連載
» 2006年12月01日 19時23分 公開

デスノート the Last name「携帯電話など一切の通信手段をお預かりします」Mobile&Movie 第237回

映画の中に登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。人気コミックを映画化した「デスノート the Last name」。ノキアの「702NK」が登場します【ネタバレ注意】

[本田亜友子,ITmedia]
作品名デスノート the Last name(DEATH NOTE The Last Name)
監督金子修介
制作年・製作国2006年日本作品


 今回ご紹介するのは、人気コミックの映画化で大ヒットを記録した『デスノート 前編』の後編にあたる『デスノート the Last name』。「ノートに名前を書かれた人間は死ぬ」という“デスノート”の絶対的な力を手に入れた大学生・月(ライト)と、凶悪犯ばかりが怪死していく事件の真犯人を追う探偵のL(エル)。2人の対決がいよいよクライマックスを迎えます。以下、内容に触れますので、これから見る予定の方は注意して下さい。

 デスノートを手にした月(藤原竜也)は、法律で裁ききれない凶悪犯たちを自らの判断で次々と死に追いやっていきました。デスノートに顔を知っている人物の名前を書けば心臓発作、さらにその死因や死亡時刻まで書きめば、生死を思いのままに操れることを月は利用し、デスノートの威力を最大限に利用していったのです。そして、凶悪犯が殺されていくたび、“救世主キラ”はマスコミの注目の的。テレビでは連日キラを報道し、巷には“キラ信者”まで現われていました。

 そんな中、月は父(鹿賀丈史)に、キラに関連する事件の捜査に加わりたいと頼み込みます。もちろん、すべては自分の身を守るため。正義感に燃える青年という印象で、父の反対も押し切り、月も捜査に参加することに。そして、極秘の“キラ対策室”へやって来た月。入口で

 「携帯電話など一切の通信手段をお預かりします」

 とLの執事ワタリ(藤村俊二)に携帯電話を取られてしまいます。Lと月は、探り合うようにお互いを見つめていましたが、表向きは協力し合って、キラを追うことに。

 そんな時、テレビのワイドショーでキラを批判していた評論家が怪死する事件が起きます。テレビ局はパニックになり、たまたま近くに遊びに来ていた月の妹・粧裕(満島ひかり)が騒動に巻き込まれます。月は粧裕の身を案じて、現場に駆けつけます。そこで出会ったのが、人気アイドルの弥海砂(あまねみさ)。海砂(戸田恵梨香)は、月に「私を信じて」と打ち明けてきました。

 なんと海砂は、第2のデスノートを手に入れたというのです。月にとってのリュークと同じように、海砂にもレムという死神が付いていると。さらに海砂は、Lの名前を知るためなら何でもするとまで。ここまで月を崇拝するのは、海砂の悲しい過去のせい。海砂が憎み続けていた人物を月が裁いてくれたというのです。恩を感じている海砂は

 「私はあなたに利用されるだけでもいいの」

 と月に思いを伝えたのでした。とまどいながらも海砂の申し出を受ける月。

 そして、月と海砂、Lが一同に会した場面。ここでも携帯電話が、鍵を握ります。Lは鋭い観察眼で

 「別れた後にすぐ電話なんて」

 と月をからかい気味に挑発。月と海砂、デスノートを持った二人とLの対決。勝つのは一体誰なのでしょう? そして最後にデスノートに名前を書かれるのは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー