ニュース
» 2006年05月22日 16時14分 公開

写真で解説する「G'zOne W42CA」 (2/2)

[青山祐介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Type-Rからのスペックアップポイント

 WINシリーズの仲間入りを果たしたG'zOneは、もちろん、WIN端末にふさわしいスペックを備えている。カメラはType-Rの128万画素から207万画素になり、シーンに合わせた設定が簡単に選べる「ベストショット」機能や、四角いものを斜めから撮影しても長方形に補正できる「ビジネスショット」機能を追加。メインディスプレイも2.2インチから2.4インチに拡大している。

Photo オートフォーカス機能付きの207万画素カメラを搭載。撮像素子はCMOSだ
PhotoPhotoPhotoPhoto カメラ機能を起動すると左の画面が現れる。UXGAモードなので、横位置で撮影しやすいよう項目が横向きに表示されている。サブメニューから「ベストショット」を選択すると、シーンを選ぶだけでカメラが各種パラメーターを最適な設定にしてくれる。解像度は最大1600×1200ピクセルまで選択可能だ。もちろんビジネスショット機能も搭載する

 データフォルダは最大約12.8Mバイトから最大約50Mバイトにアップ。さらに、外部メモリーとしてmicroSDが使えるようになった。こうしたメモリー容量の増加を生かしたのが「ICレコーダー」機能だ。最長で3時間まで録音でき、もはやケータイのオマケ的機能ではなく実用十分なものだといえる。また、EメールやCメールの保存件数、スケジュールの保存件数なども増えている。PIMデータの送受信や、「EZテレビ番組ガイド」に対応したテレビ/ビデオ/DVDの操作などもできる赤外線通信機能も標準装備する。

PhotoPhoto microSDカードはバッテリー裏側に格納している。写真の中央に見える銀色のパーツがスロットだ。赤外線ポートはサブディスプレイの隣にある
PhotoPhotoPhoto ICレコーダー機能では、最長3時間までの録音が可能だ。赤外線通信ポートも備えているため、アドレス帳で他の交換やファイルの送受信などにも対応する

 また、W42CAにはカシオ計算機の代表的な製品の1つである電子辞書も1機能として搭載している。英和、和英、国語辞典に加え、ビジネスキーワード、スポーツ用語と英会話のフレーズ集という盛りだくさんな内容だ。普段身に付けているケータイに電子辞書が内蔵された点は、いつも電子辞書を持ち歩いているユーザーにとっては朗報だろう。

PhotoPhotoPhoto 電子辞書機能を標準搭載。ビジネスツールとしても十分活用可能だ。一般的な英和、和英、国語辞典だけでなく、ビジネスキーワード、スポーツ用語、英会話フレーズ集も収録する

 もちろんWIN対応を果たしたことで「PCサイトビューアー」も標準搭載している。パケット定額プランを活用すれば、PC用のWebサイトも活用できる。さらに、なかなか実用的な機能として「Wシーン設定」も用意した。「アドレス帳」「スケジュール」「待ち受け画面」「着信音」「配色設定」をまとめて2つのシーンとして設定可能で、[*]キーの長押しによりいちどに設定を切り替えられる。

PhotoPhotoPhotoPhoto WIN化してPCサイトビューアーを標準搭載。アドレス帳やスケジュールをオンとオフで切り替えられる「Wシーン設定」も用意している

 そのほか「Hello Messenger」や「EZナビウォーク 声de入力」「GLOBAL EXPART」など、最新WINラインアップと同様のauサービスに対応。もちろん「LISMO」(au LISTEN MOBILE SERVICE)にも対応しており音楽再生機能も備える。ちなみに着うたフルなら本体を閉じた状態で最長15時間の連続再生が可能だ。

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう