ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

古田雄介の週末アキバ速報:
横幅が約58.2cm! 200%サイズのキーボード&振動するゲーミングチェアの実機が店頭に
レッドドラゴンの巨大な赤軸キーボード「K605TI」と、クーラーマスターの振動機能内蔵チェア「Synk X」の展示機がパソコン工 房秋葉原本店に並んでいた。(2024/5/25)

デル、スタンダードPC「Inspiron」13製品を法人向けに発売 Windows 11 Proを導入
デル・テクノロジーズは、同社製スタンダードPC「Inspiron」シリーズ13製品をベースとした法人向けモデルを発表した。(2024/5/24)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「PCの導入状況」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/5/24)

Next GIGAで学習用端末のOSシェアが大きく変わる? PCメーカーやプラットフォーマーの動き【後編】
いわゆる「GIGAスクール構想」で導入された学習用端末が、2024年度から順次更新(リプレース)される。そこでプラットフォーマーや端末メーカーはいろいろな動きを見せている。その様子を見てみよう。【更新】(2024/5/23)

エイサー、第14世代Coreプロセッサを搭載したハイスペック14型/16型/18型ゲーミングノート
日本エイサーは、第14世代Core i7/i9プロセッサを標準搭載したゲーミングノートPC計7機種を発表した。(2024/5/23)

“AIにおけるWin32”を提供:
「Copilot+ PC(そしてWindows)はAIアプリケーション開発の強力なプラットフォーム」、ナデラCEOがBuildで説明
Microsoftは、Copilot+ PCで進化するWindowsが生成AI戦略における重要な柱であることを、Microsoft Buildで強調した。Windows Copilot Runtimeでローカル生成AIアプリ開発のためのAPI群を順次リリースする。(2024/5/23)

「最も速く、最もインテリジェントなWindows PC」を提供:
Microsoft、NPUを搭載したAI PC「Copilot+ PC」を発表 新たに搭載されるAI機能とは
Microsoftは、AIのために設計された新たなWindows PC「Copilot+ PC」を発表した。2024年6月18日に同社とOEM各社が第1弾を発売する。(2024/5/23)

破られ方は4つ:
パスワードは「123……」でいいの? 管理者が“少しずつ”変えるべきこと
PCやスマホのパスワードは破られる可能性があります。方法はいろいろありますが、どのように対応すればいいのでしょうか。まとめてみました。(2024/5/23)

仮想デスクトップの6つの利点【前編】
いまさら聞けない、物理PCではなく「仮想デスクトップ」を使う理由と方法
業務用のデスクトップ(コンピュータの操作画面)を提供する方法は幾つかある。そのうちの一つが、仮想デスクトップだ。ノートPCではなく仮想デスクトップを使用する利点とは。(2024/5/23)

「AI、これこういう風にやって」→パソコン「把握」 声と画面操作で教えるRPA機能、Windowsに搭載へ
RPA・ローコードツール「Power Automate」に新機能「AIレコーダー」が登場。AIに話しかけながら画面操作を記録させることで、PC操作の自動化をこれまでより柔軟に実現する機能という。(2024/5/22)

MousePro、NVIDIA RTX 2000 Ada世代を搭載したデスクトップPCを販売開始
マウスコンピューターは、同社製ビジネスデスクトップPC「MousePro LP」「MousePro BP」シリーズのラインアップにNVIDIA RTX 2000 Ada世代搭載モデルを追加した。(2024/5/22)

MINISFORUM、第12世代Core i9を搭載したミニデスクトップPC
リンクスインターナショナルは、MINISFORUMブランド製となるCore i9搭載ミニデスクトップPC「MINISFORUM UN1290W」の取り扱いを開始する。(2024/5/22)

Microsoft、Windowsローカルで実行可能なSLM「Phi Silica」を全「Copilot+ PC」に搭載へ
Microsoftはローカルで実行可能なSLM(小規模言語モデル)「Phi Silica」(ファイシリカ)を発表した。6月から発売予定の一連の「Copilot+ PC」で利用可能になる。(2024/5/22)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】せっかくグループ化して整理したタブだから保存/同期したい(PC編)
Google Chromeでは「グループ」で複数のタブをまとめて整理できます。しかし、Chromeあるいはタブ/ウィンドウを閉じたときにグループが失われることがあります。よく使うグループは「保存」「同期」して、PCでもスマホでも簡単に繰り返し利用できるようにする方法を紹介します。(2024/5/22)

AcerがSnapdragon Xを搭載した14.5型ノート「Swift 14 AI」を発表
Acerは、プロセッサとしてSnapdragon Xを採用する14.5型ノートPC「Swift 14 AI」の発表を行った。(2024/5/21)

Dellが「Copilot+ PC」準拠の「XPS 13」「Inspiron 14 Plus」「Latitude 7455」などを発表
DellがSoCにQualcommのSnapdragon Xシリーズを搭載した「Copilot+ PC」準拠の新モデルを複数発表した。またCopilotキー付きのキーボードも投入する。(2024/5/21)

エプソンダイレクト、第13世代Coreプロセッサを備えたOSレス仕様の超小型デスクトップPC
しエプソンダイレクトは、容量2.8Lの小型筐体を採用したデスクトップPC「Endeavor DG150」を発表た。(2024/5/21)

テキスト+落書きでリアルタイム画像生成 動画キャプション自動生成も……「Copilot+PCs」のAI機能
AIファーストの新Windows PCカテゴリ「Copilot+PCs」には、リアルタイムでAI画像生成する機能などが搭載されている。(2024/5/21)

Copilot+ PC:
ASUSが「Copilot+ PC」準拠の「Vivobook S 15」を発表 Snapdragon X Elite搭載
台湾のASUSTeK Computer(ASUS)が、SoCにSnapdragon X Eliteを搭載した「Vivobook S 15」の新モデルを発表。Microsoft初認定となる「Copilot+ PC」となる(2024/5/21)

Armベースに完全移行した新型「Surface Pro/Laptop」が登場 45TOPS実現の「Snapdragon X」でAI PC体験を強化 約8万円の上位純正キーボードも
Surfaceシリーズが「Copilot+ PC」として久々の大変革を体現する製品に刷新された。(2024/5/21)

Microsoftが「新しいAI PC」の要件を発表 40TOPS以上のNPU搭載が“必須”に
Microsoftが「新しいAI PC」の要件を発表した。処理性能が40TOPS(毎秒40兆回)以上のNPUを内蔵するCPU/SoCの搭載が必須となる他、メモリやストレージの容量や規格にも要件が定められる。(2024/5/21)

サイトやメール「どこで見たっけ」すぐ分かる AIで履歴検索「回顧」 「Copilot+PCs」に搭載
「Copilot+PCs」には、閲覧中の画面を数秒ごとに保存しておき、後から横断検索できる「回顧」(Recall)機能が、プレビュー版として搭載される。(2024/5/21)

レノボがSnapdragon X Elite搭載ノートPC「Yoga Slim 7x」を6月18日に発売 「ThinkPad T14s Gen 6」も後日発売予定
Lenovoが、Snapdragon X Eliteを搭載するノートPCを発表した。コンシューマー向けの「Yoga Slim 7x」については日本での発売も決定し、直販サイトで予約を受け付けている。ビジネス向けの「ThinkPad T14s Gen 6」も国内投入が予定されているものの、発売時期や価格は未定だ。(2024/5/21)

HPがSnapdragon X Elite搭載AI PC「OmniBook X」「EliteBook Ultra G1q」を6月に米国発売 PCブランドの再編も実施
HPが、Qualcomm製SoC「Snapdragon X Elite」搭載ノートPCを発売する。これに合わせて、同社のPCブランドの再編も実施される。【追記】(2024/5/21)

産業用ロボット:
ニコンがバラ積みピッキングなどに対応する、産業用ロボットビジョンシステム
ニコンは、産業用ロボットビジョンシステムを発表した。カメラと制御PCで構成しており、ロボットアームにバラ積みピッキングやビジョントラッキングの機能を付与できる。(2024/5/21)

PR:3年保証付きで税込み7万円未満! 格安なのに快適に使える15.6型ノートPC「mouse B5-A5A01IS-C」を試す
税込み価格で6万9800円と非常に手頃な価格でありながら、3年間の無償保証付きと大変お得なノートPCがマウスコンピューターの「mouse B5-A5A01IS-C」だ。実際の使い勝手やパフォーマンスはどうなのか、実機を使ってみた。(2024/5/17)

VAIO、“カーボンオフセット”仕様PCの取り扱いを開始 三井住友ファイナンス&リースへ提供
VAIOは、カーボンオフセットを導入したPCの取り扱い開始をアナウンスした。(2024/5/20)

サードウェーブ、14世代Core i9を採用したクリエイター向け17.3型ノート
サードウェーブは、クリエイター向けとなるハイスペック17.3型ノートPC「GALLERIA ZL9C-R47-C7」を発表した。(2024/5/20)

Windowsフロントライン:
Microsoftのイベントと「AI PC」で一気に上昇する要求スペック 大きく変化するAI PC時代のPC選び
Microsoftのスペシャルイベントが開催目前に迫っている。次世代のSnapdragon搭載PCを始めとして、“AI PC”の新たな姿が提示されるだろう。(2024/5/20)

組み込み開発ニュース:
厚さ1.4mmで「世界最薄」のリニア振動アクチュエーター
ニデックプレシジョンは、リニア振動アクチュエーター「TapSense」を開発した。厚さは1.4mmで、タブレット端末やノートPCなどのデジタル端末のさらなる薄型化を可能にする。(2024/5/20)

映画館で使われていたスクリーンがバッグやPCケースに変身 東京テアトルから発売
「SCRE:EN」コレクションが5月24日に発売されます。(2024/5/20)

スマホをPC式に使う【後編】
iPhoneやAndroidを「Windows PC」として使える方法とは?
スマートフォンなどのモバイル端末を、「Windows」搭載のPCとして使えるようにする方法がある。「iOS」や「Android」を搭載するモバイル端末を使った方法を紹介する。(2024/5/19)

古田雄介の週末アキバ速報:
最大60Wの電源供給や8K出力対応のUSB4増設カードがプチヒット!
ASUS JAPANから登場したUSB4拡張カード「USB4 PCIE GEN4 CARD」が登場し、インタフェースカードとしては異例の売れ行きを見せているという。(2024/5/18)

NHK「スマホやパソコンを持っているだけでは負担の対象にならない」 改正放送法成立受けコメント、詳細は検討中
NHKは17日、インターネットを使った番組などの提供をNHKの必須業務にすることを柱とした改正放送法が国会で成立したことを受け、コメントを発表した。(2024/5/17)

One-Netbook製8.4型携帯ゲーミングPC「ONEXPLAYER 2 Pro」に新モデル CPUをRyzen 7 8840Uにアップグレード
テックワンは、中国One-Netbook Technology製8.4型携帯ゲーミングPC「ONEXPLAYER 2 Pro」の新モデルを発売する。(2024/5/17)

エルザ、“初音ミク”コラボデザイン筐体を採用したミドルタワーPC
エルザ ジャパンは、人気キャラクター「初音ミク」のイラスト入りデザイン筐体を採用するミドルタワー型デスクトップPC「ELSA GALUDA-D HATSUNE MIKU Edition」の販売を開始する。(2024/5/17)

ASRock、ミニPCベアボーン「DeskMini B760/X600」にホワイトモデルを追加
アスクは、ASRock製小型PCベアボーンキット「DeskMini B760」「DeskMini X600」の取り扱いラインアップにホワイトモデルを追加した。(2024/5/17)

PR:14コアCPU×大容量メモリが生産性の向上に直結! 「MSI Modern 15 H C13Mシリーズ」は仕事も学習もはかどるパフォーマンス志向のビジネスノートPCだ
ビデオ会議が定着する中で、仕事や学習用途を問わずPCのパフォーマンスは高い方がいい。MSIの「MSI Modern 15 H C13Mシリーズ」は、広い画面と高性能なシステムを持ち運びやすいボディーにまとめた注目の1台だ。(2024/5/17)

2台のPCを“直結”して高速データ転送と画面共有を実現――Intelが「Thunderbolt Share」を発表 対応製品は2024年後半に登場予定
Intelが、2台のThunderbolt 4/5対応PCを直結して「高速データ転送」と「キーボード/マウス/画面共有」を行えるアプリを提供する。利用には、アプリのライセンスを持つPC、または周辺機器を用意する必要がある。(2024/5/16)

Razer、Core i9+RTX 4090の搭載に対応したハイエンド18型ゲーミングノート「Razer Blade 18」
Razerは、第14世代Core i9プロセッサを採用したハイエンド18型ゲーミングノートPC「Razer Blade 18」シリーズを発表した。(2024/5/15)

マウスカーソルをぐるぐる動かして…… “子どもがPCでやりがちな遊び”に共感多数「もうおっさんだけどまだやってる」
Slackの返事待ちとか、手持ち無沙汰のときついやっちゃうやつ。(2024/5/15)

シンクライアント管理の基本【後編】
仕事用PCを「シンクライアント」に変換する“うれしい方法”とは
さまざまなベンダーがシンクライアントやシンクライアント用のOSを提供している。その機能や管理方法、シンクライアント化をする利点などを紹介する。(2024/5/15)

キヤノンMJ、PCレスでのスキャンやデータ送信も可能なネットワークスキャナー「ScanFront 400II」
キヤノンマーケティングジャパンは、ネットワーク保存機能などを備えたドキュメントスキャナー「ScanFront 400II」を発表した。(2024/5/14)

FAニュース:
Intel Celeron J6412プロセッサ搭載の超小型産業用PC、ファンレスで保守も容易
コンテックは、Intel Celeron J6412プロセッサ搭載の超小型産業用コンピュータ「LPC-400」の受注を開始した。場所を選ばず設置でき、BTO方式のため、用途や予算に合わせて最適なスペックの製品を選べる。(2024/5/14)

個人向け15.6型「dynabook」スタンダードノートに新モデル 第13世代Coreプロセッサ搭載の7機種を順次発売
Dynabookが、個人向け15.6型スタンダード/オールインワンノートPCの新モデルを5月17日から順次発売する。いずれも第13世代Coreプロセッサ(Raptor Lake)を搭載し、計7機種から選べる。(2024/5/14)

薄型に適した磁気回路を新設計:
厚み1.4mmのリニア振動アクチュエーターを開発
ニデックプレシジョンは、厚みが1.4mmと極めて薄いリニア振動アクチュエーター「TapSense(タップセンス)」を開発した。タブレット端末やノートPC、車載パネル、ウェアラブル医療機器などの用途に向ける。(2024/5/14)

芸能ニュースからサポート詐欺ひっかかり──患者情報2003人分漏えいの疑い 近大病院医師、私物PCに無断保存
近畿大学病院(大阪府大阪狭山市)は5月13日、産婦人科を受診した患者2003人分の氏名や診察情報などの個人情報が漏えいした可能性があると発表した。非常勤医師だった40代男性が無断で私物PCに保存し、ウイルス感染を装う「サポート詐欺」の被害に遭ったという。(2024/5/13)

ASUSが「新しいAI PC」を5月21日午前3時(日本時間)に発表 Snapdragon X搭載?
ASUSTeK Computerが、5月21日午前3時(日本時間)に「新しいAI PC」を発表する。発表会の登壇者など、分かっている情報を総合すると「Snapdragon Xシリーズを搭載するVivobook S 15」が登場する可能性がある。(2024/5/13)

古田雄介の「アキバPickUp!」:
Intel ArcにARCTIC水冷キットにマウスに! 白と黒が選べる新製品が多数登場
あらゆるジャンルのPCパーツでホワイトモデルが注目を集める中、ブラックモデルの人気も揺るがない。大型連休明けのアキバには、白と黒の2色が選べる新製品が複数登場している。(2024/5/13)

Innovative Tech:
職場の「一部ネット接続できない規制PC」から機密データを盗むサイバー攻撃 米研究者らが発表
米ボイシ州立大学などに所属する研究者らは、インターネット接続を遮断された規制の厳しいPCであっても、CPUの処理速度を意図的に操作することで、一部のアプリケーションでひそかにデータをやりとりできる攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/5/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。