ニュース
» 2006年11月20日 16時48分 公開

KDDI、「料金安心サービス」に新たな到達額/限度額を追加

通話料とパケット通信料の合計が一定額を超過するごとに、Eメールでの連絡または利用停止を行う「料金安心サービス」。そのサービス内容が12月1日より変更される。

[遠藤学,ITmedia]

 KDDIは12月1日より、通話料とパケット通信料の合計が一定額を超過するごとに、Eメールでの連絡または利用停止を行う「料金安心サービス」のサービス内容を変更する。

 主な変更内容は以下の通り。

  • 金額計算方法の変更
  • お知らせコースに新しい到達額「5000円」を新設
  • 利用停止コースに新しい限度額「3000円」を新設

 金額計算方法の変更は、お知らせコースの到達額、ご利用停止コースの限度額の金額計算が「各種割引サービス適用後の金額」になるもの。各種割引サービスには「無期限くりこし」、家族割の「くりこしコース/家族分け合いコース」といった法人向け割引サービスは適用されない。

 お知らせコースの到達額は今回の追加で「5000円」「7000円」「1万円」「1万5000円」の4つとなり、利用停止コースの限度額も「3000円」「5000円」「7000円」「1万円」「1万5000円」の5つから選べるようになった。

 サービスの申し込みはEZwebまたはMy KDDIホームページから行える。なお、利用停止コースに新設される「3000円」の限度額にも申し込みは可能だが、適用は12月からとなるので注意したい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう