ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「改革」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「改革」に関する情報が集まったページです。

ハイブリッド時代、従業員間のコラボレーションを維持・向上するテクノロジー(2):
“Web会議ツール×AI”は新しい働き方をどのように実現するか?
「Productivity Anywhere」を実現するためには組織のカルチャーやルール、ポリシーの変革に加え、デジタルツールの導入も必要です。後編は、Web会議の生産性を向上させる大きな可能性を秘めたAIを活用したテクノロジーを紹介します。(2022/6/29)

インテリジェント化も追い風に:
PR:「8ビットMCUの成長は止まらない」圧倒的な技術革新で、拡大する需要を取り込むMicrochip
IoT(モノのインターネット)デバイスをはじめとするさまざまなアプリケーションのインテリジェント化などを追い風に成長を続ける8ビットMCU市場。この市場において圧倒的なシェアを誇るMicrochip Technologyは 今四半期に8ビットMCU「PIC」および「AVR」 の新製品を一挙5ファミリー発表するなど、攻勢を強めている。今回、同社の8ビットMCU Business Unit Associate Director、Steve Kennelly氏が新製品ファミリーの技術的優位性や市場の展望について語った。(2022/6/29)

「クラウドシフトにより確かに競争力を得られる」:
データ基盤のクラウド移行後半年で社内利用が16倍に――NTTドコモが挑んだモダナイゼーションと意識改革
NTTドコモが持つ大量のデータをいかにしてオンプレミス環境からクラウド移行したのか。「AWS Summit Online 2022」で行われた講演「NTTドコモが挑んだデータ基盤のモダナイゼーション 〜システムが足枷にならない意識改革と基盤〜」の様子をお届けする。(2022/6/30)

日本ものづくりワールド 2022:
将来の量子コンピュータ活用も視野に、生産計画の最適化でモノづくりに革新を
Fixstars Amplifyは「日本ものづくりワールド 2022」で、量子コンピュータなどによって組み合わせ最適化問題を解くためのアプリケーション開発サービス「AMPLIFY SDK」を活用した、製造業向けの提案内容などを紹介した。(2022/6/29)

「パーパス」起点の変革ビジョンを作る【前編】:
変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱えるリーダーは少なくないはずだ、「なぜ今わが社に変革が必要か」を現場の社員の一人一人に腹落ちさせるために必要なことは何か。(2022/6/29)

BIM:
BIMとiPadを使用した設備施工管理記録の新たな作成・管理手法、竹中工務店
竹中工務店は、YSLソリューションとともに、BIMとiPadを用いて設備工事の各種検査と試験の記録作成を行いデジタルで一元管理をする設備施工管理手法を開発した。これにより、竹中工務店と設備協力会社は、書類作成の省力化やBIMとデジタルデータに基づく確実な施工エビデンスの記録・管理を実現し、生産性向上を図るとともに、建設現場における働き方改革の推進と建設業の魅力向上を目指す。(2022/6/29)

長時間労働の是正:
「手に負えませんよ」 アイデアがない残業だらけの会社で起きた「時短」の裏側
「働き方改革」がメディアに登場することが多くなるにつれ、長時間労働の是正に本腰を入れ始める会社が増えていきました。それと同時に、人材を確保するためには、働く環境の改善に取り組まざるを得なくなったことも大きな要因でした。時短に向けた取り組みは各社さまざまです。その一方で、「時短はしたいが特にアイディアがない」なんていう会社があるのも事実です。そんな会社ではこんなことが起こっています。(2022/6/29)

「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第5回】
“無駄な会議”を見える化する「生産性モニタリングツール」とは?
生産性モニタリングツールは、従業員個人だけでなく組織の働き方に関するデータも収集する。「無駄な会議がある」「火〜木曜日は生産性が高い」といった洞察が得られれば、大胆な組織改革に役立つ可能性がある。(2022/6/29)

輝ける情シスになるためには何が必要か〜求められる人材に変化しよう〜(2):
PR:“武闘派CIO”友岡氏が提案する情シス主導のSaaS活用、そのキーワードは「ワクワク」?
ビジネスの在り方が大きく変わる中、企業には“変革”が、情報システム部門担当者にも“変化”が求められている。これからの情報システム部門者は企業変革のために何をすべきか。“武闘派CIO”友岡氏が実体験に基づいて語るSaaS導入事例から「何をどう変えるべきか」考えてみよう。(2022/6/28)

スウェーデンから学ぶ「スマートシティー」構築術【後編】
北欧都市がスマートシティーでかなえた「高速無線LAN」以上に重要な変革とは
「スマートシティー」化に取り組んでいるスウェーデンのボロース市。新しいネットワークの構築において同市が追求したのは、通信の高速さだけではない。もう一つの重要な要素とは何か。(2022/6/28)

実店舗、劣勢か:
今こそ、小売店舗改革 メーカーと消費者に選ばれ続ける「売り場」を実現する3つの視点
メーカーと小売企業の関係性が少しずつ変わり始めている。メーカーは店頭販売への依存度を減らし、通販サイトやD2Cなどのオンライン販売強化に急ぐ。店舗の「売れる棚の取り合い」よりも「インターネット上でどう勝ち抜くか」の比重が高まっているのだ。「売り場」の力をメーカーに訴求するために小売企業はどのような取り組みをすべきか?(2022/6/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「出社=昭和」「在宅=革新的」って本当? NTTとホンダの経営哲学
コロナ禍が落ち着き、企業は今後の働き方を選ぶ局面に立っている。NTTグループは「原則在宅勤務」、ホンダは「原則出社」と、真逆の方針を発表した。「出社=昭和」「在宅=革新的」とする言説もあるが、両社の選択にはこうした極論では語れない背景がある。どういうことかというと……。(2022/6/24)

その一歩を踏み出す:
副業先選びのポイントは2つ メリット・デメリットを解説
働き方改革などの影響で、副業を前向きに考えている人もいるのでは。副業をすることのメリットは? デメリットは? さまざまな視点で解説する。(2022/6/24)

製造マネジメントニュース:
業務プロセス改革と共創で得た成功のカタチを展開、OKIがDXで進める外部化モデル
OKIは2022年6月21日、社内および共創を通じた内部実証の成果を積極的に外部提供しビジネス構築を進めていくDX新戦略を発表した。DXで推進する領域を「組織の変革」「業務プロセスの変革」「新ソリューション創出」「既存ソリューションの強化」の4象限に分け、自社内のDXに関する技術やプロセスを強化するとともに、これらのノウハウを外部に提供する。(2022/6/23)

「不適切な販売どうして放置?」「5Gで特徴的なサービスがない」 KDDI株主総会で指摘、高橋社長の答えは?
KDDIは5月22日、第38期定時株主総会を開催した。2022年から2024年は5Gを中核に据えて事業変革を推進する。新中期経営戦略では、事業戦略を「サテライトグロース戦略」と位置付け、本格化を迎える5Gを中心に置き、通信を核とした注力領域を拡大していく。株主からの質問では、不適切な販売や3G停波後の影響、5Gサービスの今後について指摘があった。(2022/6/23)

富士通の「デジタルセールス」:
富士通のような大企業にインサイドセールスが必要な理由
マーケティングが収益に貢献しようと考えたとき、セールスプロセスの革新は欠かせない。カギを握るのがインサイドセールスだ。データを起点に組織が一丸となったデジタルセールスの在り方とはどのようなものか。第一人者が解説する。(2022/6/23)

日本列島BIM改革論〜建設業界の「危機構造」脱却へのシナリオ〜(4):
【日本列島BIM改革論:第4回】DXの情報基盤となる“構造化データ”がなぜ必須なのか?
これまで「日本列島BIM改革論」の連載では、日本のBIMの危機構造とは何かについて述べてきた。危機構造から脱却し、建設DXへ向かうには、情報基盤としてのBIMが必要となる。しかし、日本で作られるBIMモデルは、情報基盤としての構造化データとはいえないばかりか、竣工後には使い捨てられ、再利用されることは少ない。そこで、BIMモデルを構造化データとするためには、何をすべきかを考えてみよう。(2022/6/22)

企業間取引を「丸ごと」DX
“電子帳票を活用した全体最適なDX”を目指す組織がとるべき対応策は?
コロナ禍をきっかけに多くの企業がバックオフィス業務のペーパーレス化に踏み切った。電帳法やインボイス制度に向けた業務のデジタル変革も進む。既存のシステムを改修せずに社内業務と企業間取引をまとめて効率化する方法とは。(2022/6/23)

河野太郎議員のツイートで明らかに:
外務省、“ほぼ”FAX廃止→原則メールに 企業では意外と現役?
外務省が、一部を除き、FAXの利用を原則廃止していたことが分かった。前行政・規制改革担当相で、自由民主党(自民党)の広報本部長を務める河野太郎衆議院議員のツイートで外務省のFAX廃止が話題となっており、外務省に確認したところ、事実関係を認めた。業務効率化や紙の使用量削減などが主な狙いだという。(2022/6/23)

ロボット:
4足歩行ロボとドローンに搭載した3次元計測システムの有効性を確認、大林組
大林組は、東京大学大学院工学系研究科とともに、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールドで、自律4足歩行ロボットとUAVを用いたトンネル断面3次元計測の実証実験を実施し、複数の断面計測を連続的かつ効率的に行えることを確かめた。今回の実証実験は、国土交通省が推進する「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」の一環で実施した。(2022/6/22)

日本おもちゃ大賞2022大賞:
家族の声を完コピ、AIが読み聞かせ タカラトミー「coemo」、子どもも納得の再現度
日本玩具協会が主催する「日本おもちゃ大賞2022」のエデュケーショナル・トイ部門で、タカラトミーの読み聞かせスピーカー「coemo」(コエモ)が大賞を受賞した。AI技術を活用し、アプリで登録した家族の声を再現する革新性と、豊富な読み聞かせコンテンツを生かした教育性が高く評価されたという。(2022/6/18)

「Apple TV」をビジネスでこそ生かす【中編】
「Apple TV」が“退屈な会議”を過去にする?
「Apple TV」には、さまざまなビジネス用途がある。その一つが、“会議改革”だ。Apple TVを使えば、会議はどのように変わるのか。(2022/6/17)

“すべての人に健康を、飢餓をゼロに”:
PR:フリオ社長に聞く バイエル薬品が目指す社会と患者の治療に変革をもたらすイノベーティブな取り組み
「Health for all, Hunger for none」というビジョンを掲げ、病気の治療にとどまらず重度の病気からの回復をもたらす開発パイプラインと革新的なデジタル技術を推進しているバイエル薬品。本記事では、2021年に代表取締役社長へ就任したフリオ・トリアナ氏へのインタビューを通し、同社の国内での活動状況やこれからの挑戦についてお届けしていく。(2022/6/30)

電動化:
継続的な再エネ導入にEVや蓄電池を活用、東電やホンダなど17社で実証事業
東京電力ホールディングスは2022年6月15日、蓄電池や電気自動車(EV)、自家発電などの分散型エネルギーリソースを活用した実証事業を開始すると発表した。送配電事業者、小売電気事業者、システム/ICT事業者、エネルギーリソースプロバイダーが参加し、革新的なエネルギーマネジメントシステムとリソースアグリゲーションの確立を目指す。(2022/6/16)

製造マネジメントニュース:
脱炭素化などエネルギー変革が追い風、大型買収でさらなる成長を図る
日立製作所(以下、日立)は2022年6月13日、オンラインで開催した投資家向け説明会「Hitachi Investor Day 2022」において、新たに発足した「グリーンエナジー&モビリティセクター」の事業戦略を説明した。(2022/6/16)

働き方改革の功罪:
「ゆるい大企業」という“沈みゆく船” 優秀な若手の早期離職はもう止められないのか
2019年に「働き方改革関連法案」が施行されたことを機に日本の労働環境は大きく変わった。長時間労働は是正され、有休取得率も改善した。その一方で、残業はないものの同時に成長に必要な経験を得づらい「ゆるい大企業」から優秀な若手社員が早期離職する現象が起きているという。(2022/6/15)

【Google Cloud提供】本当に目を向けるべきは「現場」
「現場置き去りのDX」から全従業員を巻き込んだ改革に変えるには
DXの実現にはオフィス以外で働く現場従業員も巻き込んだ業務改革が必須だが、本社、支社止まりの形骸化したDXで満足しているのが実態だ。全社横断の視点で業務改革を実現するには、何をどうすればいいのか。(2022/6/24)

電子ブックレット(BUILT):
コロナ禍だからこそ、新たな“FM戦略”を
コロナ禍によって、テレワークの普及や働く場所の在り方といった社会基盤に変革が起きています。しかし、急激な社会変化に対しては、PDCAサイクルで柔軟な対応力を備えるファシリティマネジメント(FM)を活用することにより、ビルやオフィスの資産価値を向上させる機会にもなり得るという。本ブックレットは、ファシリティマネジメント フォーラム 2021のセッションのうち、「コロナ禍をチャンスに変えるFM戦略」と題した講演のまとめになります。(2022/6/14)

製造マネジメント インタビュー:
品質不正にもつながるスキル管理のばらつき、デジタル化による可視化で改革を
多くの製造現場ではスキルマップを作成し、技術者のスキルを見える化、管理、運用する体制を整えている。品質マネジメントの国際規格であるISOの監査などで必要になるためだ。一方で現在、技術者のスキル取得状況を可視化することで、経営戦略の実現や品質不正の防止に役立てようとする動きもあるという。デジタル上でのスキル管理サービスを展開するSkillnote 代表取締役に、国内製造業におけるスキルマネジメントの現状や課題について話を聞いた。(2022/6/14)

PR:この大転換期に揺るがぬ「顧客接点」基盤を構築せよ リアルな課題から探る新たなコンタクトセンターの姿とは
働き方の見直し、DX、そして顧客体験価値を上げることでロイヤルカスタマーを育てるCX向上への取り組み――ビジネスを進める上で、避けては通れない論題はさまざまあるが、これら全てを背負い、変革が急務とされているのがコンタクトセンターだ。コンタクトセンター市場をけん引するNTTビジネスソリューションズに、課題解決策と変革に必要な取り組みについて話を聞いた。(2022/6/14)

大規模買収は減少:
半導体メーカーにおける「小規模M&A」の価値
半導体業界は、困難な状況に見舞われている。半導体需要の急増とサプライチェーンの問題が同時に起こり、エコシステムが衝撃を受けている。半導体業界のリーダー各社は、新しいリソースや機能との競争力を維持するには、独自の機会を活用する革新的な方法を見つけなければならないことを理解している。(2022/6/7)

政府のIT戦略会議の議長も歴任:
ソニーGの出井伸之元会長、肝不全で死去 「ソニーの成長と改革に大きく貢献」
ソニーグループ(ソニーG)は出井伸之(いでい・のぶゆき)元会長が肝不全で亡くなったと発表した。84歳だった。葬儀は既に親族のみで行ったが、同社は後日、「偲ぶ会」を開催する方針。(2022/6/7)

スウェーデンから学ぶ「スマートシティー」構築術【前編】
Wi-Fi 6が市内どこでも利用可能に 北欧都市「ネットワーク改革」の衝撃
市民が快適に暮らせる「スマートシティー」には安定した高速ネットワークが欠かせない。スウェーデンのボロース市はネットワークを刷新し、スマートシティーをどう推し進めるのか。(2022/6/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタは10年越しの改革で何を実現したのか? 「もっといいクルマ」の本質
素晴らしい決算を出した裏で、一体トヨタは何をやってきたのか。サプライチェーンの混乱というアクシデントをカバーする守りの戦い、そして台数を減らしても利益を確保できる攻めの戦い。そこにあるのが「もっといいクルマ」だ。(2022/6/6)

パナソニック、空調や家電に3650億円投資 上海封鎖90億円影響
パナソニックホールディングスは、2022〜24年度にかけて、空質空調事業の海外拠点強化や白物家電の国内製造ライン増設などに3650億円超を投資する。コスト構造の改革で800億円、国内家電や海外空調などの価格改定で500億円の収支改善を図る。(2022/6/3)

東芝再建案、革新機構軸か 取締役候補の承認焦点に
東芝で経営再建の動きが本格化する。安全保障の観点から国内の官民ファンドである産業革新投資機構を軸に改善案の選考が進みそうだ。一部に懸念の声もあり、6月末の定時株主総会で承認されるかが焦点となる。(2022/6/3)

BIM:
ライフデザイン・カバヤ、建設DXに向けBIM活用プロジェクトを本格始動
ライフデザイン・カバヤでは、2021年度より建設DXに向けたBIM導入・活用のプロジェクトを本格始動している。2024年度までのBIM体制の確立を目指し、まずはCLT建築及び非住宅での導入に注力、BIM導入・活用を通じて建設生産効率の向上による働き方改革を推進する。(2022/6/3)

3つのポイントから解説:
どちらの評価が高い? ノー残業デーに残業して目標達成率120% VS 定時退社で達成率100%
働き方改革に伴い「ノー残業デー」を導入する企業が増えてきた。ノー残業デーにもかかわらず、仕事をしている社員もまだいると聞く。ノー残業デーに仕事をして目標達成率120%の社員と定時退社で達成率100%の社員はどちらより高く評価されるのだろうか? 人事評価に関する3つのポイントから解説する。(2022/6/1)

3Dプリンタニュース:
ファッション業界に革新、生地や衣服に直接造形できる3Dプリンタ登場
Stratasysは、ファッション/デザインニーズに応え、テキスタイルへの直接3Dプリントを可能にする“Direct-to-Textile”造形に特化したPolyJet方式3Dプリンタ「Stratasys J850 TechStyle」を発表。ファッション、デザインにおける新たなレベルの創造性や差別化をもたらすと同時に、市場投入期間の大幅な短縮に貢献する。(2022/5/31)

数々のヒット商品:
1キロのプリンで分かる「業務スーパー」本当の強さ 比類なき成長続けられる理由とは
業務スーパーを展開している神戸物産が急成長している。強さの秘密はどこにあるのか。筆者は「商品改革」が特に優れていると指摘する。(2022/5/31)

アフターコロナの時代に求められる、データドリブンアプローチによる業務改革(3):
勤怠管理に必要なのは「従業員の監視」ではない テレワークでも“兆候”を把握する方法
長時間労働の是正で止まっている「働き方改革」をもう一歩進め、「業務変革」を実現する。その手法を紹介する本連載。第3回は実践編として「新しい働き方における、ワークログの活用方法」について解説する。(2022/5/30)

ビジネスとIT、新規ITと既存ITの融合を:
PR:“既存の強みを際立たせる”IT部門の変革法
「既存の強みを伸ばしながら、デジタルの力を組み合わせる」ためにはどうすればよいのか? そのためには、ツール先行、ビジネスアイデア先行のスタンスを改める必要がある。(2022/5/25)

ワイヤレスジャパン 2022:
ソフトバンクは今まで以上に「5Gらしさを追求」 5G SAと5G-Advancedによる“真の5G”へ
5月25日から開催されている「ワイヤレスジャパン 2022」。2日目の26日には、ソフトバンクの常務執行役員 兼 CNO(Chief Network Officer)の関和智弘氏が、「ソフトバンクが目指す超デジタル化社会」と題して講演し、ソフトバンクが5Gや5G-Advancedの技術を活用して社会を変革する取り組みについて語った。(2022/5/27)

Windows 11が不満なあなたへ
MacでもLinuxでもない、脱Microsoftのための最強ツールとOS
Microsoftのエコシステムを快適に感じる企業もあれば、抜け出したいと思う企業もある。脱Microsoftを推進する筆者は、Google WorkspaceとあるOSとの出会いによってデスクトップコンピューティング環境を大改革した。(2022/5/27)

品質不正問題:
三菱電機の品質不正が3倍増の148件に、調査完了も2022年秋まで延期
三菱電機は、2021年6月末に判明した一連の不適切検査に関する調査報告書の第3報について説明するとともに、同年10月に発表した「品質風土」「組織風土」「ガバナンス」から成る3つの改革の取り組み状況を報告した。品質不適切行為の件数は、第1報、第2報で判明した47件に、今回の第3報で101件が加わって累計148件となり3倍に増加した。(2022/5/26)

キンドリルとネットアップが戦略的関係を拡大 非構造化データから「ビジネス価値」を引き出す
キンドリルとネットアップは、顧客のビジネス変革を支援するために世界市場で連携する。両社の技術を組み合わせ、テキストデータや音声・動画ファイルなどから収集した非構造化データを管理し、洞察を導き出すソリューションを構築することでデータドリブン型ビジネスの実現を支援する。(2022/5/26)

「人物重視」の新卒採用も激変?:
今話題の「リスキリング」が、学歴社会を終焉に向かわせると思えるワケ
コロナ禍がさまざまなビジネスへ大きな影響を与える中、人材活用にも変化の波が及んでいる。中でも話題のキーワードが「リスキリング」であり、これまで暗黙の了解でもあった「学歴偏重」の採用を変革する可能性がある。(2022/5/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
エグゼクティブこそ、確固たる「自己ブランディング」が必要な時代
人生100年時代となった今、エグゼクティブのキャリアに対する考え方についても、大きく意識改革をする必要に迫られている。後半における前向きなキャリア構築のためにもっとも重要なこととは一体なんだろうか?(2022/5/26)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタによる分散型モノづくりで世界を変革するMarkforgedが日本展開を強化
米Markforgedの日本法人であるマークフォージド・ジャパンは、東京都内で事業戦略説明会を開催。Markforged 社長兼CEOのシャイ・テレム氏と、2021年12月にMarkforgedの日本統括責任者に就任し、2022年5月12日付でマークフォージド・ジャパン 代表取締役社長となったトーマス・パン氏が登壇し、同社のビジネスと日本市場における戦略について説明した。(2022/5/25)

離職率は20→2%に:
月400時間労働のブラック企業、平均残業4時間の超ホワイト企業に 大変革を支えた「3つの制度」とは?
2000年創業のシステム開発のゆめみ、一部の創業メンバーの当時の労働時間は月に400時間を超えていたという。離職率が20%超えの時期もあった。創業したばかりという状況はあるものの、ブラック企業と言っても過言ではない。そんな企業が改善を重ね、月165時間労働・離職率2%にまでたどり着いた。どのような取り組みがあったのだろうか? 変革の要となった3つの制度とともに振り返ってみたい。(2022/5/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。