ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「雑誌」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!雑誌→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で雑誌関連の質問をチェック

関連キーワード

園子温監督、性加害疑惑を報道した週刊誌を提訴 「事実と異なる点が多々ございます」
芸能界では現場での問題やトラブルが相次いで告発されています。(2022/5/19)

『週刊少年マガジン』表紙に花澤香菜、竹達彩奈ら「五等分の花嫁」ヒロイン声優が勢ぞろい!
映画「五等分の花嫁」は5月20日公開。(2022/5/18)

誰かと思ったよ! 「ニューヨーク」嶋佐&屋敷、美容雑誌『VOCE』と新宣材写真撮影でモデル級の仕上がりに
モデルのポートレートみたいに仕上がってる。(2022/5/18)

レストランで雑誌に載った“推し”を愛でる女性客、店員はクールに対応するも…… 会話の意味が分かるとキュンキュンする漫画にときめきが止まらない
一体どうなっちゃうの〜!?(2022/5/17)

Computer Weekly日本語版
創業者も予想できなかったRaspberry Pi活用例
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/5/13)

FAニュース:
最新NC装置を搭載したコンパクトマシニングセンタ、工具の交換時間を短縮
ブラザー工業は、コンパクトマシニングセンタ「SPEEDIO」の新モデル5種を発売した。新たなNC装置の搭載や28本マガジン仕様の追加などにより、加工の多様化や生産性向上を図っている。(2022/5/11)

のりもの大好きキッズ向けマガジン「最強のりものヒーローズ」電子版の配信が開始
「ちょっと時間ができてしまった」「持ってきたおもちゃが足りない……」というパパさんママさんに。(2022/5/11)

昭和の「成人向け雑誌自販機」の模型がまさかの商品化→「昼間は中身が見えないやつ」「通学路にあってドキドキした」と懐かしむ声
思えばすげえ時代だったな。(2022/5/11)

女性約1000人にアンケート:
美容に関する情報収集、10年前は「雑誌」が最多 現在のトレンドは?
顧客満足度向上プラットフォーム「ファンくる」を運営するROIは美容のトレンドについての意識調査を実施した。その結果、美容情報については「Instagram」で収集する人が一番多いことが分かった。(2022/5/10)

雑誌付録のRaspberry Pi Picoも
写真で見るRaspberry Pi史:ジャンパー線まみれのプロトタイプ・ラズパイ公開
開発段階のプロトタイプラズパイ、雑誌に添付されたラズパイPico、国際宇宙ステーションで超小型衛星に組み込まれたラズパイなど、ラズパイ10年の歴史を写真で振り返る。(2022/5/6)

JR東京駅・グランスタ八重北に「dancyu食堂」がオープン コンセプトは“毎日通いたくなる”
雑誌「dancyu」が初プロデュースする飲食店、運営はCLASSIC INC.。(2022/4/28)

Computer Weekly日本語版
5Gではスペック不足 既に始まっている“6G”開発競争
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/4/21)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ eマガジン 春」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2022/4/6)

Computer Weekly日本語版
限界に近づくCPU&サーバの電力密度 Intelが出した結論とは?
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/4/7)

Computer Weekly日本語版
ランサムウェア事例 2000台のPCを24時間で復帰させた方法
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/3/18)

アニメ3誌「鬼滅の刃」で異例のコラボ それぞれの4月号を並べると1枚のイラストに
アニメ雑誌の3誌を並べると表紙がつながって1枚の“鬼滅”イラストに──出版社の垣根を越えた初のコラボレーションが注目を集めている。(2022/3/3)

Computer Weekly日本語版
キオクシアがあえてSLCを採用した納得するしかない理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/3/3)

dマガジン&Fujisan.co.jpが「3.4 雑誌の日」キャンペーン 最大3400ポイントを付与
NTTドコモの電子雑誌の定額読み放題サービス「dマガジン」と、富士山マガジンサービスが「3.4 雑誌の日」キャンペーンを開催。最大3400ポイントのdポイントや定期購読1年分をプレゼントする。(2022/3/1)

総広告費も2桁成長:
2021年のネット広告費2.7兆円、初の「テレビ・新聞」超え 電通調査
電通が発表した「2021年 日本の広告費」で、21年のインターネット広告費が2兆7052億円(対前年比121.4%)となり、マスコミ4媒体(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告費(2兆4538億円、同108.9%)を初めて上回ったことが分かった。(2022/2/24)

Computer Weekly日本語版
クレジットカード番号は解読可能 身を守る方法は「たった一つ」
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/2/18)

板野友美、出産から4カ月で雑誌表紙へ 見つめ合う赤ちゃんに“ママの顔” 「我が子とも撮影出来たら」
娘の育児にてんてこまいの日々だそうです。(2022/2/16)

Computer Weekly日本語版
MacとLinuxが「Windows 11」の代替案になり得ない理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/2/4)

Go AbekawaのGo Global!〜Carlos Planter編(前):
恐竜かプログラミングか、それが問題だ
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はmedibaのCarlos Planter(カルロス・プランテル)氏にお話を伺う。小さなころから日本のアニメやゲームに親しんでいたプランテル氏が「Web開発者の道」を意識し始めたのは1冊の雑誌がきっかけだった。(2022/3/9)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「MacはLinuxだった」って本当? 「そうだね……」元Mac雑誌編集者は昔語りを始めた
Twitterで「MacはLinuxだった」という発言が流れてきて話題になっていた。古参編集者がいろいろ思い出したので、昔のことを話してみた。(2022/1/26)

