Palmアプリも動く「ACCESS Linux Platform」、開発は最終段階

» 2006年10月12日 22時16分 公開
[ITmedia]

 ACCESSは10月12日、プライベートショー「ACCESS DAY 2006」を都内で開き、子会社化した米PalmSource(ACCESS Systems Americaに社名変更)と開発を進めてきた携帯電話向けアプリケーションプラットフォーム「ACCESS Linux Platform」(ALP)について説明した。携帯電話向けに必要なソフト一式を統合的に利用できる上、PalmOS用アプリケーションがそのまま動作し、過去のPalm資産も活用できるのが特徴だ。

photophoto

 同社は組み込みWebブラウザを中核にした「NetFront」シリーズで知られるが、「単体の部品だけでなく、ソフトを全部ほしいと言われることが増えてきた」(荒川亨社長)。OSを自前で作る案もあったが、「OSには、アプリケーションを書いてくれる開発者コミュニティーが必要。ゼロからやるより、似ている企業と一緒にやったほうがいい」と昨年、PalmOSを開発してきたPalmSourceの買収に踏み切った。

photo 鎌田CTO

 PalmSourceと開発を進めてきたのがALPだ。Linuxをベースに、Webブラウザやメールなどのユーザーアプリケーションから各種ドライバなど、携帯電話用ソフトウェア一式を統合的に提供し、端末の高機能化に伴い重くなっているソフト開発の負担を減らす。

 「サードパーティーに利用してもらうためにSDK(ソフトウェア開発キット)を出していく。これが今までの携帯電話向けLinuxと違うところだ」と同社の鎌田富久副社長兼最高技術責任者(CTO)は話す。Palmエミュレータも備え、Palm用に書かれたプログラムがそのまま動作するため、既存アプリに加えて世界に42万人以上というPalm開発者コミュニティーも味方にできる。

photophoto

 既に、欧州の携帯電話事業者・Orange(France Telecom)がALPの採用を表明。「他にも多くの事業者、メーカーと商談中」(鎌田CTO)という。現在はプラットフォームとしては完成し、アプリケーションの移植を進めている段階で、来年2月予定のバージョン1リリースに向けて「最終コーナーを回ったところ」。搭載端末は来年中に登場する見通しとしている。

photo NetFront Browserの最新版となるv3.4搭載製品は年末ごろに登場する見込み

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月21日 更新
  1. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
  2. KDDIはローソンと組んで何を仕掛ける? 携帯ショップの雇用問題解決にも? 株主総会で語られたこと (2024年06月19日)
  3. モトローラが「moto g64 5G」を6月24日発売 おサイフケータイ付きで3万4800円 Y!mobile向けモデルも7月上旬以降に登場 (2024年06月20日)
  4. IIJmioで“長期利用特典”を提供 「スマホ割引」「家族割引」「データ追加」を重視した狙い (2024年06月20日)
  5. 「AQUOS R9」で起きた“3つの異変” Proなし、デザイン刷新、実質値下げの意図を聞く (2024年06月19日)
  6. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  7. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  8. スマホ充電レンタル、便利なのに大半の人が知らないワケ 「ChargeSPOT」の認知度向上に必要なこと (2024年06月21日)
  9. 楽天モバイル、約4.4万円で「OPPO Reno11 A」発売 1万2000ポイント還元も (2024年06月20日)
  10. モバイルバッテリーに“異色”のカラー MOTTERUが新製品発表 “日本品質”もウリに (2024年06月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー