コラム
» 2006年01月12日 09時06分 公開

贋作・Mobile&Movie「こっちはね、寒い中必死で頑張ってんだよ!」モバイル編集部、ただいま取材中

[新崎幸夫,ITmedia]

 年末年始にあれこれテレビ番組やらWebコンテンツやらを見ていたのだが、その中でも「ライフカードのCM映像コンテンツ」が抜群に面白かった。携帯も絡む話なので、ちょっとITmediaモバイルの連載「Mobile&Movie」を真似たスタイルで紹介しよう。なお、そんなにストーリーをばらすつもりはないが、一応Mobile&Movieの方式に沿って【ネタバレ注意】と書いておく。

作品名 「a Xmas night編」
配信サイト ライフカード
制作年・製作国 2005年日本作品
photo

 今回紹介する作品は、ライフカードのCM。テレビCMで「前フリ」の映像を放送した上で、3つの選択肢(=続きの映像)をWeb上で配信するという一風変わったアプローチをとったコンテンツだ。「どーすんのよ俺! どーすんの! つづく!」というフレーズをご存知の方も多いのではないだろうか。

 クリスマス頃に放送されていたバージョン「a Xmas night編」は、年が明けてからもWeb上でアーカイブされており、今でも視聴できる。3つの選択肢、どれもそれなりに楽しめるのだが、記者が特に気に入ったのは「探す」を選んだ場合だ。

 クリスマスだというのに、会社で残業しているオダギリ(オダギリジョー)。しかも寒い中、得意先の古田さん(古田新太)から大事な書類を持ってくるよう言われてしまった。人ごみをかき分け、走って持っていったと思ったら手元に書類がない! どこかで落としたのか? ここまでが前フリの映像で、その続きをWebで見ることができる。

 得意先の古田さんを怒らせないよう、オダギリは慌ててなくした書類を探すべく来た道を引き返す。さっき中年男性とぶつかったが、そのときに書類を落としたのでは……と考えていた矢先、その中年男性(志賀廣太郎)が現れる。聞けば、その男性もオダギリと同じようにクリスマスプレゼントをなくして困っているとのこと。

 奇妙な縁で結びつけられた2人は、やがてその場所でお互いなくしたものを探し回ることになる。2人はそれぞれ「ないなあ、やばいなあ」とつぶやく。

 「やばいですか」

 「だってやばいでしょう、こんなときしかパパって呼ばれないのに。……おたくもやばいですか」

 「やばいでしょー、大事な契約書だもん」

 やがて、2人揃って探しつかれてしまう。一休みしている頃に、中年男性の携帯電話に着信が。どうやら家族から、クリスマスプレゼントは見つかったかと問い詰める内容のようだ。

 「ああもしもし。……いやまだ。……いやだから探してるって。あ? そそそそんな! まだ食べてないのに。ちょっと残しといてよ!」

 中年男性の家族が、この男性に食事を残さないでおくといっている。そう気づいたオダギリは、思わず大胆な行動に出る。なんと中年男性の手から携帯をむしりとって、一度も会ったことがない家族に説教を始めてしまう。

 「あのねえ、あなたねえ、クリスマスぐらい……あったかいもの残して待てませんか!? こっちはね、寒い中必死で頑張ってんだよ! ねえ? 大変なんだよおっさんもよー。ちょっとは考えろよ、この……スカターン!!」

 言うだけ言うと、勝手に電話を切るオダギリ。中年男性は動揺しつつも、オダギリの好意を感じ取ったようだ。本当は、昔は妻も優しかったのだが……などとしみじみ語りだす。

 そのときオダギリの携帯にも着信が! その内容とは? それに対するオダギリと、中年男性の反応とは?

 ――寒い日が続くが、どこか心を温かくしてくれるストーリー。短い時間のコンテンツなのに、ちゃんとした展開があって、スマートな落ちが付いている点も秀逸だ。個人的にライフカードの宣伝に加担する義理はまったくないのだが、こういういいコンテンツはより多くの人間に見てほしいと思う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう