ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「治療」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「治療」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

オンラインで集中治療室の新生児と面会 コロナ禍で育む家族の絆
新型コロナウイルスの感染拡大により、病院では全国的に院内感染防止のための面会制限が続いている。生まれたばかりの新生児と母親も例外ではない中、大阪大学医学部付属病院は、集中治療を受けている新生児と家族をオンライン面会でつなぐシステムを本格稼働させた。8月中には全家族の毎日の面会が実現、離れていても絆を育む助けとなっている。(2021/9/16)

「この半分だけで、人生で一番緊張した」だいたひかる、妊娠6カ月目に突入 約2年半の不妊治療を再開
あと半分!(2021/9/11)

医療機器ニュース:
装着型ロボットが米国食品医薬品局の医療機器認証を取得
CYBERDYNEが開発した装着型ロボット「HAL医療用単関節タイプ」が、米国食品医薬品局(FDA)のクラスI医療機器に登録された。脳神経系疾患によるまひや、整形疾患による運動障害などを持つ患者の機能回復の治療に使用できる。(2021/9/9)

藤あや子、猫の腎臓病治療薬のため“222万2222円”を東京大学に寄付 「1日も早く完成することを願います」
チャリティー企画の収益を東大に寄付。(2021/9/8)

導入事例:
慶応大「キムリア」治療プロセス実施環境に、ダイダンの半開放型気流制御クリーンブースを導入
慶應義塾大学病院のヒト体細胞加工製品「キムリア」治療プロセス実施環境に、ダイダンが開発した半開放型気流制御クリーンブース「エアバリアブース」が採用された。(2021/9/8)

PFN、AI創薬技術を開発 コロナ治療薬の「リード化合物」発見
PFNがAI創薬プラットフォームを開発。京都薬科大学との共同研究で新型コロナ治療薬の「リード化合物」の有望株を発見した。(2021/9/6)

ステージ4の西郷輝彦、最先端治療で“前立腺がん消滅”を確認 「やったなぁ!」と喜ぶもPSA数値は謎の上昇
PSA下がらないのなんで……。(2021/8/30)

「フルハウス」ジェシーおいたん、病床からの自撮り写真を投稿し一部ファンが動揺 「何が起きたの?」「ああ、なんてこと!」
ばね指の治療を受けたそうです。(2021/8/28)

“5時間緊急手術”の西川史子、サンジャポで現状報告「しばらくは治療に専念します」 17日に右脳内出血で倒れる
大事に至らなくてよかった……。(2021/8/22)

医療機関のデジタル化【後編】
医療データの断片に眠っている情報の活用
データを活用することで、医療機関の治療や経営を改善できる。請求データなど、医療機関が保有するデータの一部だけでも多くの洞察を得ることが可能だという。(2021/8/11)

元「Raphael」のyuki、ステージ1の喉頭がんを発症 毎週5日間続く放射線治療の開始に「意地でも克復します」
10月には結果が見えてくる、とも。(2021/8/6)

医療機関のデジタル化【前編】
医療機関がポイントソリューションを導入してしまう理由
治療の改善やコストの削減を実現するにはデータを統合的に分析する必要がある。にもかかわらず、医療機関は特定の機能に限定されたポイントソリューションを導入してデータの統合に苦労している。なぜか。(2021/8/5)

医療技術ニュース:
光電効果を用いて、効率よくがん細胞死を誘導する放射線治療法を開発
京都大学アイセムスは、がん細胞内に電子を発生させてDNAを効率よく切断し、細胞死を誘導する方法を開発した。アインシュタインが提唱した「光電効果」を利用するこの方法は、DNAに直接的に作用するため、放射線治療の効率向上が期待できる。(2021/8/4)

前立腺がんの西郷輝彦、最先端治療の結果に激しく落胆 渡豪前よりPSA数値が200上昇し「動揺しています」
325から510へと推移。(2021/7/30)

整形男子・アレン、500万円の差し歯に新トラブル 担当医師の不手際に意気消沈「また高額な治療費がかかる」
差し歯の土台部分が非常に浅かったため、問題が起きやすくなっていたもよう。(2021/7/19)

ロボット:
コロナの集中治療室向け医療機器遠隔操作するロボットを開発、大成建設とNCGM
大成建設と国際医療研究センターは「集中治療室向け医療機器遠隔操作ロボット」を開発した。両社は、国際医療研究センターの病院で、非接触エリアから医療機器を遠隔操作し、集中治療室向け医療機器遠隔操作ロボットの操作状況や性能を検証した結果、医療従事者の感染リスクを減らせることが分かった。(2021/7/15)

漫画家・かやはるかさん死去 『魔王学院の不適合者』コミカライズを担当
先日、治療専念のため連載を中断すると発表していました。(2021/7/13)

「恐れていた事が起きてしまいました」 岸本加世子、がん闘病中の愛犬が余命1カ月で号泣 「姫子を奪わないで」
2018年以降、摘出手術と抗がん治療を4回ずつ実施。(2021/7/13)

「1000万が見えてきそう」 第1子妊娠のだいたひかる、2年半の“不妊治療”に掛かった総額明かす
保険適用、実現してほしい。(2021/7/5)

経団連の前会長、中西宏明氏が死去 日立製作所のITシフトをけん引
日本経済団体連合会(経団連)前会長の中西宏明氏が、6月27日にリンパ腫のため亡くなった。75歳だった。2019年に病状を公表し、治療に専念するため21年6月に会長を退任していた。日立製作所が7月1日に発表した。(2021/7/1)

iPS角膜細胞移植 慶応大が来春実施へ 厚労省部会了承
iPS細胞から作った目の角膜の細胞を、角膜が混濁して視力が低下する病気の患者に移植し治療する慶応大の臨床研究について、厚生労働省の部会は30日、計画の実施を了承した。チームは、2022年春に最初の移植を実施したいとしている。(2021/7/1)

虻川美穂子、ひどい肌荒れへの対処に自省「私のバカ丸出し行動からの失態」 皮膚科で治療「寝るごとに良くなり」
回復に向かっているようで何より。(2021/6/30)

入院中の学びにロボットも ICT化にコロナ追い風
コロナ禍で在宅勤務など多様なオンライン活用が注目される中、入院中の子供の学びにICTやロボットを活用する取り組みが広がっている。教員の病院への立ち入りが制限される中、治療と学びの両立に向けた試行錯誤が続いている。(2021/6/29)

だいたひかる、5年前の抗がん剤治療で脱毛した姿に「オランウータンの赤ちゃん」 2016年、不妊治療中に乳がん発覚
産毛も抜けて化粧のノリが良くなったそうです。(2021/6/26)

がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
ステージ4の大腸がん手術後、転移したがんの治療を続けていました。(2021/6/21)

東尾理子、妊活と仕事両立の難しさ語る 「妊娠治療を継続しながらも働きやすい社会になるといいな」
自身も治療を経験。(2021/6/18)

倉持由香、新生児黄疸の息子が無事退院 治療中の姿にショック「悲壮感に大号泣してしまいました」
産後メンタル心配。(2021/6/9)

AKB48柏木由紀、「脊髄空洞症」の治療で手術、一時休養へ コンサートは延期で「まずは治療に専念」
元気になって戻ってきて!(2021/6/8)

浜田翔子、“不妊治療の卒業”を幸せ報告 夫・YouTuberカブキンと体外受精で第1子授かる
おめでとうございます!(2021/6/3)

ヤフー、不妊治療で1年まで休職可能に 男性・未婚もOK
ヤフーは、不妊治療のために最長1年間、無給で休職できる制度を導入した。性別や既婚・未婚にかかわらず取得できるという。(2021/6/2)

竹内愛紗、パニック障害の治療で退所 事務所はタレントの独立巡るトラブル報じられた過去も
2021年2月から心身不調に。(2021/6/1)

元NHK登坂淳一アナ、初お宮参りで娘に夢中な姿を妻に激写され反響 「幸せのかたまり!」「癒やされます!」
不妊治療を経て授かった娘。(2021/5/29)

フワちゃん、シミ治療が目立つノーメイク顔に「さいあく」 収録前日のド忘れに“おっちょこちょいバカ”と自虐も
治療翌日にロケ3本も入っていたもよう。(2021/5/26)

元AKB高橋朱里、治療専念のためK-POPアイドル「Rocket Punch」の活動を休止 過去のダイエット動画へ心配の声も
日本デビューが発表されたばかり。(2021/5/25)

桑野信義、術後の抗がん剤治療を中止「副作用に耐えられなくて」 “ストレスだらけ人生”を180度変え「模範囚の爺」へ
ブログ休止も併せて発表。(2021/5/18)

医療技術ニュース:
新型コロナの肺障害治療薬、後期第II相医師主導治験へ
東北大学を中心とする研究グループは、新型コロナウイルス感染症に伴う肺障害に対するPAT-1阻害薬TM5614の前期第II相医師主導治験を2021年3月に終了し、同年6月から後期第II相医師主導治験を開始する。(2021/5/18)

窪田製薬の“近視矯正メガネ”、2021年中に台湾でまず販売へ 価格は50万円以下に
窪田製薬ホールディングスが近視を抑制・治療する眼鏡型のウェアラブルデバイス「クボタメガネ」について、医療機器として台湾当局から製造許可を取得したと発表した。(2021/5/17)

だいたひかる「受精卵をお迎えに!」 乳がん治療中断して臨む不妊治療も“最終章”へ「一番サポートしてくれた夫に感謝」
最後の不妊治療に臨む心境をつづっています。(2021/5/14)

西郷輝彦、ステージ4の前立腺がん治療で豪へ 放射線&抗がん剤11回も「なんとかもう少しだけ仕事をさせて」
すでに日本を出発し、現在はシドニーで生活。(2021/5/13)

見えてくる日本行政のシステムへの向き合い方:
日本初の治療用アプリ開発陣が語る、「移り変わることが前提」な開発とは?
CureAppは2020年12月、開発した治療用アプリが日本で初めて保険収載され、同時に処方、販売を開始した。CureAppの開発陣に、治療用アプリの開発と、治療用アプリならではの事情について話を聞いた。(2021/5/18)

ずっと大切にしてきたぬいぐるみ、クタクタになって「捨てなさい」と言われ…… 治療してくれた“お医者さま”の漫画がすてき
心温まるお話です。(2021/5/6)

新型コロナ変異株は細胞に結びつく力が強い スパコン「富岳」が分析
理研が運用するスパコン「富岳」を使ったシミュレーションで、新型コロナウイルスの変異株が人の細胞と結合する力が、従来株よりも強くなっている仕組みが分かった。ワクチンや治療薬の研究に役立つと期待される。(2021/4/30)

愛する猫ちゃんが尿路結石寸前に……!? 治療に奮闘する飼い主と頑張る猫ちゃんの漫画が参考になる
早めに気付けて良かった……!(2021/4/27)

オワコンの威力:
「ハンコ、押しただけだから」 責任を取らない組織の治療薬
意味不明な、加害者の子供の将来やら人権をタテに犯罪をもみ消そうとする学校や教育委員会。不祥事があっても責任を取らない日本の組織。公務員など組織が巨大になればなるほど、トラブルがあっても誰も責任を取らずに済むようで。(2021/4/25)

元NHK登坂淳一アナ、貴重な“男性目線の不妊治療”をつづる 「周りの視線への不安感」と婦人科訪問のハードル告白
男性側からの発信は貴重。(2021/4/23)

小林礼奈、“重度の抑うつ状態”と診断される 投薬治療開始も「こんな事も明るく笑い飛ばしていきたいね」
小林さん「ちょっとずつ回復できるよう頑張ります」(2021/4/17)

入院中のアントニオ猪木、元気な姿で「ダァーーーー!!」 「苦しくて息が詰まって」とつらい時期も明かす
腰の治療のため1月から入院しています。(2021/4/14)

元NHK登坂淳一アナ、不妊治療経て妻の第1子妊娠を発表 “白髪のパパ”として子育て情報を発信予定
おめでとうございます!(2021/4/8)

「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
「病との異種格闘技戦に絶対勝つと信じてます!」という言葉も。(2021/3/29)

知識だけでは割り切れない“がん治療のリアル” エッセイ漫画「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?」原作者インタビュー
家族とともに、乳がんと向き合った5年間の体験を描いたエッセイ漫画。(2021/4/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。