連載
» 2005年08月12日 05時48分 公開

リンダ リンダ リンダ「ライブの前に会えないかな」Mobile&Movie 第174回

映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのはバンド活動に熱中する女子高生が主人公の作品です。

[本田亜友子,ITmedia]
作品名リンダ リンダ リンダ
監督山下敦弘
制作年・製作国2005年日本作品


 文化祭で最高のステージを見せようと練習を重ねてきた、軽音同好会のガールズバンド。本番まであと3日という時に、ギターのメンバーが体育の授業中に指を骨折し、演奏できなくなってしまいました。高校生活最後の文化祭にどうしても出たいという恵と、オリジナルメンバーでやらなきゃ意味がないというボーカルの凛子は対立し、バンドは空中分解。残されたドラムスの響子とベースの望は、恵に誘われて新しいバンドとして文化祭に出ることにします。

 恵は元々キーボード担当で、ギター初心者。しかたなくギターをやることになったものの、3日で弾ける曲を練習しなければなりません。どんな曲を演奏するか、部室に置いてある楽譜の中を探していた時に、古いカセットテープを見つけます。さっそく聞いてみると、流れてきたのはブルーハーツ。聞いてすぐに3人の気持ちはひとつになり、ブルーハーツのコピーバンドとしてライブすることに。

 響子と望は、恵がボーカルと思っていましたが、恵はギターを弾くのにせいいっぱい。恵は今からボーカルを探そうと言い出します。文化祭の準備で慌しい校内、めぼしい子をスカウトしますが、なかなかうまくいかず。そんな時通りかかった韓国からの留学生ソンが、恵に声をかけられます。バンドのボーカルになってという急な頼みを、ソンはあっさり了承したのでした。

 こうして、新しいバンドのメンバー4人が決定しました。本番まで時間がないので、さっそく練習を始めたところ、4人の音はバラバラ。特にギターの恵は演奏になっていないありさま。それでも間に合うようにと、夜遅くまで部室に残り、何度も繰り返しブルーハーツの曲を演奏する4人。このバンドは、“パーランマウム”と名付けられました。

 ソンは、恵や響子、望とはほとんど面識がありませんでしたが、バンドの練習をしていくうちに友情が深まっていました。恵は気が強く口も悪いけれども、実は一番優しい女の子。部室で練習ができないとなるとすばやく携帯電話で、スタジオを抑えちゃう行動派。望は口数は少ないけれど、音楽に対する熱いハートを持っている女の子。そしてバンドで一番のしっかり者。響子は、みんなを和ませるムードメーカー。そしてクラスメイトの大江くんに片想い中。そんな響子の恋愛をソンはカタコトの日本語で励まします。

 「好きだと言った方がいい」

 ソンの言葉と文化祭の熱気に背中を押されたのか、とうとう響子は決意して、ライブ前日に携帯電話をかけます。

 「もしもし山田です」

 緊張しながら伝える響子。

 「大江くん、明日空いてる?」

 彼も電話の向こうで緊張しているよう。

 「ライブの前に会えないかな」

 こうして、響子はライブの前に大江と待ち合わせをしたのでした。

 そして、当日の朝。3日間ほとんど寝ないで練習に明け暮れた4人は、疲れきっていました。本番の朝とは思えないローテンションでも、すべては今日のためにやってきたこと。即席コピーバンド“パーランマウム”のステージは成功するのか? 響子の愛の告白の行方は? 文化祭のざわついた雰囲気の中で、甘酸っぱい高校生気分が味わえる青春映画です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年