ニュース
» 2006年02月24日 18時01分 公開

PHS販売ランキング(2月13日〜2月19日):「WX310SA」が5位に上昇

ランキング外に消えていた三洋の「WX310SA」が、5位に浮上してきた。

[杉浦正武,ITmedia]
順位 先週順位 製品名 メーカー
1 1 WX300K 京セラ
2 2 W-ZERO3 シャープ
3 3 WX310K 京セラ
4 4 AH-J3003S 日本無線
5 6 WX310SA 三洋電機

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています

 ウィルコムのランキングは、京セラ製の「WX300K」(右写真)がトップ。連続首位記録を、5週にまで伸ばした。3位も「WX310K」で、京セラ陣営の強さが目立つ。

 2位はシャープ製の「W-ZERO3」。その下の5位に、「WX310SA」が上がってきた。WX310Kと並んで“音声端末ハイエンド”といえる機種だが、先週6位からランクアップしている。

 なおウィルコムの端末動向としては、23日に高度化PHS「W-OAM」方式に対応した「AX520N」「AX420N」の2機種がリリースされた(2月16日の記事参照)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう