ニュース
» 2006年03月09日 15時01分 公開

日本無線「WX310J」のアップデート用ソフトを公開

日本無線がPHS端末「WX310J」のファームウェアアップデートプログラムを公開した。PBXとの互換性と動作安定性の向上を図っている。

[園部修,ITmedia]

 日本無線が「WX310J」のアップデートプログラムの提供を始めた。この修正により、PBX回線との互換性が向上(対応機種を追加)するほか、端末の動作安定性が高くなる。

 WX310Jは、指紋認証センサを兼ねた十字キーを備えるWX310シリーズ唯一のストレート端末。4xパケット通信に対応した音声端末で、オフィスドキュメントの閲覧やOutlookとの連携、フルブラウザ「NetFront V3.3」の搭載など、オフィスでの利用を強く意識した製品だ。自営2版プロトコルに対応し、PBXに登録して構内PHSの内線電話としても利用できる。

 アップデートプログラムは日本無線のPHSサポートページからダウンロード可能だ。作業はWX310JとPCをUSBケーブルで接続して行うため、PCには事前にUSBドライバをインストールしておく必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう