状況に応じて着信が変化〜au「着Flash」

» 2005年01月20日 15時53分 公開
[斎藤健二,ITmedia]

 独自技術ではなく、汎用の技術を応用することで実現するサービスが増えてきた。

 KDDIは2月下旬に発売する1X WINの新機種「W31SA」「W31K」に(1月20日の記事参照)、電話などの着信時にMacromedia Flashを利用したアニメーションを動かせるサービス「着Flash」機能を搭載した。

 従来も、着信時にMPEG-4動画を再生する「着ムービー」はあったが、「ただムービーを流すだけではなく、状況に応じたアニメーションを流せる」(KDDI)のが特徴。Flashの動作を制御する言語アクションスクリプトを使い、アドレス帳や着信日時、電池残量、電波レベルなどを読み取ってアニメーションを変えることができる。

 例えば、「電話をかけてきた人によってアニメーションを変えたり、かかってきた回数によって対応を変えるといったことが技術的に可能になる」(KDDI)。

着うたと同時利用は不可。勝手着Flashも可能

 着Flashは、Flash Lite 1.1の機能を活用したものだ。このバージョンから、携帯電話内部の情報を読み取ったり、着メロフォーマットであるSMAFが利用できるようになっている(7月12日の記事参照)

 着Flash設定時は、Flash側で設定したメロディが鳴るため、「着うた」などとの同時設定はできない。また、既存のFlashコンテンツを着Flashとして使うことはできず、着Flash専用のコンテンツを設定する必要がある。一般開発者も着Flashコンテンツを開発することが可能で、そのための仕様はauホームページで公開する予定だ。

 現在のところ、着Flash対応端末は1X WIN対応の2機種だけだが、「今後は1X端末も含めて、着Flash対応を広げていく予定」(KDDI)となっている。

 なお、au端末でFlashに対応しているのは、「W21SA」「W21S」「W21K」や、「W21T」「W22H」「W22SA」「W21CA」など1X WIN端末。および1X端末では「talby」「A5507SA」が対応している。同時発表となった「A5509T」「A1404S」は非対応となってる。

2月下旬の対応機種発売と共に用意される7種類のコンテンツ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  4. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  5. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  6. マイナンバーカードで本人確認できる「デジタル認証アプリ」が登場 使い始めるには? (2024年06月24日)
  7. 現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2024年6月編】 「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」を安く買えるのはどこ? (2024年06月24日)
  8. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  9. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  10. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー