ニュース
» 2004年05月10日 16時04分 公開

高速ゲームアプリを実現、新仕様の256KアプリVer.2

[斎藤健二,ITmedia]

 ボーダフォンの「V602SH」「V601T」では、新しいVアプリ仕様である「256Kアプリ Ver.2」に対応する。

 容量こそ「J-SH53」「V601SH」と同等の256Kだが、内部的には新仕様となっており、ver.2対応アプリは上記の2機種専用となる。

 東芝製のグラフィックスアクセラレター「T4G」とエイチアイの「Mascot Capsule Ver.4」を搭載しており、リアルで高速なゲームアプリが実現できる。仕様としては、各アプリのデータ保存領域に当たるレコードストア容量が無制限となり、SDカードなどの外部メディアにもアプリからアクセス可能となる。

 この2機種を皮切りにVer.2対応の機種が増加する見込み。また従来のVアプリ仕様同様(2003年10月1日の記事参照)、「遠くないうちに(仕様の)一般公開も行う」(ボーダフォン)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう