ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「週刊」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「週刊」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
どういうこと?(2021/12/6)

「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
「訴えてやる!」と法的処置を示唆。(2021/12/2)

「ラランド」サーヤ、週刊誌の質問状に相方・ニシダの熱愛報道を暴露 斬新でユーモアあふれる対応にファン爆笑
面白ろすぎる。(2021/11/25)

小林麻耶、一部メディア記者らの行動に恐怖「尾行されて怖かった」 許可のない取材行為に強い訴え
水川あさみさん、戸田恵梨香さん、藤本慎吾さんも週刊誌報道に激高。(2021/11/22)

正常な感覚が摩耗:
うのみにしてはいけない「販売好調」 新築マンション売主が「不振です」など言うわけがない
先日、ある週刊誌から電話の取材を受けた。今、日本で販売されている最大規模の新築マンションについて、今後の販売がどうなるのか…といったようなことをたずねられた。(2021/11/17)

「まともに取材もできないのか」 花田優一、女性巡る週刊誌報道に激高 “半同棲状態”の指摘に「いい加減にしろよ」
「適当なことばっかり書く」とも。(2021/11/3)

オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
お見事。(2021/10/28)

週刊誌報道キターッ!! 山本高広、次々出てくる“関係者”に「誰だよ」「僕は芸人友達い〜ま〜せん!!」
芸人と声優の「二刀流職人芸」を宣言している山本さん。(2021/10/28)

上野樹里、水川あさみと戸田恵梨香の一部週刊誌報道への抗議に称賛 「私もつらい時期あったよ」「長澤まさみちゃんと仲悪いとか共演NGとかさ」
「違和感に疑問を持つことから始めてほしい」と受け取る側へのメッセージも。(2021/10/27)

水川あさみの事務所、週刊誌の“臆測記事”へ「しかるべき措置」 断固たる態度にネットでは「全面的に支持」
一部週刊誌が水川さんと戸田恵梨香さんの不仲を報道。(2021/10/27)

水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
Instagramで思いをつづっています。(2021/10/27)

UUUM鎌田社長、役員報酬10カ月間自主返納へ 不倫報道「おおむね事実」
UUUMは一部週刊誌による同社の鎌田和樹社長を巡る不倫報道に関して「おおむね事実であることを確認した」として、謝罪した。また、鎌田社長から10カ月間の役員報酬を自主返納する申し出があり、受理したことも併せて発表した。(2021/10/19)

松田龍平、週刊誌に「厳重に抗議いたします」 違法薬物事犯の被告人と“親密な関係”と報道
該当人物と写った写真について弁明。(2021/9/28)

今日書きたいことはこれくらい:
『らんま1/2』の「あかねの髪形変更」というイベントが割り込み展開のはずなのに自然な流れ過ぎてすごいという話
これで「週刊連載が始まってからの急な路線変更だった」という驚き。(2021/9/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
『文春』と『新潮』が中づり広告から撤退、それでも車内広告に未来はある
「週刊文春と週刊新潮が中づり広告を終了する」と8月17日報じられた。電車で中づりで政治や芸能の旬な話題がひと目で分かったものだが、スマートフォンの普及で下を向く人が増えた。確かに大手2社の撤退は転機になるだろう。しかし、中づり広告は廃れるかといえば、そうでもなさそうだ。(2021/8/20)

週刊文春、週刊新潮が中づり広告終了へ
「週刊文春」と「週刊新潮」の編集部は17日、電車内の中づり広告を終了することを明らかにした。文春は8月26日発売号、新潮は9月末が最後となる。両誌は今後、デジタル事業の強化を図る。かつては通勤や通学の電車内で目を引く存在だった週刊誌の中づり広告だが、各誌がインターネットに力を入れる中、その存在感は薄まっている。(2021/8/18)

週刊「Honda NSX」17日創刊 来年生産終了する“国産スーパーカー”を8分の1サイズで
デアゴスティーニ・ジャパンはホンダの高級スポーツカー「NSX」の8分の1サイズ・ダイキャストモデルを作るマガジン「Honda NSX」を8月17日に創刊する。(2021/8/3)

小倉優子、週刊誌報道に「当たり前ですが、私の働いたお金で生活しています」 7月に月の食費「15万円」と公表
“数千万も使い果たした”との報道に「悲しいです」(2021/8/3)

人気まんが「ゴールデンカムイ」全話無料公開 アプリとWebサイトで 9月17日まで
集英社は29日、「週刊ヤングジャンプ」で連載中の人気まんが「ゴールデンカムイ」をWebコミックサイト「となりのヤングジャンプ」とスマートフォンアプリ「ヤンジャン!」で無料公開した。(2021/7/29)

有村架純の所属事務所、週刊誌の“力士と交流”記事に強く抗議 「全くの事実無根」「法的措置を取る予定」
SNSでは明生関を気の毒に思う声も。(2021/7/27)

「呪術廻戦」連載再開 8月2日発売の35号で
集英社「週刊少年ジャンプ」編集部は16日、漫画「呪術廻戦」の連載を8月2日発売の35号から再開すると発表した。(2021/7/16)

IMALU、歯に衣着せぬ週刊誌記者に困惑 父・明石家さんまの財産について「私によこせって思いませんか? だと……笑」
さんまさんのテレビでの発言について意見を求められたとのこと。(2021/7/8)

山本裕典、3月ぶりにインスタ更新 ファンクラブ閉鎖理由を説明も、女性問題巡る週刊誌報道には触れず
2017年に引退し、2019年に復帰。(2021/7/1)

紆余曲折を経て「はじめの一歩」電子版“解禁” マガジン電子版でも連載へ
講談社は23日、「週刊少年マガジン」の看板連載「はじめの一歩」の電子版を発売すると発表した。週刊少年マガジン電子版でも31号以降にはじめの一歩を掲載する。(2021/6/23)

掲載中止にできる?:
社長のスキャンダルが週刊誌ネタに──企業が事前に対応すべきこととは?
当社の代表がスキャンダルを起こし、週刊誌に取り上げられることになりました。週刊誌から、掲載前に取材を受けることになりましたが、事実とは異なる内容まで報じられてしまうようです。どのような対応を取るべきでしょうか?(2021/6/23)

人気漫画「呪術廻戦」、作者体調不良で1カ月休載へ 編集部からの提案に「時代は変わった」の声
集英社「週刊少年ジャンプ」編集部は6月10日、連載漫画「呪術廻戦」を次号からしばらく休載すると発表した。作者の芥見下々(あくたみげげ)さんの体調不良が理由。(2021/6/10)

エレンが異世界転生する「進撃の巨人」全面広告、新聞朝刊に 諫山先生の描き下ろし
週刊少年マガジン編集部は9日、「進撃の巨人」最終34巻の発売に合わせて朝日新聞の朝刊に全面広告を掲載した。作者の諫山創さんが描き下ろした。(2021/6/9)

「全巨人が泣いた」 長さ45.6mの超大型ビジョンで「進撃の巨人」スペシャル映像
週刊少年マガジン編集部は「進撃の巨人」最終34巻の発売を前にJR新宿駅でスペシャルムービー「感激の巨人」の放映を始めた。(2021/6/7)

新庄剛志、脅迫DMさらし説教「人間として情けない!!」 週刊誌報道も早々にネタ扱いで“新庄伝説”に新たな1ページ
同日に温泉デートが報じられていました。(2021/6/1)

高橋留美子さん公式Twitterアカウント開設 「ネット弱者の私に代わって担当編集が」
漫画家の高橋留美子さんが公式Twitterアカウント「高橋留美子情報」を開設。週刊「少年サンデー」編集部のスタッフと協力して運営する。(2021/6/1)

賀来賢人、写真週刊誌による“子どもの盗撮”に警告 「私は本当に怒ります」「もうやめてくれませんか?」
正しいことしか言ってない。(2021/5/3)

水平思考(ねとらぼ出張版):
これは「あなた」に向けて書かれた本だ 『2016年の週刊文春』を読んでなぜ文春は強いのかについて考える
ブログ「水平思考」のhamatsuさんによる不定期コラム。今回は書籍『2016年の週刊文春』を紹介。(2021/5/1)

ビジネス漫画のヒット術:
『ヤングジャンプ』編集者に聞く、スタートアップ漫画『スタンドUPスタート』ヒットの舞台裏
『週刊ヤングジャンプ』に連載中の『スタンドUPスタート』は、生きづらさを感じている人たちが「スタートアップ(を起業)しよう!」と主人公から誘われ、起業を通して自由な生き方を獲得していく漫画で、スタートアップをテーマにした点で注目を集めている。集英社の『週刊ヤングジャンプ』副編集長の春日井宏住氏と担当編集の塚本剛平氏などにヒットの舞台裏を聞いた。(2021/4/29)

週刊「ナイトライダー」創刊 8分の1スケール「ナイト2000」を全110号で キットの名セリフも聞ける
デアゴスティーニ・ジャパンは、1980年代の米国ドラマ「ナイトライダー」に登場するスーパーカー「ナイト2000」を作る「週刊ナイトライダー」を6月に創刊する。(2021/3/24)

石川温のスマホ業界新聞:
「NTTが総務省・政務三役とも会食」と週刊文春が報道――NTTと総務省幹部の失脚で、日本の通信の未来はどうなる?
文芸春秋の週刊誌「週刊文春」が、NTT(日本電信電話)と総務省の官僚や政府関係者との「会食」について毎週新たな情報を報じている。その影響で、総務省では幹部の異動が生じており、NTTも何らかの影響を受けるのは不可避な情勢となりつつある。今後、日本の通信行政はどうなっていくのだろうか。(2021/3/19)

NewsPicks Studios金泉俊輔CEOに聞く【後編】:
40代で出版社からWebメディアにミドル転職 元週刊誌編集長がNewsPicksで追い求める新しいメディアの形
ビジネスパーソンを中心に500万人以上の会員を擁する経済ニュースメディア「NewsPicks」。他メディアのニュースを選別して配信する「キュレーション」のほか、独自で経済ニュースや経済番組を制作しインターネットで配信し、右肩上がりで有料会員を増やし続けてきた。独自のビジネスモデルやブランド戦略はいかにして成功したのか。NewsPicks執行役員で「NewsPicks Studios」CEOの金泉俊輔氏にインタビューした。(2021/3/5)

大きなダメージ:
「社長は不倫してないが、コンプラ上の問題があった」 写真週刊誌の報道を受け、静岡新聞社と静岡放送が謝罪
静岡新聞社と静岡放送はおわび文を発表した。写真週刊誌が大石剛社長と同局のアナウンサーの不倫疑惑を報じたことを受けての対応。取材に対して担当者は不倫関係を否定したが、コンプラ上の問題があったと認めた。(2021/3/5)

声優の照井春佳、棋士の平田智也七段と結婚 出会いは『週刊碁』の取材「この人と生きていきたい」
照井さんは2020年7月にアマチュア初段を取得しました。(2021/3/3)

「取材も一切していない」 元俳優・成宮寛貴、自身の警察沙汰を報じる『週刊女性』を“ガセネタ”だと一蹴
嫌がったにもかかわらず、写真を勝手に撮られたとも。(2021/3/2)

漫画『呪術廻戦』が3600万部を突破 新刊は初版150万部
週刊少年ジャンプ連載作の勢いが止まらない。『鬼滅の刃』をほうふつとさせるペースで部数を伸ばしている。(2021/3/2)

長瀬智也の“病院送り報道”、『週刊女性』発行元が訂正と謝罪「事実の確認はできませんでした」
1月にもSnow Man・宮舘涼太さんの報道の件で謝罪しています。(2021/3/2)

福原愛、別居報道が過熱「つけられて気が滅入りそう」 週刊誌記者に苦言「直接聞きにきてくれたらいいのに」
現在は台湾から帰国中。(2021/3/1)

漫画『鬼滅の刃』 紙の海賊版がメルカリなどで流通 集英社が注意喚起
週刊少年ジャンプの公式Twitterで発表。正規品との「見分け方」を公開している。(2021/2/18)

新婚の夏菜、『週刊ヤングジャンプ』表紙で大胆なランジェリー姿を披露 「ドっキドキしております」
1月16日に結婚したばかり。(2021/2/18)

ノンスタ石田、写真週刊誌に“まさかのお願い” 家族写真の買い取り希望に「発想が面白い」「そう来たか」と反響
記者もビックリでは?(2021/2/13)

「どついたろか!」 高橋英樹、“俳優業引退”を報じた週刊誌を一蹴
「引退」のいの字もなさげ。(2021/2/9)

全高75cm、口からミストを噴射する「マジンガーZ」を作る本 アシェットが創刊
アシェット・コレクションズ・ジャパンが週刊「鉄の城 マジンガーZ 巨大メタル・ギミックモデルをつくる」を2月24日に創刊。全100号。(2021/2/4)

漫画『呪術廻戦』が異例の売れ行き 40日で1000万部上乗せ、累計2500万部突破
週刊少年ジャンプの連載作がアニメ放送を機に人気爆発。(2021/1/26)

自動車業界の1週間を振り返る:
個人間カーシェアに水を差す不正、EVの普及に水を差したい週刊誌
おはようございます。土曜日です。1週間、お疲れさまです。1月の終わりが近付いてきました。ぬるぬると時間が通り過ぎていくのは、2020年と変わらないように感じます。「気が付いたらもう○月」とならないように日々の過ごし方を変えたいですが、何をどうしたらよいのか見当もつきません。さて、1月21日にカーシェアリングに関して気になる発表がありました。(2021/1/23)

週刊「『西部警察』マシンRS-1をつくる」創刊 全長58センチ 動く! 光る!
往年のアクションドラマ「西部警察」シリーズで活躍した、大門軍団のスーパーパトカー「RS-1」のビッグモデルを組み立てる「西部警察 MACHINE RS-1 ダイキャストギミックモデルをつくる」が創刊。(2021/1/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。