Computer Weekly日本語版
「監視ソフト入り業務端末」が招く悲惨な結末
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/1/21)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
雑誌・書籍読み放題からソフトサブスク、クリエイターパトロンまで、何使ってる?
映像系、音楽系に続く、サブスクに関する状況をまとめるシリーズ第3弾は「その他」。(2022/1/19)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ eマガジン 2022 冬」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2022/1/17)

カチャカチャ音を立てるリロードがイカす 最大7発装填できる「マガジン式ゴム銃」
BOOTHで販売も行われています。(2022/1/16)

Computer Weekly日本語版
SSDでRAIDを組む意味はあるのか?
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/1/7)

ヤングマガジン新連載のNFT作品、約12時間で完売
 NFTプラットフォーム「Kollektion」を提供するKLKTN Limited(香港)は12月28日、同プラットフォームに掲載中のヤングマガジン新連載のNFT作品が、販売開始後約12時間で完売したと発表した。(2022/1/5)

アレク&川崎希、家族パーティーで1歳長女のサンタコス披露 舌出し“美人ちゃん”の着こなしに「可愛すぎてびっくり!!!」
モデルとして雑誌の表紙を飾った長女。(2021/12/25)

引きこもり男性が通販で買った「怪しい黒魔術グッズ」 奇妙なホラー漫画がゾクリと来るオチ
昔は雑誌の広告欄で、今でも検索すると色々出てきます。(2021/12/24)

1322人に聞く:
「IQOS」や「glo」の最新型を使っている人の割合は?
コンセプトワークスが運営する加熱式たばこマガジン「モクログ」が、全国の加熱式たばこユーザーを対象に、使用しているデバイスについての調査を実施した。(2021/12/22)

宝島社から初の「付録福袋」が登場 好きなファッション雑誌などから選べる4ジャンルをラインアップ
これはお得感ある!(2021/12/22)

Computer Weekly日本語版
管理者を悩ませるWindows 11の移行時期とVDI問題の「正解」
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/12/17)

「可愛いって言われるのが大好き」 川崎希、1歳娘“美人ちゃん”と雑誌表紙へ 愛らしさいっぱいのしぐさに「すべて完璧」の声も
夫・アレクさんは残念なことに中ページ。(2021/12/15)

FAニュース:
工具段取り時間を約50%短縮する、工具マガジン専用の操作パネルを発売
DMG森精機は、工具マガジンに配置した工具マガジン専用「マガジン操作パネル」を発売した。工具段取りに必要な全ての操作をタッチ式パネルですぐに実施できるため、工具段取り時間を従来の仕様に比べて約50%短縮する。(2021/12/14)

『大人の科学マガジン』から「自分で作る卓上ロボット掃除機」登場 2012年の名作ふろくを令和に復刻
部品や説明書と一緒に、機構を解説したガイドブックも同封しています。(2021/12/11)

SFマガジン、予定していた「幻の絶版本」特集を中止に 企画発表後「複数の方から不快感」
「絶版の書籍が生まれている状況に対して、出版社としてあまりにも無自覚で、配慮が足りなかった」と謝罪しています。(2021/12/8)

「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
どういうこと?(2021/12/6)

Computer Weekly日本語版
次世代ストレージ&メモリを激変させるあの「凄い技術」
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/12/3)

「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
「訴えてやる!」と法的処置を示唆。(2021/12/2)

「ラランド」サーヤ、週刊誌の質問状に相方・ニシダの熱愛報道を暴露 斬新でユーモアあふれる対応にファン爆笑
面白ろすぎる。(2021/11/25)

小林麻耶、一部メディア記者らの行動に恐怖「尾行されて怖かった」 許可のない取材行為に強い訴え
水川あさみさん、戸田恵梨香さん、藤本慎吾さんも週刊誌報道に激高。(2021/11/22)

Kindle Unlimitedで「ブラックフライデー3カ月99円キャンペーン」開催 ベストセラーの書籍や雑誌、漫画が読み放題
申し込み期間は12月2日23時59分まで。(2021/11/19)

dマガジン、700誌が3日間読み放題の「雑誌ヨみまくり3DAYS」 11月30日まで
NTTドコモは、電子雑誌の読み放題サービス「dマガジン」7周年を記念した「雑誌ヨみまくり3DAYS」を開催。dマガジンのアプリをインストールすれば、700誌以上が3日間無料で読み放題となる。(2021/11/18)

合計月額660円:
ドコモが「エンタメいちおしパック」を11月17日から提供 いちおしパックに110円の追加で厳選した動画/雑誌が見放題に
NTTドコモが、「いちおしパック」のオプションサービスとして「エンタメオプション」を追加する。このオプションを契約すると、厳選した映像作品や雑誌が見放題となる。(2021/11/12)

Computer Weekly日本語版
いまさら聞けないSIEM/SOAR それって何? どっちを使う?
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/11/12)

小林麻耶、新たな仕事決まり笑顔のショット公開 「元気そうなお顔が見れて嬉しい」「応援しています」などファンからエール
ビジネスインタビューマガジン『B.S.TIMES』でインタビュアーとしての仕事が決定。(2021/11/11)

「まともに取材もできないのか」 花田優一、女性巡る週刊誌報道に激高 “半同棲状態”の指摘に「いい加減にしろよ」
「適当なことばっかり書く」とも。(2021/11/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。