イー・アクセス、TD-SCDMA(MC)の実測データを公開

» 2004年06月14日 16時08分 公開
[杉浦正武,ITmedia]

 イー・アクセスは6月14日、実験を進めている次世代モバイルブロードバンド技術「TD-SCDMA(MC)」の実測データを公開した。1基地局あたりの収容能力を示す“セクタスループット”は、基地局から2キロ地点で4.65Mbpsという結果が出た。

 イー・アクセスは5月28日に実験局本免許を取得しており(4月21日の記事参照)同社ビル屋上に基地局を設置して実験を行っている。今回、同社から2キロ程度離れた三田2丁目付近に3端末を用意し、定点スループット測定を行った。結果は以下のとおり。

端末 端末1 端末2 端末3 セクタスループット
下り平均 1.65Mbps 2.03Mbps 0.964Mbps 4.65Mbps
 3台で通信をシェアしても、1台あたり1Mbps程度の速度を実現していることが分かる。もちろん、接続台数が多ければ1台あたりの速度は下がる

 なお、TD-CDMA方式は上り:下りの比率を変更することが可能だが(2月10日の記事参照)、今回は上り:下りを1:1に設定している。

Photo 会場で通信をしていた試験端末。モデムから飛び出ている部分がアンテナになる
photo 第3者のサイトで速度を計測したところ。平均速度はもちろん、継続して高スループットが出ていることにも注目してほしいという

2キロ地点で「理論値の86%」

 イー・アクセスの新規事業企画部、諸橋知雄本部長は、この数値に満足していると話す。

Photo

 「(技術上)一番気になるのは、セクタスループット。理論上は最大セクタスループットが5.4Mbpsだが、アンテナからある程度離れた場所でも平均セクタスループットが86%に達している。非常に良好な数字だ」

 同氏はまた、IMT2000技術調査作業班の資料によれば、ソフトバンクなどが採用する可能性があるとされるTD-CDMAのセクタスループットは「理論上1.5Mbps。いかにTD-SCDMA(MC)が技術上優位であるかが分かると思う」と付け加えた。

Photo 同社ビル屋上に取り付けられたアンテナ。南西に向かって取り付けられており、120度をカバーする。「さほど高いビルではないので、条件としてベストではない」(イー・アクセス)
Photo 「モバイルIP電話」を意識したのか、NetMeetingを使った音声通話のデモも行われた。今後は複数基地局を用意して、ハンドオーバーなどの実験も行っていくという

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月20日 更新
  1. 「AQUOS R9」で起きた“3つの異変” Proなし、デザイン刷新、実質値下げの意図を聞く (2024年06月19日)
  2. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  3. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
  4. ドコモは通信品質をどう立て直すのか 前田新社長が語る「品質ナンバーワン」への方策 (2024年06月18日)
  5. KDDIはローソンと組んで何を仕掛ける? 携帯ショップの雇用問題解決にも? 株主総会で語られたこと (2024年06月19日)
  6. 高コスパの「POCO Pad」、海外では日本未発売のスタイラスやキーボードカバーも展開 (2024年06月19日)
  7. 京セラのスマホは法人メインも「TORQUE」は継続 「コンシューマー向けはスペック競争とコスト要求が激しい」 (2024年06月18日)
  8. モトローラが「moto g64 5G」を6月24日発売 おサイフケータイ付きで3万4800円 Y!mobile向けモデルも7月上旬以降に登場 (2024年06月20日)
  9. 携帯電話契約時にマイナンバーカードなどのICチップ読み取り必須に 券面の目視確認による不正契約に歯止め (2024年06月18日)
  10. 国内スマホシェア、Googleが約184%の大幅増 端末割引規制で全体の出荷数はダウン (2024年06月19日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー