連載
» 2005年07月04日 20時10分 公開

スケジュール入力はスマートに長期ロードテスト「D901iS」 No.16

メインディスプレイでスケジュールを把握できる「D901iS」。スケジュール入力もスマートに行えるのをご存じですか?

[後藤祥子,ITmedia]

 まずは前回記事(7月1日の記事参照)の訂正とお詫びです。ダイヤルキー長押しの件について、読者の方からこのようなご指摘をいただきました。「ダイヤルキーのショートカットの割り当てですが、カスタムメニューに設定している内容により異なるんじゃないんですか?」

 すみません、その通りでした。ダイヤルキーの長押しに割り当てられる機能は「Menu」-「右上ソフトキー」を押すと出てくる「カスタムメニュー」に対応したものになります。

 私の場合、「発信者番号通知設定」を「miniSDカード」にカスタマイズしていたので、9キーを押すと「miniSDカード」が表示されていましたが、初期設定のままだと9キーを長押しすると「発信者番号通知設定」が表示されます。

 カスタムメニューにはよく使う機能や、よく連絡を取る相手のアドレス帳、グループを登録できます。ここによく使う機能を登録しておけば、ダイヤルキーの長押しで素早くアクセスできて便利です。

 左は初期設定状態のカスタムメニュー。中は「テンプレート」で「ユーザーデータ」を読み込んだ場合のメニュー。右はアドレス帳の任意の相手を設定したところ

これでスケジュール入力もラクラク

 D901iSといえば、待受画面上にスケジュールを表示できるのが便利なところ。実はスケジュールを簡単に入力する方法があります。

 例えば「今日、19時から飲み会」が入った場合、待ち受け状態でダイヤルキー「1900」を押すと、右上ソフトキーにカレンダーへのアクセスを意味するアイコンが表示されます。これを押すと当日の開始日時と終了日時に「19:00」が入った状態のスケジュール入力画面が現れます。あとは終了時刻や予定の内容、詳細を入れるだけ。

 日にちを指定することもできます。例えば7月31日10時30分の予定を入れたいときは待受画面で「07311030」と入力して右上ソフトキーを押せば、その日時のスケジュール入力画面が表示されます。

 時間や日にちを入力するとスケジュール入力画面が起動。富士通製FOMAも同じ機能を備えています

 さらに待ち受け画面上で「1」から「9」キーを押して右ソフトキーを押すと、「1」ならア行、「2」ならカ行、というように、ア行からワ行までの電話帳の冒頭部分にアクセスできます。

 「1」から「99」のキーを押して右下ソフトキーを押すと、それぞれの番号に対応したアドレス帳番号の相手宛のメール作成画面が起動。よく連絡を取る相手のアドレス帳番号を覚えやすいものにしておくと便利に使えます。

前 長期ロードテスト「D901iS」 次
長期ロードテストとは

 ITmedia記者が、普段使いの携帯電話の模様をレポートする長期連載記事です。1人のユーザーとして、端末やコンテンツをレポートします。この端末の「○○を調べてほしい」「この点をメーカーに聞いてほしい」といった要望を、ぜひお寄せください。ロードテストの中で、できる限り調査し回答していきます。

読者のニーズが機種を決定

 なお、本ロードテストで使用する携帯機種は、読者の皆様のニーズに基づいて決定します。記事へのアクセス数の増減を目安とし、随時機種を変更していく予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう