Special
» 2006年06月13日 00時00分 公開

楽しさあってこそのコミュニケーション──メールも通話もひと味違うN902iS徹底解剖 第5回

“コミュニケーションで重要なのは、楽しさ”──。これが“N”開発陣の考え方だ。最新モデルの「N902iS」にもさまざまな楽しい機能が盛り込まれた。

[PR,ITmedia]
PR

 通話もメールも、もっと楽しく──。“N”のFOMAは、“コミュニケーションの楽しさ”を意識したさまざまな新機能を搭載することで知られる。新モデルの「N902iS」でもそのコンセプトは健在だ。

ひと味違う“N”の「着もじ」

 902iSシリーズ共通の新機能として搭載されたのが「着もじ」。902iS同士で電話をかける時に、10文字以内の短いテキストメッセージを一緒に送信する機能で、電話を受けた相手はその電話がどんな用件なのかを確認できる。緊急の連絡であることを伝えられるのはもちろん、コミュニケーション手段としても楽しく使える機能だ。N902iSの着もじは3D表示に対応しており、電話がかかってきたときに用件をしっかりアピールしてくれる。

Photo 着もじを使って通話を発信するには、通話先を選択してから「機能」→「着もじ」を選択。その場でメッセージを入力する以外に、登録済みの一覧から選んだり、履歴から選んだりもできる(左)。よく使うメッセージをあらかじめ登録しておけば、一覧から簡単に呼び出せる(中、右)

 さらにメール機能として新たに搭載されたのが、新着メールの内容を立体アイコンで知らせる「3Dお知らせ」だ。前モデルの「N902i」でも、メールが届くと待受画面上にその内容を示すアイコンを表示する機能を備えていたが、N902iSではそれが3Dの動くアイコンで表示されるようになった。

 新着メールを知らせるアイコンを選択すると、題名に含まれる絵文字や顔文字、件名とともに3Dのアニメーションが現れる。件名に絵文字や顔文字が入っていなくても、アイコンが表示されるのは、“教授”ことメールの内容を自動解析する「感情理解エンジン」のおかげ。教授の活躍が、メールコミュニケーションをさらに楽しく便利なものにしてくれる。

Photo 「着もじ」は発信通知番号や電話帳登録名と同時に表示される。アニメーションを有効にしておくと、文字はクルクル回りながら、絵文字はアニメーションで表示される。マイクは左右に踊るような表示だ
Photo 「3Dお知らせ」は、アニメーションのアイコンに続いて題名が表示される。メールの件名に絵文字が含まれていなくても、感情理解エンジンが機能してメールの内容に合ったアイコンを表示する。メールの内容に“愛”があると、ハートのアイコンを表示

デコメールの作成も手軽に

 メールを単なるテキストではなく、絵はがきのように装飾できるデコメールは、N902iで好評の「おまかせデコメール」を引き続き搭載した。メールの本文を入力したあとに「おまかせ」を選ぶとメールの内容が自動解析され、内容に合った3種類の候補を表示。ユーザーは気に入ったデザインを選ぶだけでいい。902iSシリーズではメールの冒頭部分や署名もデコメールとして作成できるようになっており、簡単操作でデコメールを作成できるN902iSの活躍するシーンが増えている。

Photo 902iSシリーズでは、メールの冒頭部分や署名もデコメールで作成できる(左、左中)。デコメールと組み合わせれば、メールコミュニケーションがさらに楽しくなる(右中、右)

さらに見やすく、使いやすく──基本機能も進化

 N902iSでは、メールや通話を利用する上での基本的な機能の改善も図られている。メールのフォントサイズは従来の「縮小」「標準」「拡大」に加え、30ドットの「拡大2」が追加され、“最近、ちょっと文字が見えにくい”という人でも快適に使えるようになった。文字の太さも3段階に切り替えられるので、小さいフォントを選んだ際にも視認性を高めることが可能だ。表示だけでなく文字入力時のフォントサイズも4段階に変更でき、“表示は情報量を重視、文字入力時は視認性重視”といったように使い分けられる。

Photo 左が新たに追加された30ドットの「拡大2」、中が従来モデルの最大フォント「拡大1」。文字入力時も「拡大2」を利用できる(右)
Photo 左がフォントサイズ標準の太字、右が細字。好みに合わせて文字の太さも変更できる

 アドレス帳も改良され、待受画面から上キーで呼び出せるアドレス帳がタブ形式になった。左右キーでタブ間移動、数字キーでダイレクトにタブ移動できる仕様で、例えば「3」キーを繰り返し押せば「さ」「し」「す」の先頭に移動できる。“N”伝統の作法も引き継いでおり、下キーを押して一覧にカーソルを移動すると数字キーでショートカットで呼び出すことができ、左右キーでページを切り替えられる。読みの先頭が「か」の人が多く登録されている場合でも、ページスクロールとダイヤルキーのショートカットですばやく目的の相手を検索できる。

Photo 左はアドレス帳を呼び出した直後。カーソルはタブにあり、左右キーや数字キーでタブ間移動ができる。右のように一覧にカーソルを移動すると、左右キーでページスクロールしたり、ダイヤルキーでダイレクトに発信先を選択したりできる

 従来方式のアドレス帳検索も利用できる。待受画面で下キーを押すと8種類の検索方法が選択でき、任意の検索方法を「優先」に設定すれば、下キーを押すことで優先した検索方法を呼び出せる。トレンドを追うだけでなく、従来の“N”ユーザーにも配慮しているのが“N”らしさといえるところだ。

Photo 待受画面で下キーを押すと、8種のアドレス帳検索を呼び出せる。よく使う検索方法を優先で呼び出せるようにも設定できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう


提供:日本電気株式会社
制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2006年7月23日