ニュース
» 2004年10月20日 08時45分 公開

KDDI、3G携帯が1600万契約突破

スタートから約2年半で、CDMA 1XやCDMA 1X WIN契約者の比率は88%程度まで上昇。

[ITmedia]

 KDDIは10月19日、CDMA 1Xおよび1X WINなど3G携帯電話の契約者数が1600万を突破したと発表した。KDDI全体の契約者数は1820万契約余りで(10月7日の記事参照)、全体の88%程度が3G携帯電話となる。

 KDDIは2002年4月1日からCDMA 1X端末の発売を開始し、2003年11月には上位規格に当たる1X WINもスタートさせた。3G携帯電話スタート後は、2G携帯電話の新規開発を終了し、現在販売している端末はすべて3G携帯電話となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう