ニュース
» 2006年06月09日 20時26分 公開

PHS販売ランキング(5月29日〜6月4日):WX300Kの連続首位記録、「20」に更新

ウィルコムの販売ランキングは、今週も変わらず京セラ製「WX300K」がトップで大きな変動はない。この状況は22日発売の「W-ZERO3ハイスペック版」登場まで続きそうだ。

[岩城俊介,ITmedia]
順位 先週順位 メーカー 製品名
1 1 京セラ WX300K
2 2 三洋電機 WX310SA
3 4 シャープ W-ZERO3
4 3 京セラ WX310K
5 6 日本無線 AH-J3003S
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています

 今回のウィルコム販売ランキング、トップはおなじみの京セラ製「WX300K」(写真)となった。連続首位記録は「20」に伸び、5カ月以上も継続していることになる。

 2位は三洋電機製「WX310SA」で、今週もトップを獲れず。以下、「W-ZERO3」「WX310K」と続く。今週は唯一「AH-J3003S」が先週6位から5位にランクインした。

 携帯電話は夏モデル新機種が続々登場してきたが、ウィルコムもW-ZERO3のハイスペック版を発表し、22日に発売することになった。ちなみに呼称はW-ZERO3で変わらないが、型番はWS003SHから「WS004SH」となる。

 実際の販売ランキングに反映されるのはまだ先だが、ウィルコム八剱洋一郎社長によると「並ばなくても買えるようにする。潤沢に商品を供給する」(6月6日の記事参照)ということで、W-ZERO3発売当初に起こった極度の品不足には陥らない模様。WX300Kの連続首位記録を停止できるかどうか楽しみだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう