ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「焼酎」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック

関連キーワード

【Amazonタイムセール祭り】日本酒、焼酎、果実酒まとめ 「月桂冠 大吟醸」「國盛 純米どぶろく」などがセールに
飲み比べセットが充実。(2021/7/16)

【Amazonタイムセール祭り】チューハイ特集 「ほろよい」「檸檬堂」「氷結」「ストロングゼロ」などのお酒がセールに
好きなお酒がきっと見つかる。(2021/7/16)

宝酒造、缶チューハイ117品目を自主回収 アルミがはみ出しけがの恐れ
宝酒造が自社で製造販売する缶入りチューハイ117品目を自主回収すると発表した。(2021/5/20)

大人しか飲めないクッピーラムネ登場! 「20歳からのクッピーラムネチューハイ」発売
研究を重ね味を再現、アルコール分は低めの4%。(2021/3/20)

氷属性魔法を唱えた「缶チューハイ 氷結」に中二心が目覚める……! 美しい魔法陣を展開する瞬間がTwitterで話題に
氷結魔法……まさか存在していたなんて……。(2021/1/10)

大容量ボトル:
焼酎「大五郎」販売休止 消毒用アルコールに転用、政府の要請で
アサヒグループが、焼酎「大五郎」大容量ボトルの販売を休止。政府から消毒用アルコールに転用するよう要請があったため、という。(2020/12/28)

焼酎「大五郎」休売 消毒用アルコール転用 コロナ拡大で政府が要請
焼酎「大五郎」が販売休止。コロナ拡大を受け、原料用アルコールの一部を消毒用に転用するよう政府から要請があったため。(2020/12/28)

ボトルと映える「焼酎ネイル」がレトロかわいい 焼酎のラベルってこんなにおしゃれだったのか!
飲みたくなるなぁ。(2020/12/9)

9年連続2桁成長へ:
過去最高更新を続ける、キリン「本搾り」 “熱いファン”に支えられるブランド戦略
キリンビールの缶チューハイ「本搾り」は、2019年まで8年連続で2桁成長しており、20年も過去最高を更新しそうだ。その背景には、熱いファンの存在がある。果汁とお酒だけという難しい製法を続けているのは、その特徴的な味わいにほれ込む顧客の期待に応えるためだ。(2020/10/28)

アルコール度数は7%と4%:
キリン「氷結」に“甘くない”新商品 「無糖レモン」でビール類ユーザーの獲得狙う
キリンビールは10月20日、缶チューハイのブランド「氷結」の新商品「無糖レモン」を発売する。糖類や甘味料を使用せず「甘くない」味わいに仕上げ、これまでチューハイをあまり飲まなかったビール類のユーザーを取り込む。(2020/10/17)

缶ビールのネイルが驚きのクオリティー! 「スーパードライ」「金麦」から缶チューハイの「ストロングゼロ」まで
爪の上に手描きでお酒パッケージを描いています。(2020/9/25)

PR:「チューハイ市場に衝撃」「驚くほどうまい」と絶賛の声続出の麒麟特製レモンサワーで優勝しました
上質さを感じられる新感覚チューハイ体験!(提供:キリンビール)(2020/9/8)

初のRTD:
「いいちこ」ブランド初の缶入りハイボールが登場 「主要顧客が50代以上」を打破
「いいちこ」ブランド初となる缶入り焼酎ハイボール「いいちこ下町のハイボール」が登場。麦焼酎のいいちこは主要顧客が50代以上だが、若者と潜在層を開拓できるか。(2020/9/3)

檸檬堂「お店じゃ買えない、うらレモン」キャンペーン開始 麦焼酎で仕込んだ特別な味を“家飲みの常連さん”5000人に
お店じゃ買えない、特別なうらレモンが当たる……!(2020/8/24)

パッケージデザインも工夫:
ハイボールに適した「いいちこ」が登場 若い世代や焼酎初心者がターゲット
麦焼酎の「いいちこ」を製造する三和酒類(大分県宇佐市)が新商品を発売。ハイボールに適した「iichiko NEO(いいちこネオ)」。主力商品のいいちこを飲んだことのない層を狙う。(2020/7/15)

見ただけで唾液が出ちゃう! 極刺激の「シゲキックス」を再現した「シゲキックスチューハイ」が発売
シゲキシゲキシゲキーーックス!!(2020/6/15)

高知県の菊水酒造、消毒用アルコールと同じ度数の「アルコール77」を発売
日本酒や焼酎、リキュール、ラム酒などを製造する菊水酒造(高知県安芸市)は、アルコール度数77度の高濃度スピリッツ「アルコール77」の製造を開始することを発表した。関係省庁の指導のもと、4月10日から出荷を開始する。希望小売価格は1本1200円(税別)。(2020/4/9)

あくまでもお酒、でも拭いた後はレモンの香り 消毒用アルコールと同じ度数の「アルコール77」、菊水酒造が発売
日本酒や焼酎などを製造する菊水酒造(高知県安芸市)は、アルコール度数77度の高濃度スピリッツ「アルコール77」の出荷を4月10日に始める。価格は1本1200円(税別)。(2020/4/9)

サントリーの缶チューハイ「カロリ。」販売終了 「好きだったのに」惜しむ声続々
「マーケティング上の理由」とのこと。(2019/10/25)

【Amazonタイムセール祭り】Echo Spotが6月2日限定で4500円割引! 人気のビールやチューハイも限定特価に
お得です……!(2019/6/2)

「こんな過激なドリンクバー、人生初です」 押さざるを得ない“焼酎原液”ボタンのあるドリンクバー
押しているあいだお酒が出ます。(2019/1/7)

停滞する居酒屋のお酒に新ヒットを:
モンテローザ、焼酎割りのニュー飲料で狙う“ハイボールの次の座”
モンテローザが焼酎の卸や酒蔵と組んで焼酎割りの新ブランド「スパイダー」を売り込む。ハイボールの次のヒットが生まれない居酒屋業界と低迷が続く焼酎業界が手を組み若者にアピール。(2018/10/9)

すべては焼酎ブーム再来のため:
雑誌発行に舞台公演も!? 焼酎業界の「名プロデューサー」走る
焼酎業界で多くの名酒を生んだ「名プロデューサー」である卸会社の社長が焼酎への逆風の中でブーム復活を狙う。地道な商品開発に加え雑誌発行、舞台の制作まで挑戦。(2018/8/23)

九州の蔵元が上位に集中:
「焼酎メーカーの売り上げ」ランキング発表 あの蔵元は何位……?
帝国データバンクが、国内焼酎メーカーの2017年1〜12月期の売上高を集計し、ランキング化した結果を発表。九州の蔵元が上位に多数ランクインしたが、減収となる企業や赤字の企業も多かった。大手メーカーのハイボールやワインの人気に押されたという。(2018/8/13)

実際にお店で飲んでみた:
生ビールが飲める“居酒屋コンビニ”発見! これがセブンの目指す道?
セブン‐イレブンは生ビールのテスト販売を中止したが、実は2016年から約50店舗で生ビールを提供しているコンビニチェーンがある。お客に好評なので今年からある店舗でチューハイとハイボールの提供も始めたという。実際に記者が足を運んで、どんなお客が利用しているのか取材してみた。(2018/7/19)

「檸檬堂」シリーズを九州限定販売:
コカ・コーラがお酒を発売 チューハイで“新たな挑戦”の狙いは
コカ・コーラシステムが5月28日に缶チューハイ「檸檬堂」シリーズを九州限定で発売する。男女問わず、20代以上の幅広い層がターゲット。350ミリリットル入りで、価格は150円(税別)。日本コカ・コーラの担当者に狙いを聞いた。(2018/4/13)

「スカッと酔いたい」に対応:
ストレス抱えるおじさんに照準 キリン、アルコール9%の新チューハイ
キリンビールは、高アルコール缶チューハイの市場に新ブランドを投入する。4月、アルコール度数9%の「キリン・ザ・ストロング」を発売。刺激的で飲みごたえのある味わいで、「スカッと酔いたい」ニーズに対応する。(2018/2/28)

ふりかけとしそ焼酎のコラボ:
ふりかけ「ゆかり」のチューハイ発売 味は「すっきり」
ロングセラーのしそふりかけ「ゆかり」を使用した缶チューハイが数量限定で発売され、話題に。ごはんのお供として認知されるふりかけとお酒を組み合わせたのはなぜだろうか。(2018/2/27)

陶器製の列車から焼酎を注げちゃう 列車プレミアムボトル焼酎「特急かわせみ やませみ」発売
丁寧な再現で人気のシリーズ。(2018/1/23)

日本酒をソフトドリンクで割る:
コカ・コーラがぐるなびと「飲食店支援」 若年層向けのレシピ提案
日本コカ・コーラはぐるなびと業務提携し、日本酒や焼酎などをソフトドリンクで割った低アルコール飲料のレシピを飲食店に提案していくと発表した。「若年層を集客できるレシピを提案することで飲食店を支援する」という。(2017/11/25)

あの会社のこの商品:
酒飲みの相棒「ハイサワー」 成功の舞台裏
焼酎を割って飲む場合、かつては水かお湯しかなかった。しかし現在は、飲食店に行けば、焼酎をさまざまな割り材で割ったサワーが当たり前のように置かれるようになった。この新しい飲み方を広めたきっかけの1つが、博水社のハイサワーである。誕生から現在までの軌跡をお伝えする。(2017/9/14)

サッポロビールが焼酎「赤からり芋720ml」を自主回収 外観確認用の見本品が流出、中身は“水”
水て。(2017/7/10)

スピン経済の歩き方:
地方の焼酎が、10年後に世界一になったワケ
熊本県で「世界一の焼酎」が売られていることをご存じだろうか。「川辺」という銘柄だ。創業115年の酒造がつくったものだが、なぜ世界一になることができたのか。背景を調べてみると、その老舗は以前から世界の常識・日本の非常識に取り組んでいて……。(2017/2/28)

44マグナムも防ぐ“折りたたみ式防弾シールド”、米大学が開発 日本発「吉村パターン」を応用
チューハイの缶でもおなじみの、あのダイヤモンド型のパターンが採用されています。(2017/2/21)

お酒好きの天国再び! 100種類以上の日本酒や果実酒などが好きなだけ味わえる渋谷の酒フェス、秋にも開催!
果実酒、焼酎、熱燗もあります。(2016/10/20)

コンビニ探偵! 調査報告書:
マニュアル通りなのに……コンビニでミスが起きるワケ
居酒屋チェーンの「鳥貴族」が焼酎と食品添加物アルコールを入れ間違えてチューハイを提供していたと発表した。マニュアル通りにやっていてもミスが生じることはある。今回は、コンビニ運営マニュアルの実態について紹介しよう。(2016/9/1)

鳥貴族、チューハイに焼酎ではなくアルコール製剤を誤って注入 謝罪
チューハイのサーバーに、接続する原液を間違ってしまったそう。(2016/8/15)

焼酎と誤り……食品添加物アルコール製剤をチューハイとして客に提供 「鳥貴族」が謝罪
鳥貴族が「南柏店」で焼酎と誤り食品添加物アルコール製剤をチューハイとして提供していたとして謝罪した。(2016/8/15)

3240円で時間無制限飲み放題の神店が新宿に ビール、日本酒、果実酒、焼酎、カクテル作りたい放題 「梅干し」「ミニトマト」「ライム」などトッピングも全て無料
神店現る……!(2016/7/8)

3000円で100種類の焼酎を飲み比べ 「HAVESPI」新宿にオープン
100種類の日本酒、梅酒飲み比べ専門店に続き、今度は焼酎で。(2016/5/31)

蓄電・発電機器:
焼酎の絞りカスで充電池を開発、廃棄物の活用で低コストに
福岡工業大学は焼酎の製造時発生する焼酎粕を活用した充電池の開発に成功したと発表した。焼酎粕を炭化して充電池の電極として利用する。(2016/5/12)

吉野家で焼酎など「ボトルキープ」できるサービス 一部店舗で実験的に実施中
アプリで仮想のボトルを保管し、導入店舗で残りが飲めるというクラウド的な側面も。(2015/10/9)

ホワイトペーパー:
霧島酒造のBCP対策 1サーバのバックアップ時間を4時間から15分に短縮できたわけ
創業97周年を迎えた本格焼酎の老舗霧島酒造は、システム運用の継続性の確保やデータ保全において強固な体制を整えてきた。同社における肥大化するデータの保全やDRサイト構築といったBCP強化のために選ばれたソリューションとは?(2015/10/8)

星7つ! イオン「糖類ゼロ カロリーハーフ チューハイレモン」をレビュー!
今回選んだのはイオンの「糖類ゼロ カロリーハーフ チューハイレモン 350ml」(88円/税込み、店頭価格)だ。(2015/8/1)

これからの季節にぴったり! 凍らせて飲むチューハイ「氷結 アイススムージー」が新味を加えて全国発売決定
もちろんアルコール入りです。(2015/5/29)

話題のCMシリーズの最新作が公開:
PR:キリン チューハイ事業部の重要書類には何が? パワポの“スゴテク”も必見
「キリンチューハイ ビターズ」の人気CMシリーズから最新動画が公開された。チューハイ事業部の重要資料には、ビターズの開発秘話やヒットした理由のほかに、ビジネスパーソンにとって“おトク”な情報が満載。その中身をチラリと……。(2015/5/25)

スピン経済の歩き方:
「チューハイ増税」に影響を与える“甲乙戦争”とはなにか
政府・与党が2016年度の税制改革で、チューハイの酒税引き上げを検討している。チューハイは低価格なので、庶民にとってかなりの痛手だが、増税を歓迎している人たちもいる。それは……。(2015/5/12)

エネルギー列島2014年版(45)宮崎:
南国の特産品でバイオマス発電、サツマイモから鶏糞まで燃料に
温暖な気候に恵まれた宮崎県では、サツマイモから作った芋焼酎や鶏肉などを特産品にして地域経済の活性化を図っている。その生産工程で発生する大量の廃棄物をバイオマス資源として再利用する取り組みが活発だ。林業と連携した木質バイオマス発電所の建設プロジェクトも続々と始まった。(2015/3/3)

焼酎を1日1升!? 都城市「ふるさと納税」に焼酎1升瓶×1年分365本もらえるプランがあってTwitterに衝撃走る
都城市が定義する「焼酎1年分」が多すぎる。(2015/2/16)

鹿児島の焼酎「さつま白波」がアニメCMを制作 作画監督はトトロや世界名作劇場の佐藤好春
佐藤さんらがロケハンして手がけた、桜島や天文館といった鹿児島の背景も必見。(2015/1/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。