ニュース
» 2004年11月04日 19時46分 公開

BREWで実現、日韓でプレイできるポーカーゲーム

[吉岡綾乃,ITmedia]

 エニコムがEZweb向けサイト「日★韓ネットベガス」で、EZアプリ (BREW) 対応携帯電話向けに配信している「日韓ネットDEポーカー」が、11月3日より、韓国のユーザーともプレイ可能になった。本サービスの対応機種はA5306ST、A5305SA、INFOBAR、A1304T、A5304T。WIN端末へは今後対応予定。

(C)ANICOM JAPAN LTD.

 韓国ANICOMの「ANCKorea-Japan Poker」に接続し、韓国のプレイヤーとポーカーが楽しめる。ANCKorea-Japan Pokerは、韓国第2位のKTFが提供するMagic@Multipack(BREW)上で動作する携帯用ゲーム。

 日韓ネットDEポーカーでは、[0]ボタンを押した後、1〜9のボタンに割り当てられた言葉を選ぶことで、「こんにちは」「落ちます」など簡単なやりとりができる。日本語で選んだ言葉が、ANCKorea-Japan Pokerのユーザーには韓国語で表示される仕組み。

日韓ネットDEポーカー上で日本語で選んだ言葉(左)は、ANCKorea-Japan Poker上で韓国語で表示される

 KTFは世界で初めてBREWサービスを開始したキャリアで、国際対戦ができるBREWアプリケーションはこれが初めてとなる。

 アプリケーションは無料でダウンロードでき、500万GP(ゲームポイント)が付属する。GPが足りなくなったら、「まとめてau支払い」を使ってコインを購入する。1コイン=31円で、500万GP相当となる。

 アクセスは「BREWアプリカタログ」-「メニューから探す」-「ゲーム」-「パズル・テーブル」-「日★韓ネットベガス」から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう