ニュース
» 2006年06月23日 16時46分 公開

ウィルコム「WX310J」用アップデータを公開

日本無線のPHS端末「WX310J」用のファームウェアアップデータ Ver.1.10が23日、公開された。画面表示の処理速度向上、安定性向上などを実現する。

[岩城俊介,ITmedia]
photo 「WX310J」

 日本無線は6月23日、ウィルコムのPHS端末「WX310J」用のファームウェアアップデータを公開した。

 アップデータバージョンは「Ver.1.10」。主な内容は、

  • 画面表示の処理速度向上
  • 端末動作の安定性向上

 の2点。

 WX310Jは、2006年1月に発売された4xパケット通信に対応する指紋センサー搭載のストレート型端末。指紋センサーで認証のほか、カーソルの上下/左右、長押し/クリックなどの操作も行える。Webブラウザ「NetFront V3.3」やJava(MIDP2.0)を採用し、HTMLで記述されたPC用Webサイトの閲覧やゲームなどのJavaコンテンツも利用できる。

 アップデータは同社PHSサポートサイトからダウンロードが可能。Windows用、Macintosh用のソフトを用意する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう