フルキーボードだけどキー数は半分──Sony Ericsson「M600」 3GSM World Congress 2006:

» 2006年02月15日 19時00分 公開
[後藤祥子,ITmedia]

 携帯電話に搭載されるフルキーボードは、端末の大きさにある程度限界があることから、どうしても小さいキーがぎっしり並ぶ形になりがちだ。そんな中、3GSMでSony Ericssonが披露した「M600」のフルキーボードはちょっと変わった仕様になっている。

 Sony Ericssonのブースには、フルキーボード対応の2機種の新モデルが展示されている。1つは200万画素カメラと2.8インチ液晶を備え、802.11b準拠の無線LANとUMTS/GSMに対応したハイエンドモデル「P990」。もう1つは2.6インチ液晶を搭載したスリムなUMTS/GSM端末「M600」だ。いずれもOSはSymbian 9.1のUIQ 3.0で、ディスプレイはタッチパネル対応。スタイラスペンによる操作が可能だ。

フリップ式端末のP990。フルキーボードが付いているが、スタイラスペンで操作する


P990は、底面にオートフォーカス機構付きの200万画素カメラを搭載している


ストレート型のM600。こちらもタッチパネル対応だ。ディスプレイが大きいため、日本の一般的なストレート型端末より横幅が広い。カメラは非搭載

 P990は、テンキーの付いたフリップを開くとフルキーボードが現れるタイプで、小さなキーが並んでいる。対するM600は、フルキーボード端末であるにもかかわらず、キーの数が少ない。

 理由は特殊なキーにある。M600のキーをよく見ると、1つのキーの両脇にそれぞれ文字が割り振られているのが分かるだろう。M600のキーはシーソー状になっており、キーの右と左を押し分けることで、異なる文字を入力できるようになっているのだ。

 フルキーボードを搭載したユニークな機構の端末といえば、Nokiaの「E70」(10月13日の記事参照)が思い浮かぶが、小さな端末の限られたスペースの中にキーを効率よく配置するためのアイデアではM600も負けていない。

左がP990、右がM600のキー。M600は、デュアルファンクションキーと名付けられたシーソー状のキーを採用することで、ほぼ一般的な携帯電話のキー配列のままフルキーボードとしても利用できる


端末を開くと、ディスプレイの左右にキーボードが現れるNokiaの「E70」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 「Galaxy Z Fold6/Z Flip6」は何が変わった? 折りたたみ×AIで新たな価値提案へ (2024年07月13日)
  2. 楽天モバイルの「株主優待SIM」は事業への理解を深めることが目的?(それはそれでアリ) (2024年07月13日)
  3. 約11万円の「Apple Watch」が6万円台に 「AirPods Pro(第2世代)」もお買い得【Amazonプライムデー先行セール】 (2024年07月11日)
  4. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  5. SIMセットで中古iPhoneが最安1円に ゲオがセール開催 (2024年07月12日)
  6. 楽天モバイルの“株主優待SIM”を使ってみた 毎月30GBを1年間、サブ回線の運用に最適 (2024年07月08日)
  7. ダイソーで110円の「スイッチ付(USB)Type-Aケーブル」を便利に使う方法を探る 「USBデスクライト」のスイッチとして最適な反面注意点も (2024年07月13日)
  8. Y!mobileの「OPPO Reno11 A」が3万9600円→1万8000円に 10周年キャンペーンでセール (2024年07月12日)
  9. 「iPhone 14 Plus」の128GB、Apple Storeより2.5万円安くなる Amazonで10万円以下となるも、悩みのタネ (2024年07月11日)
  10. カラー電子ペーパー搭載「BOOX Go Color 7」で読書体験が超快適に テキスト主体なら文句なし (2024年07月12日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー