「W32S」に秘められたFeliCaの工夫(1/3 ページ)

» 2005年08月12日 21時46分 公開
[斎藤健二,ITmedia]

 KDDI初のFeliCa対応携帯となる「W32S」(8月2日の記事参照)。この端末開発に当たり、ソニー・エリクソンは単に“FeliCaに対応した”だけではない工夫を盛り込んだ。同社開発陣にW32Sのポイントを聞いた。

FeliCaロックの仕組みとは?

 「おサイフケータイ」といえば、今のところNTTドコモの専売特許。ラインアップでも認知度でも、KDDIの端末はこれからだ。しかし後発の利点を生かして端末開発ではいくつかの工夫がされている。その1つが、FeliCaのロック機能だ。

 ドコモのおサイフケータイでも、暗証番号や遠隔地からの電話でFeliCa機能をロックができる。KDDIのおサイフケータイでは、ここに“一時的に解除できるロック”を標準搭載した。

 この理由は、「FeliCaを使う際の不安感の払拭」(FeliCa関係のソフトを担当した橋田敏季氏)にある。

 おサイフケータイを現在使っているユーザーに聞いても、日常的にロックをかけている人は少ない。しかしおサイフケータイの使い始めにおいては、セキュリティへの不安があるのも確かだ。

もちろん、「カメラボタン」-「ライトボタン」-「ライトボタン」-「カメラボタン」など、側面ボタンを一定のルールで押さないと解除できないよう設定することもできる

 「あり得ないことだが、電車の中など人混みで怪しいリーダーライターに読み取られてしまうのではないか、という不安を持つ人もいるようだ。こうしたユーザーの不安を払拭し、使ってみるきっかけになれば」(橋田氏)

 W32Sでは側面にFeliCa専用ボタンを用意し、端末を閉じたまま、ボタンでロックを一時解除できるようにした。普段はロックをかけておき、FeliCaを使うときだけボタンを押してロックを解除するという使い方だ。

 日常的にロックしておくことを想定しているため、さまざまな状態でもロックの解除ができるよう調整した。「メールやブラウザ起動中も確実にロックが解除できるようにしている。通話していて、駅の改札をFeliCa携帯で通ろうとしたら……といったところまで議論した」(橋田氏)

 ちなみに、W32Sに限らずすべてのおサイフケータイのFeliCa機能は、フェリカネットワークスが提供するFeliCaチップとして実装されている。ところがこのチップには、ロックするという機能がない。

 ではどうやっているのかというと、FeliCaチップへの電源供給を遮断することで機能を止めている。カード型のFeliCaはパッシブ型といい、リーダーライターから受信した電波を電力として使い動作するが、おサイフケータイのFeliCaチップは電池が必要なアクティブ型(2004年6月17日の記事参照)。それをうまく生かした機能だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月29日 更新
  1. イオンモバイルのお得度を検証 “大容量を家族でシェア”がお得、ただし損する場合も (2024年05月26日)
  2. 日本通信が「ネオキャリア」で実現するサービスとは? 福田社長が語る“音声接続”で広がる可能性 (2024年05月27日)
  3. 「iPhone 13 mini」販売終了で小型スマホ派はどうすべき? 4つの選択肢を考えた (2023年09月29日)
  4. ダイソーが“激安スマホアクセサリー”を女性向けに展開したワケ 1100円のオーディオ製品はどうやって生まれた? (2024年05月28日)
  5. Honda「CIVIC TYPE R」のスマホケースに「FL5」カラーを追加 「FREED」「NSX Type S」ケースも (2024年05月27日)
  6. 「Leitz Phone 3」を今、選ぶべき理由 ライカの“濃厚な世界観”に浸れるのはこの機種の特権だ (2024年05月28日)
  7. iPhoneの背面に装着できるMagSafe対応ポータブルSSD発売 1TBと2TBを用意 (2024年05月27日)
  8. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  9. “コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」 (2024年05月26日)
  10. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年