ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「ポータル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポータル」に関する情報が集まったページです。

Salesforceの障害で混乱 クラウドサービス利用の課題浮き彫りに
複数のサービスに障害が発生した関係で、国内にも広範囲に影響が及んだ。また、情報発信の窓口となる情報ポータルが一時ダウンするなど、課題も見られた。(2021/5/13)

日本IBMが「ちばぎんビジネスポータル」の開発を支援、TSUBASA FinTech共通基盤を活用
日本IBMは、千葉銀行が提供する法人向けデジタルサービス「ちばぎんビジネスポータル」の開発を支援した。T&Iイノベーションセンターが開発・運用するデジタルサービスプラットフォーム「TSUBASA FinTech共通基盤」を活用した。(2021/4/5)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(137):
Windows、Azureの管理はどう変わる?――Windows Admin Center バージョン2103の一般提供とAzureポータル統合のWindows Admin Centerのパブリックプレビューが開始
Microsoftは「Windows Admin Center(WAC)」の最新バージョン「2103」の一般提供を開始しました。また、Azureポータルに統合された「Windows Admin Center(プレビュー)」のパブリックプレビューも開始しました。(2021/3/9)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(130):
Azureポータルの“IEサポート”が2021年3月末で終了、その後はどうする?
最新のWebエクスペリエンスを得るには、「モダンブラウザ」と呼ばれる最新のWebブラウザを利用する必要があります。かつて、Windowsの標準ブラウザであった「Internet Explorer(IE)」はモダンブラウザではなく、IE非対応のWebサイトやサービスが多くなりました。Azureポータルもまた、2021年3月末でIEのサポートを終了します。(2020/12/17)

DX認定制度がWebで申請可能に、IPAが新システムを開設
「DX推進ポータル」は、ユーザーからの申請を通年で受け付ける。IPAは同システムを使った申請に必要な手続きのガイダンスもオンラインで公開する。(2020/11/12)

セキュリティ責任者に送るヒント集(1):
CISOがWebアプリケーションのセキュリティを確保するための4つのヒント
昨今のデジタルでつながった世界では、「Webアプリケーションが世界を動かす」と言っても過言ではありません。新しいECサービスの立ち上げから遠隔医療ポータルの展開に至るまで、Webアプリケーションはあらゆるビジネス部門や環境に不可欠なものとなっています。本稿では、CISOがWebアプリケーションのセキュリティを確保するための4つのヒントを紹介します。(2020/10/5)

エプソン、学習用コンテンツなど各種プリント素材を提供するポータルサイト「おうちプリント」を開設
エプソンは、プリントコンテンツのポータルサイト「おうちプリント」の開設を発表した。(2020/9/28)

現場管理:
事故報告書の自動生成とデータベース化を実現する「安全ポータル」
建設現場で事故が発生した際には、被災者の所属や症状、事故の経緯などを電話やメールで関係者に報告しないといけないため、手間がかかる。また、事故の情報を書類で保管すると、閲覧したい資料を探すのに多くの時間を要すという課題がある。そこで、戸田建設は、事故報告書を効率的に作成できるとともに、確かめたい事故情報を容易に見つられるデータベースの構築が可能なシステム「安全ポータル」を開発した。(2020/9/3)

ダイムラーがIBM Cloud導入 Kubernetesで顧客向けポータル強化
ダイムラーが顧客向けポータルサイトにIBM Cloudを導入。セキュリティ対策を行いつつ新サービスを展開しやすくする。(2020/7/10)

シスコ「Webex」の機能を強化 セキュアなファイル共有や遠隔医療を可能に
シスコは、ビデオ会議プラットフォーム「Cisco Webex」の機能を強化した。同社は、セキュリティ機能の拡張に加えて、管理ポータルの刷新、ファイル共有プラットフォームや電子カルテシステムを統合したとしている。(2020/6/18)

ばらばらなOSSツールのUIを統一:
Spotifyが開発者ポータル「Backstage」をオープンソース化
Spotifyは2020年3月16日(米国時間)、社内向けに開発し、活用してきた開発者向けポータル構築プラットフォーム、「Backstage」をオープンソース化したと発表した。(2020/3/17)

PR:動画で社内共有や理解を促進!――Adobe Premiere Rushとmillviポータルを利用した動画活用法
動画が生活に浸透してきた。プライベートだけでなくビジネスでも活用する機運が高まっている中で、いざ会社で利用するとなると、さまざまな障壁が立ちふさがる。ここでは、そういった課題を解決するのに最適なソリューションを取り上げる。(2019/11/28)

米Niantic、新ツール「Niantic Wayfarer」のテストを「Ingress」で開始 年内に「ポケモンGO」にも
米Nianticは、「Ingress」のポータルや「Pokemon GO」(ポケモンGO)のポケストップとして申請された場所をレビューするツール「Niantic Wayfarer」を発表した。年内にはポケモンGOにも展開するとしている。(2019/10/11)

AIを顧客体験に生かすAGCOの挑戦
農機大手がAWS「Redshift」「SageMaker」で顧客体験向上 導入時の苦労は?
農業機器大手のAGCOは「Amazon Redshift」「Amazon SageMaker」などのAWSサービスを利用して、AIベースの新しいマーケティングツールと顧客向けポータルの開発を進めている。競合がひしめく市場で勝ち残るためだ。(2019/9/4)

NHKの一部番組、民放ポータル「TVer」で見逃し配信 「受信契約の対象ではない」
「チコちゃんに叱られる!」「きょうの健康」などが見逃し配信されます。(2019/8/24)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(83):
ブラウザオンリー、パブリックIPなしで安全に仮想マシンに接続できる「Azure Bastion」プレビュー開始
Azure仮想マシンのパブリックIPアドレスを使用せずに、Azureポータルから仮想マシンに直接RDPまたはSSH接続を可能にする新しいフルマネージドサービス「Azure Bastion」のプレビュー提供が開始されました。(2019/6/28)

医療機器ニュース:
次世代ラボの開発に向け、社会実装を目的としたコンソーシアムを設立
iPSポータルほか7社は、次世代ラボの開発に向け「COTO LABO コンソーシアム」を設立した。透明性、再現性、効率性を持つ次世代ラボを社会実装することで、ライフサイエンスにおけるデータの信頼性が高まり、ヘルスケア産業全体の発展につながる。(2019/6/20)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(81):
Web、Mobileに続く第3のポータル、「Azure Portal App」のプレビュー開始
Microsoft AzureポータルにWebブラウザなしでアクセスすることができる、Windows向けの「Azure Portal App」がプレビューとして利用可能になりました。(2019/6/7)

【特集】ネットと銭湯サウナ:
ネットでつながるサウナ愛 国内初&最大のサウナポータル「サウナイキタイ」はなぜ生まれ、どうサウナ人気を支えていくのか
「サウナ」とググると一番上に表示される、国内最大のサウナポータルサイト「サウナイキタイ」。開設1年でここまで愛用されるようになったのはなぜか、運営側の立ち上げに対する思いはどのようなものか。創案者2人への1万字インタビュー。(2019/1/13)

KDDI傘下のSyn.HD、「Supership HD」に社名変更
Syn.ホールディングスが、Supershipホールディングスに社名を変更した。子会社のSupershipは、スマホ向けポータルを作るために提供していた機能「Syn.menu」などの提供を終了していた。(2018/10/1)

YouTube、ゲームコンテンツでTwitch対抗強化、「YouTube Gaming」アプリは終了へ
YouTubeがゲームコンテンツの新しいポータル「YouTube Gaming」をまずは米国で開設した。iOSおよびAndroid版YouTube Gamingアプリは2019年3月に提供を終了し、YouTubeアプリに1本化する。(2018/9/19)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(60):
Azureポータルの最近の変更……仮想マシンのサイズの選択
Azureポータルには日々改良が加えられています。Azure仮想マシンの作成に関連する最近の変更と、仮想マシンのサイズ選択時のポイントについて紹介します。(2018/9/12)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(59):
AzureポータルとOMSの統合が完了、OMSポータルは2019年1月15日に廃止予定
Operations Management Suite(OMS)サービスのAzureポータルへの移行完了を受け、OMSポータルの提供が2019年1月15日に終了することが発表されました。現在、OMSポータルを利用している場合は、Azureポータルに切り替えるとともに、提供終了までに変更内容を確認しておきましょう。(2018/9/3)

KDDI傘下Supership、スマホポータル構想「Syn.」のサービスを終了
KDDIグループのSupershipが、スマホ向けポータル構想「Syn.」で、複数のサービスにまたがって提供していた5つの機能を、7月9日に終了した。(2018/7/9)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(54):
Azure Cloud Shellの使いこなしと今後の予定
「Azure Cloud Shell」はAzureポータルから素早く開始でき、インストールや更新することなく、最新のAzure CLI 2.0/Azure PowerShell環境を利用できる、Azureの管理者(サブスクリプション管理者、アカウント管理者、サービス管理者など)にとって非常に便利なコンソール環境です。今回は、その最新情報と使いこなしのヒントを紹介します。(2018/7/4)

利用部門とシステム運用部門、それぞれの視点で語る:
富士通はコンテンツ数25万の巨大社内ポータルサイトをいかに再構築したか
グローバルに運営拠点をまたぐ巨大Webサイトを再構築するのは並大抵のことではない。富士通はそれをいかに成し遂げたのか。サイトオーナーとシステム構築・運用者が、それぞれの立場から語った。(2018/5/30)

AIとピアノで合奏できる「Duet with YOO」 ヤマハが銀座で体験イベント開始
ヤマハと博報堂アイ・スタジオが、AI(人工知能)とピアノで合奏できる「Duet with YOO」(デュエット ウィズ ユー)の無料体験イベントを始めた。ヤマハ銀座ビルの1階ポータルで5月22日まで開催中。(2018/4/27)

マストドンつまみ食い日記:
Googleカスタム検索を使ったマストドン全文検索、そしてマストドン検索ポータル復活
マストドン検索ポータルでバージョン2.0以上のインスタンスを検索できるようになっている。(2018/2/22)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(47):
Azure仮想マシンのパッチ管理を大幅に省力化する「Update Management」
クラウドサービスプロバイダーが提供するハイパーバイザー上に仮想マシンを展開し、実行できるIaaSでは、仮想マシンのゲストOSから上層を利用者が管理します。ゲストOSのパッチ管理は、仮想マシンインスタンスの安定稼働とセキュリティ維持に特に重要です。Azure仮想マシンの「Update Management」機能を利用すると、Azureポータルから不足しているOSのパッチを確認し、パッチをスケジュールに基づいて自動展開できます。(2018/2/15)

拡大するOffice 365の全体像(前編)
Office 2016だけではまねできない、Office 365の多彩なデータ処理機能
Office 365はアプリスイートの枠を超え、データ処理ポータルという新たな価値を創造してきた。Office 365のツールを組み合わせることで、どのようなアプリが生まれるだろうか。(2017/10/24)

UQ mobileが「arrows M04 PREMIUM」と「AQUOS sense」を発売 スマホ向け新ポータルも
UQ mobileが、2017年冬商戦向けの新スマートフォンを発売する。合わせて、スマートフォン向けの新しいポータルサイト「UQライフ」の提供も開始する。(2017/10/23)

Azure ハイッ! ここ大事!:
Azureでサービスの動作状態を監視する
Azureのサービスが正常に動作しているかどうか、いちいちポータル画面を開いてチェックするのは大変ですよね? Azureの監視機能を使えば、エラーの発生などを自動通知させることができます。(2017/10/5)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(41):
クラシックポータルにおけるAzure ADの管理サポート終了通知
2017年9月中旬から、Microsoft Azureのクラシックポータルの「Active Directory」管理ページに、Azure Active Directory(Azure AD)の管理機能の終了予定に関する通知が表示されるようになりました。クラシックポータルにおけるAzure ADの管理サポートは、2017年11月30日で終了する予定です。(2017/9/21)

日立ハイテクノロジーズ ExTOPE:
異機種データもクラウドで管理、「データ活用」を提供するポータル
日立ハイテクノロジーズが、同社製品向けIoTポータルサービス「ExTOPE(エクストープ)」を開発した。さまざまな装置が出力するサービスをクラウドに収集、管理することで利用者に対し、データ活用という新たな価値を提供する。(2017/9/12)

FAニュース:
製造装置の出力データをクラウド管理できるIoTサービスポータル
日立ハイテクノロジーズは、同社が販売する装置向けのIoTサービスポータル「ExTOPE」を開発した。装置が出力するデータをクラウド上で収集、蓄積、管理し、ユーザーがデータの共有や分析などに活用できる。(2017/9/6)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(39):
クラシックポータルにおける仮想マシンのサービス終了通知
2017年8月16日、Microsoft Azureのクラシックポータルに、仮想マシン(クラシック)サービスに関する重要な通知が表示されるようになりました。クラシックポータルでの仮想マシン(クラシック)の利用は「2017年11月15日」に終了し、以後は新しいポータルでのみ利用できるようになるそうです。(2017/8/23)

IT部門の「戦略的役割」を実現する体制を支援:
Microsoft、Azureポータルの機能を拡充 「EMS」サービス群の統合管理機能と操作性を強化
Microsoft Azureの管理ポータル「Azureポータル」に新機能が追加。ユーザー認証、デバイス、アプリ、データの4レイヤーを統合管理する「Enterprise Mobility + Security」を効果的に活用していくための連携機能が強化された。(2017/7/5)

Tech TIPS:
Azure SQL DatabaseのインデックスやキャッシュをT-SQLで制御する
AzureポータルではAzure SQL Databaseのインデックスやプロシージャキャッシュの細かい制御ができない。そんな場合はSQL Server Management Studio(SSMS)で制御用T-SQLを直接実行すればよい。知っておくと便利なT-SQLを幾つか紹介する。(2017/6/26)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(34):
Microsoft Intuneの新しい管理コンソールがAzureポータルに正式に統合
Azure Active Directory(Azure AD)の管理機能に続き、Microsoft Intuneの管理機能がAzureポータルのブレードとして正式に統合されました。同時に、Azure ADとIntuneの管理ブレードへの「条件付きアクセス」によるアクセス制御が可能になりました。(2017/6/15)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(31):
Azure ADの管理機能を統合したポータル「Azure AD管理センター」
Azure ADの管理に特化した、新しいポータル「Azure Active Directory admin center(Azure AD管理センター)」が公開されました。(2017/5/18)

「Ingressが好きすぎる沖縄そば屋」がついにポータル認定 2年半越しの申請実る 店主「最初はGPSが狂ったと思った」
「ポケモンGO」が人気の一方、エージェントたちの日常は今も続いている。(2017/5/17)

Microsoft、セキュリティ情報の新ポータルに意見募る ユーザーには不評?
新しいポータルサイト「セキュリティ更新プログラムガイド」について、Microsoftのフォーラムには「元のセキュリティ情報に戻して」などの声が寄せられている。(2017/4/24)

LINEアプリにニュースタブ 「スマホニュースNo.1目指す」
LINEアプリに「ニュースタブ」が新設。LINEのポータル化戦略の一環で、「スマートフォンニュースサイトNo.1を目指す」としている。(2017/2/24)

静岡県に密着した情報ポータル「@Sモバイル」「@Sひかり」登場 通信回線と一体で提供
静岡新聞社と静岡放送(SBS)が、地域情報ポータルサービスの提供を開始した。携帯電話回線または光回線と一体化して提供することが大きな特徴で、携帯電話回線・光回線のセット割も提供する。(2017/2/1)

シニア市場を開拓するための第一歩
シニア向け自社ポータルを、今、低コストかつスピーディに構築すべき理由
シニア向けサービスが成功するか分からぬまま、シニア用のUI設計に大規模投資するのは難しい。そこに手軽かつスピーディに開発できるサービスがあればどうなるだろうか?(2017/1/27)

アクティブシニアコンシューマーを囲い込む
なぜ自社ポータル構築サービスを採用すると市場開拓につながるのか
高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。(2017/1/17)

Microsoft、セキュリティ情報公開の方式を変更 2月からはサマリー掲載廃止
2月からは従来の月例セキュリティ情報ページへのサマリー掲載を中止し、新ポータルのみを通じて更新情報を提供する。(2017/1/17)

三菱重工航空エンジン、サプライヤー向けポータルをPaaSで構築
Oracleのクラウドプラットフォーム「Oracle Java Cloud Service」を活用して、納期情報や製品不具合時の情報をやりとりするサプライヤーポータルを構築。業務プロセスの効率化・可視化を目指す。(2016/10/27)

「不動産売却、ネットだけで完結は困難」 不動産大手6社が専門ポータルサイト
不動産流通大手6社が不動産売却専門のポータルサイトを開設した。(2016/10/7)

学生支援の細かさには「顧客志向」が必要
デジタルハリウッド大学が「学校向けポータル」ではなく「Salesforce」を選んだ理由
学生情報を“カルテ”のように一元管理できる学生ポータルを構築したデジタルハリウッド大学。その基盤として教育機関向けパッケージではなく、企業向けクラウドサービスを選んだという。それはなぜなのか。(2016/9/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。