ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「留学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!留学→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で留学関連の質問をチェック

客室でオンラン英語学習:
スーパーホテル、ホテルで「留学体験」ができるプランを発売
スーパーホテルはオンラインの英語学習がセットになった宿泊プランを発売する。3泊4日のプランでGo Toトラベル適用時の料金は2万7820円(税込)。10月30日から「スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口店」で提供する。(2020/10/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
ビザ審査厳格化でも不十分な「中国スパイ対策」 日本の未来を揺るがす“経済安全保障”の大問題
政府が留学生などのビザ審査を厳格化する方針だと報じられた。中国などへの技術の流出が懸念されているからだ。日本の「経済安全保障」にとっては重要な動きだが、今回の対策では心もとない。日本では米国のような厳格な取り締まりができない。本気の対策が求められる。(2020/10/8)

「コロナで仕事ない」留学生(?)が手作りお菓子を路上販売する事案が全国で発生中 許可なき路上販売品は危険
実際に購入した人、断った人を取材しました。(2020/9/26)

人材系企業調査:
外国人留学生の3割「新型コロナでアルバイト退職した」
外国人留学生に人材系企業が調査。3割が「新型コロナのせいでアルバイトを退職」。給与が減った人も多く。(2020/7/21)

トランプ政権、オンラインのみ受講の留学生ビザ規制を撤回 州司法、大学、企業連動の勝利
米トランプ政権は、7月6日に発表したオンラインのみ受講の留学生ビザを発行しないとい規定を撤回した。多数の大学、州司法長官、GoogleやMicrosoftなどの企業などの強い反対を受けたものだ。(2020/7/15)

Google、Microsoft、Facebook、Twitterなど、トランプ政権の留学生ビザ規制反対に参戦
トランプ政権による、オンライン講義のみを受講する留学生を出国させるビザ規制に反対して米大学が起こした訴訟のアミカスブリーフに、13社の米IT企業が参加した。(2020/7/14)

米移民局「オンライン授業のみの留学生は滞在認めない」方針発表
留学生から不安の声。(2020/7/7)

「号泣で目がパンパン」 鈴木紗理奈、イギリス留学中の息子が終業式を迎え涙止まらず
ママもお疲れさまです。(2020/6/30)

那覇では申請者の15%に:
コロナ休業で生活苦しく、特例貸し付けに留学生殺到
新型コロナの影響による休業や失業で収入が減った人の生計を支援する国の特例貸し付けに、アルバイトが激減して生活に苦しむ沖縄県内の外国人留学生らの申請が殺到している。(2020/6/29)

料理を作りながら英会話も学べる! 胃袋から生徒つかむ「オンライン料理留学」
新型コロナの影響で留学ができない状況の中、留学ビジネスもオンライン化を取り入れ始めた。フィジーで英会話学校を運営する多田祐樹さんは「オンライン料理留学」を考案。ビデオ通話腰に料理と英会話が動じに学べるサービスを始めた。(2020/6/25)

安全と学習機会の両立を目指して
遠隔で技術者を育成する方法とは 仙台高専がオンライン授業で得た気付きと課題
感染症対策と学習の機会を両立させるため、遠隔授業に取り組む動きが広がっている。仙台高専は「コロナ禍」以前からMicrosoft Teams Roomsを活用した「遠隔授業配信パッケージ」を用いて海外への留学生に向けた遠隔授業に取り組んでいた。(2020/6/25)

海外の人材獲得にハードル:
外国人留学生の6割超、日本企業の「終身雇用」「新卒一括採用」に違和感
外国人留学生・元留学生に調査。過半数が日本企業の「終身雇用」「新卒一括採用」に違和感。実際に就職した人からは「長時間労働」への不満が挙がった。(2020/6/19)

元モーニング娘。のジュンジュンが第1子出産を報告 8期留学生メンバーとして活躍
グループ卒業後は中国で女優として活動。(2020/5/29)

留学も音楽もバイトも続かない……。三石由起子の熱いアドバイスも響かない無気力相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「世界が好きじゃない」……!(2020/5/18)

日本は伸びしろがあるのにもったいない:
「学会に行って満足」は時代遅れ、米国VCが伝えたいこと
米国のベンチャーキャピタル(VC)Pegasus Tech Venturesの創設者兼CEOを務めるAnis Uzzaman(アニス・ウッザマン)氏は、日本に留学していたこともある人物だ。世界中のさまざまなスタートアップを知るUzzaman氏は、日本のスタートアップの実力、そしてスタートアップ投資に対する日本企業の姿勢をどう見ているのだろうか。(2020/3/27)

ブルゾンちえみ、留学先はイタリアと発表も“新型コロナ”影響で延期 「もうしばらく様子を見ながら日本に」
イタリアは現在ヨーロッパで最も感染拡大が深刻です。(2020/3/18)

サイバーセキュリティマネジメント海外放浪記:
生まれも育ちも日本、留学経験もない筆者が、海外で普通に講演できるようになるまで
サイバーセキュリティとは関係なさそうに見えて密接な関係にある英語。最新の情報を得たり、それについて議論したり、広く全体を把握するという観点で世界中の人たちとのやりとりが欠かせない。(2020/3/11)

ライブ型就活イベント:
「夜行バスで行った説明会の内容は全てネットに載っていた」 オンライン就活のサービスが生まれた背景
ライブ型就活イベント「オンライン就活」のサービスがスタート。インターネットを利用して説明会や座談会に参加できる。開発の背景には地方や留学中の学生が抱える悩みがあった。(2020/2/27)

鈴木紗理奈、イギリス留学中の息子が“新型コロナ”の影響で帰国できず 「一緒にいたいけど……」
コロナの影響がこんなところにも。(2020/2/20)

欅坂46の鈴本美愉・織田奈那が卒業を発表 佐藤詩織は休業し留学へ
もんちゃん、だに、これまで本当にありがとう。またね。!(2020/1/23)

山本舞香、金髪&赤毛くるくるパーマ公開 “留学生風”ショットにファン「かわいすぎんかーーー!?」
かわいすぎる。(2020/1/17)

「あっぶねぇ…泣きかけた」 つるの剛士、たくましくなった長男が留学先のカナダへ戻る後ろ姿に夫婦そろって感極まる
つるのさん「隣見たら妻の目が真っ赤やないか」。(2020/1/8)

「遠く離れた場所でも……」 北斗晶、“本人不在の誕生日”でカナダ留学中の長男へエール 
遠くてもつながってる。(2019/11/6)

この頃、セキュリティ界隈で:
交友関係まで調べられる? 米入国のSNS審査厳格化、留学生足止めも
SNSでつながっている「友人」の発言で入学できない。そんなことが起きている。(2019/9/17)

「とても凛々しく男らしくなっていました」 大竹しのぶ、ロンドン留学中のウエンツ瑛士と再会ショット
留学前にもエールを贈っていた大竹さん。(2019/8/23)

「知的試行錯誤」のすすめ【後編】:
『思考の整理学』著者・95歳“知の巨人”外山滋比古が「留学」を選ばなかった理由
95歳「知の巨人」外山滋比古さんが語る「アウトサイダー人生」とは――。(2019/6/25)

「充実してる顔」「お元気そうで何より」 古市憲寿、ロンドン留学中のウエンツ瑛士との2ショット公開
お久しぶりのウエンツさん。(2019/6/16)

ブロックチェーンで留学生の日本語学習データを記録 語学力の正確な把握に活用――ソニー、富士通らが実証実験へ
ソニー・グローバルエデュケーション、富士通らは、外国人留学生の講座の受講履歴や成績証明の管理にブロックチェーンを活用する実証実験を開始。改ざん不可能な信頼性の高い受講データを基に、個々の語学能力を正確に把握することで、留学後の適切な教育支援が可能になるという。(2019/3/1)

「嘘が本当のように」「映画関係者ってだれ?」 吉田羊、活動休止&イギリス留学の報道を否定
よかった……。(2018/12/19)

大島優子、留学中のプライベートショットを披露 “親友”が撮りためた写真集『WORK』&『LIFE』が発売
女優として、1人の女性としての“大島優子”が詰まった写真集に。(2018/11/22)

激変の新卒採用サバイバル:
1000万円かけてたった1人採用の企業も 海外エリート大学生を狙え!
日本企業が海外に留学した日本人学生や現地の外国人学生の採用を積極化している。狭い国内では優秀な層を取り切れないため。メルカリでは新卒の過半数が外国籍に。(2018/11/7)

激変の新卒採用サバイバル:
日本企業で外国人留学生の採用が進まない真の理由
日本企業で外国人留学生の採用が進んでいない。日本独特の就活の慣習に外国人がなじめないほか、企業も高い日本語能力を求めたりネガティブなイメージを持つのが原因。(2018/11/6)

ウエンツ瑛士がロンドン留学発表 舞台の勉強に専念するため
火曜サプライズで発表しました。(2018/8/28)

スシやアニメだけがクールジャパンじゃない:
日本の料理学校で外国人が「和食」より「洋菓子」を学ぶ深い訳
料理の名門「辻調」の製菓学校で洋菓子作りを学びに留学する外国人が増えている。日本の高い技術やビジネスモデルの習得が目的だが、法規制のため卒業後日本の洋菓子店で実務経験を積めないのが課題。(2018/8/3)

今までの常識を覆す:
就活をやめてエストニアへ そこで私が確信した日本と世界のキャリア観の決定的な違い
普通なら就職活動真っ只中の期間である大学3年生の1月から大学4年生の6月までの約半年、就活を中断してエストニアに留学中の筑波大学4年生、齋藤侑里子さん。そんな彼女が現地で感じた、日本の就活への違和感、グローバルスタンダードなキャリアの築き方とは――。(2018/6/6)

「スタイル抜群すぎる!」 おのののか、高3の南国留学ショットがクラスのマドンナでしかない
ホームステイ先がうらやましい。(2017/12/9)

「この笑顔が見たかった」 海外留学中の大島優子、2カ月半ぶりにインスタ登場でファン歓喜
元メンバーの秋元才加さんが留学生活をチラ見せ。(2017/11/25)

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:
道は自分で切り開く 少しずつでもいいから前に進む
私の人生にとって変え難い出来事になった米国留学。夢を叶えるためには、たとえ少しずつでも前に進むことが大切ですし、その道は自分で切り開くべきなのです。(2017/9/30)

「博士号を取ってきます」 “結婚宣言”のNMB48須藤凜々花、卒業後はドイツ留学へ
敬愛するニーチェの祖国ドイツへ。(2017/8/4)

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:
何歳になってもピンチがあれば成長できる
40歳を目前にして、人生初の海外暮らし、海外留学を決行しました。「なぜこの年齢で?」と思う人もいるでしょうが、夢を持つことや挑戦することに年齢制限なんてありません。今回はそんな留学先での大ピンチエピソードをお話しします。(2017/5/3)

海外留学中のEXILE・ATSUSHI、バッキバキ腹筋に「若干、筋肉留学になってます……」
肉体も世界基準に。(2017/3/17)

声優・入野自由さんが海外留学のため一時休業へ 「今の活動、これからの活動のための旅」
応援しています……!!(2016/11/30)

カドカワのネット高校「N高等学校」に通学コース 「国際留学コース」も登場
「学校に通って勉強したい」とのニーズに応えてキャンパスを新設。(2016/10/13)

東大や早大などに在籍し、大半が修士号以上を取得:
博報堂、外国人留学生を起用したインバウンド戦略立案サービス「G-Brain」を提供開始
博報堂は、知日、親日外国人のアイデアを生かしたインバウンドを支援するサービス「G-Brain」の提供を開始したと発表した。(2016/7/7)

声優・平野綾のスリムボディーにファン興奮 「ほ、ほそいいい!!」「ほしいそのくびれぇぇぇ」
平野さんは現在ニューヨークに短期留学中。(2016/6/29)

人気ユーチューバー「はじめしゃちょー」さん、3年間のアメリカ留学を発表 ※追記あり
「現状で満足しちゃうと、そこでもう終わりだと思ったんで」と留学への思いを語っています。(2016/6/23)

PR:「ノートPC内蔵マイクじゃ限界が……」 画面越しでもリアルな会話、スピーカーフォンで留学生を手厚くサポート
海外留学支援で最も大事なことは、海外拠点や留学生との密なコミュニケーション。PC越しでも臨場感ある対話を実現するために――年間数百人の学生をサポートするICC国際交流委員会にヤマハのスピーカーフォン「FLX UC 500」を試してもらった。(2016/5/30)

「全ての食べ物がまずい」「栄養失調寸前」 英国へ留学した姉から届いたLINEが切実で泣きそう
追い詰められている……!(2016/2/26)

フリー素材アイドルに続いて……“フリー素材インド人”をインド語学留学校が提供スタート
ゆくゆくは10万点以上のインド人素材を公開予定って、需要が間に合わないよ!(2014/12/8)

企業広報の「隠れ家でちょっと一息」:
オフは日本画をのんびりと鑑賞 SAPジャパン・石橋さん
高校、大学と米国に留学し、現在はグローバル企業で働く石橋さんだが、趣味は日本画鑑賞や随筆を読むことなど、日本的なものに強い関心を持っているそうだ。(2014/10/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。