ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「治療」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「治療」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

孫正義と医師が語る「ASI時代のがん治療」 AI活用で個別化医療の実現へ
ソフトバンクグループの会見では、孫正義会長兼社長とテンパスAI COOのRyan Fukushima氏、医師らを交え「ASI時代におけるこれからのがん治療のあり方」と題し、パネルディスカッションが開かれた。(2024/7/17)

KDDIら、最短1日間から申し込める「海外旅行保険」提供 au海外放題/世界データ定額ユーザー向け
KDDIらは、7月17日から「au海外放題/世界データ定額専用 海外旅行保険」を提供。海外データローミングサービスと旅行保険をシームレスに申し込め、治療/救援費用は5000万円、賠償責任は1億円を限度に補償する。(2024/7/16)

孫正義が描く、AI時代の医療 人工超知能「ASI」は業界をどう変える?
孫正義が、がん治療の最初に遺伝子検査すべきと信じる理由とは――。人工超知能「ASI」は業界をどう変えるのか?(2024/7/13)

Innovative Tech:
肥満治療薬の仕組み なぜ一口食べる前から満腹を感じる? 「食前満腹感」を引き起こす脳の仕組みを解明
韓国のソウル大学校や米UT サウスウェスタン・メディカル・センターなどに所属する研究者らは、肥満治療薬が食事を一口も口にしていないのに満腹感を引き起こす不思議な現象の背後にあるメカニズムを特定した研究報告を発表した。(2024/7/9)

「病による悲しみ減らしたい」と孫正義氏 SBG、がん治療プラットフォームの米Tempusと合弁会社設立
ソフトバンクグループは6月27日、AI医療事業を手掛ける米Tempus AIと提携し、日本で新会社「SB TEMPUS」を設立すると発表した。TEMPUSは、AIを活用したがん治療診断プラットフォームを提供しており、すでに米国の2000以上の病院がサービスを導入。米国のがん患者の半数にあたる770万人がTEMPUSのプラットフォームを使った診断を受けているという。(2024/6/27)

いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
信頼してくれてありがとう。(2024/6/22)

大山加奈、40歳の誕生日に“3人目”への思い「考えれば考えるほど正直厳しい」 不妊治療経て2021年に双子出産
現在は3歳になった双子たち。(2024/6/19)

医療技術ニュース:
新しく生まれた神経の回路への組み込みにより、トラウマ記憶が減弱する
九州大学は、マウスを用いた実験で、海馬の神経新生の増加と神経回路への組み込みがトラウマ記憶の忘却を促し、PTSDに類似した症状を減弱させることを明らかにした。新たなPTSD治療法への応用が期待される。(2024/6/3)

下咽頭がん公表の見栄晴、治療の副作用で「ボタンが閉まらなくなる程に…」 最新ショットで変化を公開→「けっこう長く残るのですね」の声
「とうとうYシャツの1番上のボタンが閉まらなくなる程に…」(2024/5/28)

“がん治療”のため荒れてしまった庭…… ボランティアが“12時間”かけて大変身させる様子に「オーストラリアの奇跡」と称賛
今にも草木に乗っ取られそうな家だ。(2024/5/26)

医療技術ニュース:
米ぬか由来ナノ粒子の抗がん作用を確認
東京理科大学は、米ぬか由来ナノ粒子が優れた抗がん作用を示すことを明らかにした。未利用バイオマスを原料とする、安価で安全な新しいがん治療薬の開発につながることが期待される。(2024/5/20)

爆速で回復してくれそう! 野球の試合の選手治療中に流れたBGMに「これは良い」「センス感じる」の声
この音楽は……!(2024/5/18)

板野友美、“ガタガタ歯”気にかかり裏側矯正へ トレードマークの八重歯もこだわり「自然にキレイにしてもらいました」
数年前に八重歯は治療済みとのこと。(2024/5/17)

緑内障の早期発見へゲームアプリと医療行為を連動 東北大などが日本初の試み
失明率の高い緑内障の早期発見・治療を可能にするため、東北大と仙台放送、日本生命、仙台市は16日、視野をチェックできるスマートフォン用のゲームアプリ「メテオブラスター」VR版と移動眼科検診を連動させた取り組みを5月からスタートすると発表した。ゲームアプリと医療行為を一体化させるのは日本初の試みという。(2024/5/17)

医療技術ニュース:
機能的治癒が期待できるB型肝炎の新薬開発に成功
熊本大学は、血液中のHBs抗原およびB型肝炎ウイルスの複製を抑制する、強力で経口投与可能な新規低分子化合物「SAG-524」を開発した。新たなHBV治療法への応用が期待される。(2024/5/13)

見栄晴、治療の副作用で「ジャミラの様にハッキリと腫れている」 首に変化が現れる
4月20日放送の「競馬予想TV!」で復帰していました。(2024/5/8)

医療技術ニュース:
生体深部を観測できる短波赤外蛍光色素を開発、がん診断への応用に期待
北海道大学は、短波赤外蛍光イメージングの医療応用に向けた蛍光色素の開発に成功した。生体深部の観測が可能になるため、がん診断やがん治療への応用が期待される。(2024/5/2)

医療技術ニュース:
高エネルギー電子線をレーザーで発生、より安全ながん治療装置の確立へ
量子科学技術研究開発機構は、細孔が多数開いたガラス板へのレーザー光照射により、放射線の1種である高エネルギー電子線が発生することを実証した。がん治療に用いる内視鏡型電子線発生装置への応用が期待される。(2024/4/24)

キャリアニュース:
介護や治療と仕事の両立支援制度、取得促進を「何もしていない」が約4割
月刊総務が「育児や介護、治療と仕事の両立支援についての調査」の結果を発表した。「介護」と「治療」については、両立支援制度の通知や取得促進を約4割が「何もしていない」と回答した。(2024/4/18)

下咽頭がん公表の見栄晴、「競馬予想TV!」に約3カ月ぶり復帰へ 3度の抗がん剤治療&35回の放射線治療を終了
約3週間の経過観察と医師による診断を受け復帰。(2024/4/18)

ドバイ移住の小泉里子、“不妊治療の卒業”を決断 「あと1年頑張ったら……」「一生抜けれない迷路」と心境を赤裸々につづる
「諦めるものの大きさがどれほどのものか」(2024/4/12)

「49歳の高齢出産」小松みゆき、娘が幼稚園へ“涙の初登園”で感慨 苦難の不妊治療経て早3年「こんなに寂しいものか」
「娘の門出に嬉しいばかりと思っていたのに……」(2024/4/9)

松井玲奈、歯の治療により「顔腫れてた」報告→ファン驚き「え、顔腫れててその可愛さ?!」
ファン「腫れても可愛い玲奈さん」(2024/4/3)

医療機器ニュース:
ハキム病の早期診断へ、脳脊髄液腔領域を抽出するAI技術を開発
富士フイルムは、MRI画像から、くも膜下腔の不均衡分布に関係する脳脊髄液腔の各領域を抽出するAI技術を開発した。早期発見と早期治療が重要となる、ハキム病の診断精度向上が期待される。(2024/4/3)

アン・ハサウェイ、過去の流産を告白 不妊治療を公表した真意は「妊活中に感じた苦しみ考え」「不必要に孤立している」
赤裸々に語る理由。(2024/3/26)

下咽頭がんステージ4の見栄晴、3度目の退院を報告 「顔色いいですねー」「お元気そうで良かった」の声届く
抗がん剤治療のため再入院していました。(2024/3/25)

医療機器ニュース:
炎症性腸疾患治療薬の製造ラインを増設、製造能力が3倍に
武田薬品工業は、山口県の光工場に炎症性腸疾患治療薬「Entyvio」の新製造ラインを増設し、商用稼働を開始した。投資額は約70億円。同工場のEntyvio製造能力はこれまでの3倍以上になる見込みだ。(2024/3/25)

PayPayほけん、月額490円からのペット保険「これだけペット」提供 保護犬&保護猫も入りやすく
「PayPayほけん」ミニアプリから加入できるペット保険「これだけペット」を提供開始。月額490円(税込み)から加入でき、ペットが動物病院で治療を受けた場合に、治療費の一定割合(補償割合)を保険金として支払う。(2024/3/21)

がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
見栄晴さん「初めてお肌ケアしています」(2024/3/14)

医療機器ニュース:
希少がんである神経膠腫の画像評価精度を向上させるAI技術を開発
富士フイルムと国立がん研究センターは、MRI画像から神経膠腫の疑いのある領域を精密に抽出するAI技術を開発した。神経膠腫の治療前画像を高精度に評価できるようになるため、早期発見や診断精度の向上に役立つ。(2024/3/13)

34歳の現役アイドル、不妊治療の末に第1子妊娠「産休できるアイドルユニット最高!」 同僚にはシングルマザーも
2023年10月にアイドルデビュー。(2024/3/2)

半年間活動休止のスパガ萩田帆風、治療のため芸能活動終了 卒業ブログを更新「文面で伝える事になってしまって」
ファンへの思いをつづっています。(2024/2/29)

下咽頭がんの見栄晴、抗がん剤治療の副作用で顔がパンパンに 「体重が4〜5kg増え顔、足、手がむくんでいます!」
2月26日に抗がん剤治療のため再入院したことを明かしていました。(2024/2/29)

医療機器ニュース:
プエルトリコ工場に新棟建設、血管内治療用デバイスの生産力向上へ
テルモは、血管内治療用の止血デバイス「アンジオシール」の生産能力向上を目的に、プエルトリコ工場に新棟を建設する。新棟建設と生産設備導入に関する投資額は約3000万ドルだ。(2024/2/28)

下咽頭がんの見栄晴、抗がん剤治療で「大量に抜け始めました」 「『髪の毛が抜けて薄くなってる?!』と思った方…残念」
2月26日には再入院したことを報告していました。(2024/2/27)

白血病の闘病&入院中に体重「7キロ減」 衝撃告白したアレクの“弟的存在”タレント「胃下垂だから太りにくいんだと」「食欲も減って」
退院後は投薬治療を続けているネイボールさん。(2024/2/27)

肥満症治療薬「ウゴービ」2月22日発売 増えるオンライン診療、適正使用は守られるか
国内では約30年ぶりとなる医療用肥満症治療薬が2月22日、発売される。デンマーク製薬大手ノボノルディスクファーマが開発した「ウゴービ」だ。一方、2023年から同様の成分を持つ糖尿病治療薬が美容目的で使われる例が増加。「必要な患者に届いていない」として日本医師会は警鐘を鳴らし、専門家はウゴービでも適切な利用を呼びかける。(2024/2/21)

乳がん闘病のブラザー・コーン、“顔の一部”のアートメイクにご満悦 治療で全身の毛失い「せめてなんとかしたいと」
かっこいい!(2024/2/21)

登録者数50万超のYouTuber、白血病治療で無精子症公表も「子ども作らないの?」の声 「研がれた刃を突きつけてる」と苦言
2019年に急性前骨髄球性白血病を発症した渥美さん。(2024/2/16)

医療技術ニュース:
安全性が高く、高効率なアレルギー治療用経口ナノ粒子製剤を開発
慶應義塾大学と九州大学は、アレルギー治療に用いることが可能な、安全性および治療効率の高い経口ナノ粒子製剤の開発に成功した。これまで適用が難しかった、重症患者や乳幼児も適用できる可能性がある。(2024/2/1)

がん治療の副作用で髪にコンプレックスをもつ仏人高校生が、日本の美容室に行き…… 「泣きそう」と感動しっぱなしの劇的変化が170万再生
外見と内面の変化に注目!(2024/1/30)

すい臓がんステージ4の森永卓郎、最悪な状態脱するも“致命的なミス”……3000万円の治療費巡り「私が払わないと」「深く考えてなかった」
「給付金が会社に行っちゃうんです」(2024/1/29)

32歳ですい臓がん“ステージ4”YouTuber、抗がん剤治療やりきり療養へ「体力の貯金がなくなって」 “飲酒許可”には笑顔
がんの根治を目指した大手術後、再発防止の抗がん剤治療もやりきったそうです。(2024/1/28)

見栄晴、下咽頭がんステージ4 治療のため芸能活動休止に「ビックリしました」「絶対に戻ってきて下さい」とエール
「競馬予想TV!」で発表しました。(2024/1/28)

遠野なぎこ、「誰との約束も守る性格」で治療進展に誓い “ギリアウト”な体重事情にも言及
「『よく頑張りましたね』って。先生に褒められたよ〜っ」(2024/1/26)

“両目失明危機”のホラー漫画家、術後の様子に浜田ブリトニー「少しずつ光も見えるように」 近影公開
今後の治療次第とのことです。(2024/1/25)

あのね……こうなった! 「ちいかわ」スタンプで伝える歯医者の治療結果に「表現がかわいい」「すごい分かりやすい」の声
なぜか伝わる。(2024/1/24)

医療技術ニュース:
精神科のオンライン診療は、対面診療と同等の治療効果があることを証明
慶應義塾大学ら19機関が参加した共同研究グループは、国内初の無作為化比較試験により、精神疾患に対するオンライン診療の治療効果が、対面診療と同等であることを明らかにした。(2024/1/18)

八代亜紀さんが死去、73歳 難病の治療に励むも容態急変 「最期まで八代亜紀らしい人柄」療養期間の様子明かす
八代さんの「強い遺志」により、事務所スタッフのみで葬儀を執り行ったとのこと。(2024/1/9)

山口達也、入院治療後初のテレビCMで“新しいスタート” 青空の下みせた笑顔に「声聴いたの久しぶりすぎて泣きそう」
すてきだ。(2024/1/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。