ニュース
» 2005年12月01日 11時25分 公開

「利用できる店舗数でぶっちぎる」――三井住友カードiDスタート

ドコモが推進するクレジットカード決済サービス「三井住友カードiD」がサービス開始。ビックカメラ有楽町店でオープニングセレモニーが行われた。今後は全機種でiDをプリインストールしていく方針だ。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 12月1日、三井住友カードはおサイフケータイによるクレジット決済サービス「三井住友カードiD」のサービス提供を開始した。iDはドコモが提供する、おサイフケータイを利用したクレジット決済サービスのブランド名で(11月8日の記事参照)、複数のクレジットカード(現在は2枚)を1つのiアプリの中に収めて利用できる(11月8日の記事参照)。iDの第1弾が、三井住友カードiDということになる。

クレジットカードではドコモが新規参入

 同日、ビックカメラ有楽町店ではオープニングセレモニーが行われ、NTTドコモマルチメディアサービス部長夏野剛氏が来賓として登場。「クレジットカード業界については我々が新規参入。三井住友カードさんと一緒に頑張っていきたい。これからは“携帯でクレジット”が普通になる」と、iDスタートへの意気込みを語った。また、タレントの中山エミリさんが、iD利用者第1号となり、実際におサイフケータイを使ってビックカメラで買い物を行った。

ビックカメラ有楽町店の開店に合わせてテープカットが行われた。左からビックカメラ営業本部長の塚本智明氏、三井住友カード専務馬頭恒雄氏、中山エミリさん、NTTドコモマルチメディアサービス部長夏野剛氏
三井住友カードiDの第1号利用者として、D902iを使って160円の電球を買った中山エミリさん。「会社に決まった机があって、そこでPCを使って仕事をするわけではない私にとっては、携帯がいろいろな情報源。その携帯1つで買い物ができるというのは、すごいことだと思います」

 ドコモでは、iDが利用できる店舗を1年間で10万店まで増やす予定。将来的にはSuica電子マネーと読み取り機が共通化される方針も決まっている。ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店を始め、am/pm、ドンキホーテ、Y'sマート、旭屋書店、紀伊國屋書店、タワーレコード、三越、TSUTAYA、牛角、白木屋などで利用できるようになる(11月8日の記事参照)

 おサイフケータイを利用したクレジットカード決済方法としては、他に「QUICPay」などがある(10月25日の記事参照)。QUICPayは、JCBを中心とするクレジットカード会社10社、KDDI、ボーダフォン、JTBなどが参加する「モバイル決済推進協議会」が推奨する方針で、iDとの互換性はない。

 ドコモの夏野氏は「こういう取り組みには時間がかかるものだが、三井住友さんは非常にスピーディだった。今後はどんどん使える店舗を増やしていく。(携帯を使ったクレジットカード決済には)ほかにも方式があるが、我々は使える店舗数でぶっちぎる」と話した。

今後のおサイフケータイでは全機種iDをプリインストール

 ドコモではiDブランドを他のクレジットカード事業者でも採用するよう呼びかけており、三井住友カード以外のクレジットカード会社も、2006年以降iDに参加する見込みだ。

 iDは、フェリカネットワークスが定める「モバイルFeliCa金融サービス基本仕様」に則っており、1つのアプリに2枚までのクレジットカードを収められる(10月26日の記事参照)。iDを導入するクレジットカード会社が増えた場合に備え「来年の903iシリーズ以降、容量を拡大し、(収められるカードの枚数を)増やしていく可能性がある。また、今後出る(おサイフケータイ対応)機種では、iDアプリを全機種に入れていく」(夏野氏)とした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう