ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「ScanSnap仕事便利帳」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ScanSnap仕事便利帳」に関する情報が集まったページです。

ScanSnap仕事便利帳:
スキャンして生成したPDFを手持ちの「Kindle」で読む技
Amazonの電子書籍サービス「Kindle」には、PDFをメール添付で送ることで、手持ちのKindle端末で表示できる機能がある。常にKindle端末を持ち歩いているのなら、ちょっとした書類を読むのに重宝する。(2013/3/27)

ScanSnap仕事便利帳:
Evernoteにアップロードしたら元ファイルはすぐ削除する技
ScanSnapで読み取ったファイルをEvernoteに自動でアップロードした後、もしHDD上に残ったデータを使う可能性が全くなければ、自動的にゴミ箱に入るようにしておくと、知らず知らずのうちにローカルにデータが貯まることを防ぎ、素早く削除できるようになる。(2013/3/13)

ScanSnap仕事便利帳:
何百枚でも一瞬で完了! 年賀状の当選番号がすぐ分かる技
年賀状のお年玉番号が当選しているかまとめてチェックしたい場合、ScanSnapのDeluxeモデルに添付の「楽2ライブラリ」を使えば、当選番号を自動照合できるので便利だ。(2013/3/6)

ScanSnap仕事便利帳:
ScanSnapの設定を他のPCに移行する裏技
公式にサポートされている方法ではないが、ScanSnapの設定を保存したフォルダの中身をコピーすれば、再インストールしたPCでもそのまま利用できる場合がある。(2013/2/27)

ScanSnap仕事便利帳:
キャリアシート非対応のScanSnapでA3の原稿をスキャンする技
ScanSnapでは通常、A4サイズまでの原稿を読み取れるが、キャリアシートが利用できる場合は、A3サイズまでの原稿も簡単にスキャンが可能だ。ただ、キャリアシートを使わずに、A3原稿をデータ化する技はある。(2013/2/20)

ScanSnap仕事便利帳:
英文はScanSnapでスマホに取り込み、タッチ操作で単語を一発検索
英文の書類を読んでいて、単語の意味を調べるのが煩わしく感じるようであれば、ScanSnapでテキスト認識を有効にして取り込み、スマートフォンやタブレット端末のPDF閲覧アプリで意味を調べてみるといいだろう。(2013/2/13)

ScanSnap仕事便利帳:
ScanSnapとネット環境があれば、もらった書類をFAXで送れる
出張先からFAXを送りたいが、送信できるコンビニがなく途方に暮れる……。そんなときにお勧めしたいのが、FAXをインターネット経由で送れるサービスとScanSnapの合わせ技だ。(2013/2/6)

ScanSnap仕事便利帳:
紙の資料をスキャンして、WordやExcelで再利用する
会議でもらった資料を再利用したいが、原本がなかった。そうした場合に、ScanSnapで読み取ってOfficeソフトで編集可能な各形式に変換できる方法がある。(2013/1/30)

ScanSnap仕事便利帳:
巻き物のように長いパンフもScanSnapの「長尺」モードで一発データ化
A4よりちょっと大きいサイズの書類を通常モードでスキャンすると、端が切れた状態で読み取られてしまうなどの難点がある。それはScanSnapの「長尺」モードを使うことで解決できる。(2013/1/23)

ScanSnap仕事便利帳:
プレゼン資料のアイデアラフを「下描き」として使う
手描きしたラフをScanSnapで取り込み、画面に表示しながら資料を作成すると、より正確にレイアウトを再現できる。(2013/1/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。