「200円安い」は基本使用料だけ──実は割高なオレンジプランとブループラン(1/2 ページ)

» 2006年10月30日 16時30分 公開
[石野純也(EYE's factory),ITmedia]

 「基本使用料2880円」を大きく掲げ、さらに各種の「0円」施策を打ち出したソフトバンクモバイルの「ゴールドプラン」が大きな話題になっているが、実は同時に発表された「ブループラン」と「オレンジプラン」も非常に分かりにくい料金プランだ。以下にその詳細を見ていきたい。

 ドコモ対抗のプランがブループラン、au対抗のプランはオレンジプランという名称で、それぞれ両者のブランドカラーを意識したネーミングとなっている。いずれもドコモとauの料金プランを完全にコピーして、さらに210円引き(税込み)にしたソフトバンクの新料金プランだ。番号ポータビリティ(MNP)でソフトバンクに移るユーザーは、何も考えずに以前のキャリアと同じプランを選ぶこともできる。

 ただし、ソフトバンクが言っている「200円引き」(税抜き)という言葉には注意が必要だ。これは、正確に表現すると“基本使用料の税抜き価格を比べるとソフトバンクの方が200円安い”というだけなのだ。ケータイを使うにあたっては、基本使用料以外にもさまざまな料金がかかるのは、請求書を見ればすぐに分かるだろう。そこで、実際に利用するケースを想定し、ブループランとオレンジプランが本当にドコモやauの料金よりも安くなるのか検証した。

 なお、以下の原稿では税抜きの料金に関してはあえて「税抜きで」と表記している。これは、ソフトバンクが税抜きで「200円安い」と表記しているため、その点についても検証の必要があるからだ。

請求書や補償を含めると実態はドコモよりも割高

 まず、以下の表を見てほしい。これは、ドコモの料金プランと、ソフトバンクのブループランを比べたものだ。基本使用料の項目を見ていくと、ブループランがドコモのプランより、税抜き価格で常に200円安いのが分かる。

Graph ソフトバンクのブループランとドコモの料金プランの比較

 しかし、これはあくまでも基本使用料だけの話。実際にケータイを使う場合、iモードやYahoo!ケータイを使わない人は少ないだろう。それぞれのネット接続機能を利用するための料金のことを、ドコモでは「iモード付加機能使用料」、ソフトバンクでは「S!ベーシックパック」と呼んでいる。この使用料は、以下のようになる。

ネット接続サービス 月額
iモード付加機能使用料 200円(税込210円)
S!ベーシックパック 300円(税込315円)

 ソフトバンクのS!ベーシックパックは315円で、ドコモのiモード付加機能使用料の210円より105円高い。この時点ですでにソフトバンクの料金的なアドバンテージは税抜きで100円だ。

 次に、ドコモユーザーが請求書をWebやiモードで見ていたとする。この場合、「eビリング」という割り引きが適用されて105円引きになる(税抜きで100円引き)。また、逆にソフトバンクでは請求書の発行に105円が必要。つまり、ドコモと条件を合わせようとすると、ソフトバンクの方が税抜きで100円高くなる計算だ。この時点ですでにドコモとソフトバンクのブループランの金額はまったく同じになる。

 また、万が一ケータイを使えなくなった場合のことを考えると、「補償」も考慮に入れるべきポイントだ。ソフトバンクの「スーパー安心パック」(月額498円)を利用すると、万が一の故障時に修理代金が100%引きになる。また、盗難・紛失・全損・水濡れなどの際にも、「お客さまがお使いの機種と同一機種を、お手ごろな会員価格で購入いただけます」とあるため、実際の価格は分からないが安価で同じケータイを使い続けられるということだ。

 しかし、ドコモではドコモプレミアクラブ(利用/登録料無料)に加入すれば同様の補償が“無償”で受けられる。さらに月々515円支払うと、水没や盗難、紛失、故障などの際に5250円で新しい機種を家まで届けてくれる「ケータイ補償 お届けサービス」を実施している。

 ソフトバンクで「新スーパーボーナス」に加入し、0円で端末を購入した場合、万が一、ケータイを壊してしまったりすると、端末のローンの残りを一括で支払わなければならない。この点を考えると「スーパー安心パック」に加入しておいた方が安心だが、そうすると、ドコモよりもさらに498円、税抜きで475円高くなる計算だ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月22日 更新
  1. モバイルSuicaが「Suicaグリーン券券売機」に対応しないのはなぜ? JR東日本に聞いた (2024年04月20日)
  2. 「楽天ペイ」「楽天ポイントカード」「楽天Edy」アプリを統合 “史上最大級のキャンペーン”も実施 (2024年04月18日)
  3. iPhone 13/13 ProやiPhone 14 Proの整備済製品がセールに:AmazonスマイルSALE (2024年04月19日)
  4. “Xperiaの父”も加わり日本攻略に本腰のNothing スマホ/イヤフォンの両軸が強みになるワケ (2024年04月20日)
  5. 現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2024年4月編】 ソフトバンクで“実質24円”をうたう新プログラム登場 (2024年04月21日)
  6. 「ポケモンGO」でアバターの髪形や体形を変更可能に 早速試してみた率直な感想 (2024年04月18日)
  7. ドコモ販売ランキング:新発売のGalaxy S24/S24 Ultraが上位を席巻【4月8日〜4月14日】 (2024年04月20日)
  8. 「モバイルSuica/PASMO」の誤解を解説 バッテリー切れだと使えない? クレカなしだと定期を買えない? (2024年04月11日)
  9. スマホ2台持ちユーザー、2台目もドコモが最多  楽天モバイルやMVNOは2台目での利用率が高め ICT総研調べ (2024年04月19日)
  10. 「iPhone 15(128GB)」を最もお得に買えるキャリアは? 「割引後」と「返却タイミング」で比較する (2024年04月22日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年