調査リポート
» 2007年05月17日 23時31分 公開

携帯ショッピングサイトの閲覧頻度、「ほぼ毎日」が3割超 ──MMD研究所調べ

MMD研究所が、「モバイルコマースに関する利用動向調査」の結果を発表。携帯ショッピングサイトの閲覧頻度は、「ほぼ毎日」が3割を超え、その比率は世代を追うごとに高くなっている。

[ITmedia]

 MMD研究所は5月17日、「モバイルコマースに関する利用動向調査part4」の結果を発表した。同調査は4月27日から同30日まで、stratationが運営する無料ホームページ作成サービス「00HPメイカー」、OKTが運営する「テレぐら」など、計12社、モバイル13サイトの協力をうけて実施したもので、有効回答数は4093人。

 同調査によれば、4月にモバイルコマースを利用した人は全体の約3割。購入した商品は、男性では「CD・DVD(音楽)」が26.4%、女性では「衣料」が27.6%で1位となった。男性は40代以上を除く全ての世代で「CD・DVD(音楽)」が1位となり、40代以上では「健康食品(サプリなど)」が1位となっている。これに対し女性は10代では「CD・DVD(音楽)」が、20代から30代では「衣料」が1位。40代以上では、32.2%で「ダイエット関連」と「健康食品(サプリなど)」が1位だった。

 4月のモバイルコマース利用者を対象に、購入した商品数を調査したところ、「1商品」が28.9%と最も多く、次いで「2商品」が21.6%という結果が得られた。「2商品」以上購入している回答者の割合は約7割と、複数の商品を購入している回答者が多かった。また「1〜2商品」を購入した回答者の割合は、男性が57.8%、女性が47.4%。女性よりも男性の方が購入商品数が少ない結果となっている。

 4月に購入した合計金額は、「1万円〜1万9999円」が23.6%で最多。「3000円〜4999円」が16.4%でこれに続いた。1万円以上と答えた回答者は全体の約5割で、ショッピングに使用している金額に、男女差はほとんどないという。

 4月にモバイルコマースを利用した人が、現在会員登録をしている携帯ショッピングサイト数は、「1サイト」が24.5%で1位となった。以下、「3サイト」が23.4%、「2サイト」が22.8%と続いている。年代別では、10代・20代前半では「1サイト」という回答が、30代以上では「3サイト」という回答が多かった。

 また、4月に商品を購入したサイト数は、「1サイト」が59.9%、「2サイト」が26.3%、「3サイト」が9.8%という順になった。どの年代でも「1サイト」が5割以上を占めており、モバイルコマース利用者は少数の携帯ショッピングサイトから商品を購入している傾向がうかがえるという。

 4月のモバイルコマース利用者による携帯ショッピングサイトの閲覧頻度は、「ほぼ毎日」が34.7%で最も多く、次いで「3日に1回」が22.9%、「1週間に1回」が20.9%と並んだ。また「ほぼ毎日」という回答の比率は、年代を追うごとに高くなっている。

 モバイルコマースでの商品購入頻度は、「1カ月に1回」が28.1%で1位、以下、「3カ月に1回」が23.4%、「半月に1回」が17.3%となった。10代と20代前半では、「半年に1回」の回答比率が高いという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー