ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ニコニコポイント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「niconicoプレミアム」年払いに対応 クレカのみ、6480円 割引はナシ
「niconicoプレミアム会員」の料金を1年分まとめてクレジットカードで支払える「1年分まとめてお支払い」がスタート。年会費は、9月入会までだと税込6480円(540円×12)で割引はないが、期間限定で特典を付ける。(2019/9/2)

ライブ配信・視聴アプリ「nicocas」登場 配信者を“投げ銭”機能で応援
ドワンゴがライブ配信・視聴用アプリ「nicocas」の提供を開始。ニコニコ生放送の新機能を試す「実験放送」のためのアプリで、バーチャルキャストを使った生放送で配信者に3Dアイテムを贈れる「ギフト」機能などに対応する。(2018/8/2)

VR空間にサケが降る ニコニコ「バーチャルキャスト」に“投げ銭”機能
ドワンゴは、VR空間でライブ配信やコミュニケーションを行えるサービス「バーチャルキャスト」に“投げ銭”機能「Vギフト」を追加する。(2018/7/27)

niconicoで不正ログイン被害 リスト型攻撃か
「niconico」で5月上旬から、リスト型攻撃によるものとみられるログインが複数あったとし、運営が注意を呼び掛けている。(2018/5/11)

niconicoにアカウントハッキング被害 運営が使い回しパスワードの変更検討を呼びかけ
ご確認を。(2018/5/10)

「ニコ生」延長・配信予約が無料に 24日から「新配信」に完全移行
「ニコニコ生放送」の「ユーザー生放送」の延長・配信予約が24日から無料になるほか、「新配信」に完全移行する。(2017/8/15)

ニコニコ生放送、番組延長と配信予約を無料に 8月24日から「新配信」に完全移行へ
ゴールドチケットとシルバーチケットが使えなくなります。(2017/8/14)

48時間「ハリモグラ」を観察するニコ生が8月に放送 名前を付けたりエサの差し入れ、オフ会企画も
ニコニコで活動中のアイドル・やみんさんも出演。(2016/7/31)

ニコ生でついに「スローロリス」くんを24時間生中継 「スーパーガッツポーズタイム」達成で完全勝利風のBGMが流れるゾ
8時10分、19時19分、11時45分14秒には「スローロリス可愛いタァイム」を予定……まずいですよ!(2016/2/29)

niconico「クリエイター奨励プログラム」総支払い額は18億7000万円超 全動画対象の年末「大抽選会」で最大20万円“押し付け”
niconico上のコンテンツ制作者に収益を還元する「クリエイター奨励プログラム」の総支払額が18億7000億円を超えた。さらなる認知拡大を目指し、本来の申請手続き不要の「選抜クリエイター大抽選会」を年末に実施する。(2015/10/25)

「がっこうぐらし!」最終回放送を受けた「総統閣下シリーズ」センスのある怒りに希望を持とう
こちらの閣下は相当のアニオタのようです。(2015/9/27)

「ニコニコカドカワ祭り2015」開催 特典配布・アニメ無料配信・電子書籍キャンペーンほか
ニコニコポイントやBOOK☆WALKERのギフトがもらえる「新文芸&ライトノベル読んでみた!フェア」やアニメ作品のニコニコ生放送、Webストアの合同キャンペーンなどを行う。(2015/9/24)

「水曜どうでしょう」も登場予定! 北海道テレビが公式ニコニコチャンネルスタート
寂れた駅、廃墟、大食いアイドル……ってニッチ過ぎるだろ!(称賛)(2015/7/3)

新作の「銀魂゜」まで見られるぞ! アニメ「銀魂」シリーズ全作、ニコ動で配信決定
4月10日「銀魂゜」を皮切りに順次配信スタートします。(2015/4/10)

ドワンゴとKADOKAWA 経営統合を記念したキャンペーンを10月開催
参加書店でKADOKAWAの書籍を購入すると、「ニコニコポイント100ポイント」や「ニコニコ動画でザクザクカード限定動画が見られる権」などが手に入る“ザクザクカード”を配布するフェアや、ニコニコ動画でのアニメ一挙放送などを実施する。(2014/9/17)

KADOKAWAとドワンゴ統合の瞬間はニコ動で特別映像を強制表示 「ニコニコカドカワ祭り」も始まる
ドワンゴとKADOKAWAが10月1日の経営統合を記念してキャンペーン「ニコニコカドカワ祭り」を展開する。(2014/9/17)

「niconico」で乗っ取られたアカウントのログイン停止 パスワード変更求める
「niconico」で22万の不正ログインがあった問題で、被害の拡大防止のため、不正ログインを受けたユーザーのログインを停止した。(2014/6/18)

