ニュース
» 2006年05月18日 13時00分 公開

“後だしジャンケン”の最強ワンセグ携帯――写真で解説する「905SH」 (2/2)

[杉浦正武,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 例えばテレビ視聴中に、誰かから着信があったとする。このとき画面上部にある「ステータス行」に、着信があった旨と誰からの着信かが表示される。ユーザーが電話をとることで通話モードに切り替わるが、このときイヤフォンを挿していれば音声は「テレビ放送の音声→通話の音声」へとスムーズに移行する。また、イヤフォン装着時にはテレビ画面が自動的に“字幕表示”に替わるという。「通話しながら、字幕をたよりにテレビ画面をチェックできるわけだ」

Photo (左)テレビを見ている最中に、着信アリ。画面上の行に電話番号が表示された(右)こちらはテレビ視聴中にメール着信した際の表示。テロップのように、左方向にスライドしていく

 テレビ画面を縦表示にしたときの下半分の領域から、メニューを開いてメールの内容を確認することも可能。ここから返信メールを作成、送信することもできるという。なお、デフォルト設定ではないが“横向きのディスプレイを縦位置に戻す”ことで通話やメールの利用モードに切り替えることも可能だ。

 ちなみに、テレビ電話サービス「TVコール」とテレビ視聴を同時に行うことはできない。

Photo 待受画面と、メニュー画面。メニュー下方に「FMラジオ」「TVプレイヤー」「TV」が並んでいるのが目に付く

AQUOSケータイを標榜する意味

 今回、905SHは公式に「AQUOSケータイ」と呼ばれることがアナウンスされた。「新しいカラーフィルターを採用しているし(の記事参照)シャープのオンリーワン商品企画推進本部が開発に関わっている。『AQUOS』の名前を、自信を持って語ることができる」

 ディスプレイは上下左右160度の広視野角液晶で、シャープ得意の自動調光センサーも備えた(2005年11月7日の記事参照)。これによって暗い場所でも画面を見やすく表示できるという。なお、ディスプレイのスペックが2.6インチとなっているが、佐藤氏は「2.7インチにすることも可能だった」と強調する。

 「最終的には、持ちやすさを考えると(幅が広くなる)2.7インチではだめだと判断した。総合的な使いやすさを判断している」。このAQUOSケータイという名称は、シャープ側が商標出願もしているという。

*初出時「商標登録している」と記載しましたが「商標出願している」の間違いでした。訂正します

 このほか、ワイド画面を生かして各種ゲームアプリを楽しむことが可能。16:9の画面でゲームを遊べる端末は、業界初だという。会場で確認した限りでは、サッカーやテニス、カーレーシングゲームなどがプリインストールされているようだった。

Photo 背面には、小さいながらもサブディスプレイを搭載。時刻など簡易な情報を表示できるようだ

Photo サッカーやテニスのゲームがプリインストールされている。サイクロイド端末ならではの、16:9の画面表示でゲームをプレイできる

Photo
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10