に適用し、事前協議と本申請を経て確認済証が交付された。(2021/6/17)

地元密着で長く愛される駅弁づくり〜岡山駅弁・三好野本店
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは岡山・三好野本店の駅弁「栗おこわ弁当」です。(2021/6/16)

第3回 建設・測量 生産性向上展:
トプコンがICT測量を支援するアプリを開発、図面の3D化と路線図の作成が可能
トプコンは、データコレクター用アプリケーション「監督さん.V/SDR8 シビルマスター」にICT測量で役立つ機能を追加した「監督さん3D」を開発し、2021年3月に発売した(2021/6/16)

名物駅弁「祭ずし」は、なぜ「祭」になったのか? 岡山駅弁・三好野本店
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは岡山・三好野本店の駅弁「祭ずし」にまつわる「へぇ」なあれこれをお届けします。(2021/6/14)

電子ブックレット(オートモーティブ):
日本の交通課題をおさらい、「交通政策白書」
2019年度と2020年度の交通政策白書を振り返る『日本の交通課題をおさらい、「交通政策白書」』を記事にまとめた。(2021/6/14)

「時代の先」を読んで130年〜岡山駅弁・三好野本店
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは岡山・三好野本店の駅弁「山陽新幹線40年旅物語 せとうち日和」です。(2021/6/12)

ICT土工:
データの利活用で建設現場の業務を効率化、ICT土工管理システムを構築
奥村組、戸田建設、西松建設は、共同でデータ利活用型ICT土工管理システムを構築した。ICT土工データを一元的に集約・管理して利活用することで、関係者間のデータ共有が容易になり、管理作業の大幅な省力化と効率化を図った。(2021/6/11)

岡山駅はなぜ「東口・西口」なのか?〜岡山駅弁・三好野本店
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは岡山・三好野本店の駅弁「味折小町」です。(2021/6/10)

山陽本線130周年! 名物駅弁「桃太郎の祭ずし」の製造に密着〜岡山駅弁「三好野本店」
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは岡山・三好野本店の駅弁「桃太郎の祭ずし」です。(2021/6/8)

交通量の多い道路を渡ろうとするカモの親子、親切な女性によって無事に横断を果たす
女性のサポートを理解しているように見える。(2021/6/8)

Go AbekawaのGo Global!〜Jorge_Pelaez編(後):
「シエスタの国」のエンジニアが8時間ぶっ続けで働ける理由
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前編に引き続きヒューマンリソシアのJorge Pelaez(ベラエズ・ホルヘ)氏にお話を伺う。「easy-going」を信条とする同氏が、8時間みっちり仕事をできる理由とは何だろうか。(2021/6/8)

AI:
検出精度8割以上で目視点検に比べコスト半減、大成建設の画像解析技術にAI検出を追加
大成建設が運用している産業用ドローンと画像の抽出技術を組み合わせたひび割れ点検技術「t.WAVE」に、AIを活用してひび割れを自動検出する機能が追加された。現場での実証実験では、これまで人の目で行っていたひび割れの判別(トレース)作業が自動化されたことで、作業時間の短縮に加え、目視点検に比べてコスト半減の成果も得られたという。(2021/6/7)

BIM/CIM:
BIM/CIM双方向連動自動巡回ロボットシステム「i-Con Walker」を開発
イクシスは、BIM/CIM上で自動巡回ロボットの行動計画を設計し、かつ自動巡回ロボットが現場環境から取得した情報をBIM/CIMに反映する「BIM/CIM双方向連動自動巡回ロボットシステム」を開発した。(2021/6/7)

検査・維持管理:
日立システムズのインフラ劣化状態を見える化するサービス
日立システムズは、社会インフラを含む施設や設備の点検・補修業務の維持管理データを専用のクラウド基盤上でAIにより分析し、対象物の劣化状態を見える化する「CYDEEN劣化要因分析支援サービス」を開発した。(2021/6/7)

線路は繋がるから楽しい! 全線運転再開した水郡線を走破して、郡山の最高級ブランド米駅弁を食べてみた
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは水戸・水郡線の駅弁「海苔のり弁887」です。(2021/6/6)

NISC、サイバー攻撃対応の訓練情報が流出 富士通ツールへの不正アクセスで
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、同センターが実施した、サイバー攻撃訓練への参加者の名前などの個人情報が流出したと発表。富士通製のプロジェクト情報共有ツール「ProjectWEB」への不正アクセスが原因。(2021/6/4)

水郡線の旅では欠かせない、袋田の滝と常陸大子の名物駅弁
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは水戸・水郡線の駅弁「奥久慈しゃも弁当」です。(2021/6/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道と脱炭素 JR東日本とJR西日本の取り組み
2021年5月26日に参議院で可決した「地球温暖化対策推進法の改正法案」は、地球温暖化対策として、CO2など温室効果ガスの削減への取り組みを求めている。CO2削減では自動車業界の話題が突出しているが、鉄道業界はどのようにしていくつもりだろうか。(2021/6/4)

導入事例:
排水湿潤連続養生技術「Wキュアリング」をトンネル工事に適用
大成建設は、2017年のトンネル工事において「Wキュアリング」を適用し、材齢3年目となる2020年9月に覆工コンクリート品質調査における性状評価で、塩害・凍害に対して従来のセントルを用いた工法よりも耐久性が大幅に向上することを確認した。(2021/6/4)

建設業の人材動向レポート(33):
「住宅着工統計」に見る住宅市場の動向「2020年度の新設は8.1%減少」
本連載では、ヒューマンリソシア総研(旧ヒューマンタッチ総研)が独自に調査した建設業における人材動向について、さまざまな観点で毎月レポート。今回は、国土交通省の「住宅着工統計」をもとに新設住宅戸数の最新動向について分析する。(2021/6/4)

水郡線全線運転再開 駅弁片手に新緑のローカル線旅
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは水戸・水郡線の駅弁「奥久慈しゃもべん」です。(2021/6/3)

建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(1):
【新連載】縮小する建設市場で新規需要を獲得するためのCRM戦略、建設専門コンサルが提言
本連載では、経営コンサルタント業界のパイオニア・タナベ経営が開催している建設業向け研究会「建設ソリューション成長戦略研究会」を担う建設専門コンサルタントが、業界が抱える諸問題の突破口となる経営戦略や社内改革などについて、各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第1回は、ドメインコンサルティング 東京本部 部長 兼 建設ソリューション研究会リーダー 石丸隆太氏が、人口減少と建築物の老朽化に直面する建設市場で、CRM戦略を見直し、アカウントマネジメントを実施することで、売上拡大と収益性の改善を図る術を提案する。(2021/6/7)

新建材:
難燃剤を使わない内装用の不燃木材、“ウォールナット”など広葉樹も表現可能に
大林組と内外テクノスは、難燃剤を用いた不燃木材に対するデザインの制約や白華現象を解決する内装用の木質建材を開発した。新たな木質の内装材は、針葉樹に特殊なシート加工を施すことで、大臣認定を受けた不燃材料として利用することができる。(2021/5/31)

カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会(4):
脱炭素に向けた日本の自動車政策はどう進む、「欧州に追従する必要はない」
国土交通省と経済産業省は2021年5月19日、「カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会」の第5回の会合を開き、業界団体などを対象としたヒアリングの結果をまとめた。(2021/5/31)

国交省、太陽光パネルの適地分析システム実証実験へ 3D地図活用
国土交通省が、3D地図を活用して太陽光パネルの設置に適した場所を分析するシステムの実証実験に乗り出す。今夏にも全国の一部自治体のシステムを構築する方向で調整。2022年度以降の全国展開も視野に入れる。(2021/5/31)

故郷と駅弁を守るためにいまできること 鳥取駅弁「アベ鳥取堂」
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは「とっとりの居酒屋(レギュラー版)」とアベ鳥取堂・阿部社長インタビュー最終回、「ニッポンの駅弁の将来」を聞きました。(2021/5/31)

視点:
来たるべきマイクロモビリティ社会の未来〜先行するグローバル事例からの示唆〜
グローバルで普及が進む「マイクロモビリティ」。都市観光のみならず、地域住民の足としても利用価値が高いが、普及するには飛び越えるべき2つの溝がある。(2021/5/31)

駅弁屋さんとは、常に「お国自慢」をし続ける会社 鳥取駅弁「アベ鳥取堂」、駅弁開発の視点
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは、明治43年創業・鳥取駅の駅弁を手掛ける「アベ鳥取堂」の阿部社長に経営戦略と駅弁開発の視点を聞きました。(2021/5/30)

自動車業界の1週間を振り返る:
「人テク展」がオンラインで開幕、バーチャルだからこその発見もあるかも
5月が終わります! 1週間、お疲れさまでした。(2021/5/29)

かにを知り尽くした駅弁屋「アベ鳥取堂」、そのオリジナルへのこだわり
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは、元祖かに寿し「アベ鳥取堂」のかに・米・その他さまざまな食材のこだわりをお届けします。(2021/5/29)

“新宿を更地にする”ARアプリが楽しそう 「タップした建物を削除」「駅前に東京タワー降臨」
新宿を自在にカスタマイズ。(2021/5/28)

名物は生まれるものではなく「作るもの」  鳥取名物「元祖かに寿し」誕生秘話
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは鳥取名物「元祖かに寿し」の誕生秘話をお届けします。(2021/5/28)

モビリティサービス:
国交省が“グリスロ”の手引きを公開、ゆっくり走る小さな移動サービスの普及目指す
国土交通省は2021年5月25日、地方公共団体や事業者向けに「グローンスローモビリティの導入と活用のための手引き」を公開した。(2021/5/28)

2021年のテクノロジーリーダーに求められる資質は? ペルソナ5人に見る「変化の達人」ぶり
アクセンチュアは、テクノロジートレンドに関する調査レポート「Accenture Technology Vision」の2021年版を発表した。2021年を代表する5つのテクノロジートレンドとそのペルソナを紹介する。(2021/5/28)

いまさら聞けない建築関係者のためのFM入門(12):
【最終回】発注者のニーズを知り、要求条件をまとめる(下)−ブリーフィング/プログラミングの重要性−
本連載は、「建築関係者のためのFM入門」と題し、日本ファシリティマネジメント協会 専務理事 成田一郎氏が、ファシリティマネジメント(FM)に関して多角的な視点から、建築関係者に向けてFMの現在地と未来について明らかにしていく。今回は、要求条件を伝える方法として、プログラミング/ブリーフィングの在り方について、モデルルームのコンセプトに詩を用いた事例を交えながら解説する。(2021/6/1)

富士通製ツールへの不正アクセス問題 加藤長官「関係業務への支障ない」
富士通製のプロジェクト情報共有ツール「ProjectWEB」が不正アクセスを受け、国土交通省や外務省などで情報が流出した問題について、加藤勝信官房長官は「現時点で流出した情報が悪用されたり、政府システムへの不正アクセスなどの被害は確認されていない。関係業務への支障も生じていない」と説明した。(2021/5/27)

富士通製ツールへの不正アクセスで複数省庁や企業の情報が流出 国交省職員のメールアドレス7.6万件も確認
富士通が自社製のプロジェクト情報共有ツール「ProjectWEB」が不正アクセスを受けたと発表した。複数の省庁や企業が同ツールを利用していたことから、省庁を中心に情報流出の被害が複数報告される事態になっている。(2021/5/27)

三菱自動車、ekなど4車種30万台リコール ブレーキに不具合
三菱自動車は5月27日、「eK(イーケー)」「eK SPACE(イーケースペース)」など計4車種30万2097台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。(2021/5/27)

震災からの復興を機に駅弁業へ 鳥取駅弁・アベ鳥取堂 阿部社長に聞く
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは鳥取の名駅弁店、アベ鳥取堂編(2)です。(2021/5/27)

DX実現に寄与するAutodesk製品群:
PR:“原則BIM/CIM化”の最新動向など、建築・土木ですぐに役立つ多彩な講演を開催「オートデスクの日」レポート
オートデスクと大塚商会は、2021年5月13日に「オートデスクの日(Otsuka & AUTODESK Collaboration DAY “2021”)」を開催。建築業界及び土木業界でのDX実現に寄与するAutodesk製品群の紹介や現場第一線でのユーザー導入事例など、多数のセミナーをオンラインで公開した。本稿では、会期中に繰り広げられたセッションのうち、オートデスクの提言「建築土木分野での変革」と、最新のBIM/CIMの法令動向を分析した土木向けテクニカルセッション「Autodesk AEC Collectionで原則BIM/CIM化へ備えよう!〜令和3年度のガイドライン、要領・基準類から読み解く対応のポイント」の2本を紹介する。(2021/5/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。