ニコニコで不正ログイン約22万件、被害17万円 リスト型アカウントハッキングで
全ユーザーにパスワード変更を強く推奨するとしています。(2014/6/13)

「niconico」にリスト型攻撃 不正ログイン22万件 17万円分のポイント不正使用
動画サービス「niconico」が21万9926件の不正ログインを受け、ユーザーが保有していた17万円相当のポイントが不正利用された。他社から流出したID、パスワードを使ったリスト型攻撃だったとしている。(2014/6/13)

「niconico」に不正ログイン 情報流出やポイント不正利用の可能性も
複数の「niconico」アカウントで不正ログインを確認。他社から流出したIDやパスワードを利用したものとみている。(2014/6/11)

ニコ動ゲーム実況の4人組:
『M.S.S.Planet〜古に伝わりし勇者たち〜』の電子版が発売
「ニコニコ連載小説」の人気作品『M.S.S.Planet〜古に伝わりし勇者たち〜』が、電子書籍として登場。「ニコニコ静画(電子書籍)」での独占販売となる。(2014/4/22)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
なぜ巨額な利益を生み出すのか、米国発「総合格闘技」のビジネスモデルを知る
巨額な利益を生み出す、米国発の世界的総合格闘技「UFC」をご存じだろうか。なぜ「街のケンカ」から「スポーツ格闘技」へイメージチェンジできたのか、どんな手法で巨額な利益を生み出す興行に成長したか、その仕組みを解説しよう。(2014/3/20)

電子書店完全ガイド2013:
「ニコニコ静画(電子書籍)」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年度版の第8回目は「ニコニコ静画(電子書籍)」を紹介する。(2014/2/19)

ニコニコ静画(電子書籍)とBOOK☆WALKERが本棚連携開始
電子書籍配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」と電子書籍配信サービス「ニコニコ静画(電子書籍)」の本棚(購入履歴)共有機能が進化。2つのサービスで購入した作品の相互閲覧が実現した。(2013/8/2)

ドワンゴ、ウェブマネーと共同で「11(いい)夏キャンペーン」開催
ドワンゴがウェブマネーと共同で「総額101万円! アプリ×電子書籍×チャンネル(アニメ)対象 WebMoney×niconico 11(いい)夏キャンペーン」を開催する。(2013/7/16)

niconicoの「クリエイター奨励プログラム」で複数アカウントへの奨励金分配が可能に
niconico内の「クリエイター奨励プログラム」で、共同制作者など複数アカウントに対するクリエイター奨励スコア(奨励金)の分配が可能になった。(2013/5/10)

Androidアプリ「ニコニコ静画(電子書籍)」β配信開始
電子書籍ストア「ニコニコ静画(電子書籍)」で購入したコンテンツを、Androidスマートフォン上で快適に閲覧できるアプリがβ版で登場した。(2013/4/24)

ニコニコ奨励金で収入1000万円超のケースも 現代の絵師が生計を立てるには――佐藤秀峰さんや岸田メルさんが語る
岸田さんは「(ネットで得た)知名度をお金に変えるには工夫が必要」とアドバイス。(2013/2/26)

ニコニコアプリでも18歳未満に超過課金、ドワンゴが謝罪 対象は50人・185万円
決済プログラムは4日に修正した。(2013/2/6)

「ニコニコ漫画(公式)」、有料サービスがスタート
最新話と冒頭数話を除いて「ニコニコ漫画(公式)」での作品閲覧が有料になった。(2013/1/8)

あなたに合った電子書店を見つけよう:
これでもう迷わない、電子書店完全ガイド――ニコニコ静画(電子書籍)
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。今回は「ニコニコ静画(電子書籍)」を紹介する。(2012/12/17)

コメント数で本を探すのも一興:
3万冊を扱う“本屋”になった「ニコニコ静画(電子書籍)」を使ってみた
ドワンゴの電子書籍サービス「ニコニコ静画(電子書籍)」が有料販売を本格開始し、iOSアプリにはストア機能が加わった。サービスを使ってみると、コメントの盛り上がりやタグ、イラストPOPを通じて作品に出会えたりと、ニコニコらしい仕掛けがあることが分かる。(2012/10/26)

ニコニコ静画で電子書籍を有料配信 “水増しなし”の3万冊、コミックは「日本最大級」
「僕は紙を買うのをやめる。ここになければ営業行って取ってきます」と担当者。(2012/10/18)

「ニコニコは本屋になる」――ドワンゴ、「国内最大級」のコミック配信サービスを開始
ドワンゴが小学館や集英社など124の出版社と提携し、コミックを中心に約3万冊の電子書籍を「ニコニコ静画(電子書籍)」で提供する。大手出版社の人気作をそろえ、「青空文庫、Wikipedia、楽譜もない」という「水増しなし」のラインアップだと、担当者は自信を見せる。(2012/10/17)

「コミック配信数、日本最大級」――「ニコニコ静画」に“書店”誕生 出版124社と提携、3万冊以上配信
「ニコニコ静画」(電子書籍)で10月24日から、有料の電子書籍販売がスタートする。124の出版社と提携し、当初から3万冊以上を配信。コミック配信数は日本最大級になるという。(2012/10/17)

ニコニコ動画のポイントが国内3社のキャリア決済で購入可能に
「ニコニコ動画(原宿)」で利用できる「ニコニコポイント」が、国内携帯電話3社のスマートフォン向けキャリア決済で購入可能になった。(2012/2/9)

ニコ動で「新春ステマ祭り」 話題のステマを実践できる!?
ニコニ広告は元祖ステマサービスだった……!? ニコニコ動画で「ステマ祭り」なるキャンペーンが始まった。(2012/1/20)

ニコ動で「ステマ祭り」 ニコニ広告を使って誰でもステマ可能に
ニコニコ動画上でユーザーが“ステマ”を展開できる「ニコニコ新春ステマ祭り」が始まった。(2012/1/20)

「万感の思い」でニコ動5周年 新バージョンは原点回帰の「(ZERO)」
ニコニコ動画の5周年イベントが開催され、クリエイター奨励プログラムなど次期バージョンの一部が紹介された。小林社長、川上会長ら経営陣も集結。なぜか川上会長をキャラにしたジブリ制作のアニメ上映もあった。(2011/12/13)

ニコニコ動画が「原点回帰」 新バージョン「(ZERO)」来年4月から
「ニコニコ動画」の次期バージョン「ニコニコ動画(ZERO)」は来年4月29日公開。「原点回帰のバージョンアップ」を掲げ、動画サイトを中心にサービスを大幅に見直すという。(2011/12/12)

ニワンゴ、「ニコニコ動画(原宿)」で映画配信サービスをスタート
ニワンゴは、動画コミュニティサイト「ニコニコ動画(原宿)」において、11月14日より映画配信サービスを開始した。さらに「ニコニコ生放送」のシステムを使用した「ニコニコ映画上映会」もスタートする。(2011/11/14)

電子書籍も“ニコニコ”で――ニコニコ静画(電子書籍)が正式オープン
ドワンゴと角川グループによる電子書籍サービス「ニコニコ静画(電子書籍)」(ニコ書)が始まった。ニコニコ動画で培われたコメント機能が電子書籍に新たな価値を与えることになるかもしれない。(2011/11/8)

ブラウザゲーム「ぷちっと★ロックシューター」にてチャリティーイベント開催
イメージエポックはニコニコ募金協賛で、東北地方太平洋沖地震チャリティイベントを開催する。(2011/3/15)

1ポイントから募金できる――広がれ、企業ポイントの「募金活用」
東北地方太平洋沖地震の被災地支援のため、寄付したい――この声に応え、マイレージなど自社が運営するポイントで募金を行う企業が増えている。(2011/3/13)

被災地への募金受け付け、ネットで始まる
東北地方太平洋沖地震の被災地を支援するための募金受け付けをヤフーなどが始めた。(2011/3/12)

ニコ動見ながら「ブラウザ三国志」も 「ニコニコアプリ」スタート
ニコニコ動画で、外部のゲームメーカーなどが提供するゲームをプレイできる「ニコニコアプリ」がスタート。動画を見ながら遊べる。(2010/12/9)

ニコ動好調でドワンゴ5期ぶり黒字転換 今期は「急上昇の最初の年」に
有料会員の拡大でニコ動事業が黒字に転換し、ドワンゴの通期決算も5期ぶりに黒字転換した。(2010/11/11)

みんなが作ったゲームで遊べる「ニコゲー」
Webブラウサ上でゲームを作って公開したり、公開されたゲームで遊べる「ニコゲー」がスタート。シューティングやアクション、クイズゲームを作ったり遊んだりできる。(2010/9/14)

ニコニコ動画、HTML5に対応へ 9月末予定
ニコニコ動画がHTML5による動画再生に9月末から対応へ。iPadでも専用アプリなしに動画再生とコメント入力が行える。(2010/8/27)

「ニコニコ遊園地」正式サービスを開始
(2010/4/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。