ニュース
» 2007年01月15日 14時35分 公開

京セラ製「W52K」、三洋電機製「W51SA」がJATE通過

W5xの型番を持つ、京セラ製と三洋電機製のau向け端末2機種がJATEを通過した。京セラ製端末は2006年9月認定のW51Kに続く2機種目

[岩城俊介,ITmedia]

 auの2007年春商戦向けモデルと目されるWIN端末2機種、京セラ製の「W52K」(12月20日認定)と三洋電機製の「W51SA」(12月18日認定)がJATE(電気通信端末機器審査協会)を通過した。

 W5xの型番を持つ京セラ製のau端末は、すでに「W51K」(9月29日認定)がJATEを通過している。この春モデルで同社は2機種の端末を投入するものと思われる。

 最近、同一メーカーが同一の携帯キャリア向けに複数の機種を同時に発表する例が増えている。例えば、2006年au秋冬モデルでは京セラ(W44K:スリム、W43K:音楽)、東芝(DRAPE:デザイン、W47T:ハイエンド、W45T:簡単)、三洋電機(W43SA:ワンセグ、W42SA:スリム&簡単)、ソニー・エリクソン・モバイル(W44S:ワンセグ&高機能、W43S:スリム&あかり。ただし、同時発表ではない)が、それぞれ特徴や想定ターゲットの異なる端末を投入している。

 この京セラ製の2機種は、機能に差があるものなのか、デザインに特徴を持つものなのか、それともそれ以外か。いずれにせよ興味深いところだ。

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう