ニュース
» 2007年06月05日 13時47分 公開

「E61」「X01NK」でGPS機能を使える──ノキアがワイヤレスGPSモジュール発売

ノキア・ジャパンが「E61」「X01NK」でGPS機能を利用可能にするワイヤレスGPSモジュール「Nokia Wireless GPS Module LD-3W」を発売する。ナビタイムのアプリと組みあわせて利用できる。

[ITmedia]
Photo Nokia Wireless GPS Module LD-3W

 ノキア・ジャパンは6月5日から、「E61」「X01NK」でGPS機能を利用可能にするワイヤレスGPSモジュール「Nokia Wireless GPS Module LD-3W」を発売する。価格はオープンプライスで、ノキア・オンラインショップの価格1万5540円。

 Nokia Wireless GPS Module LD-3Wは、BluetoothでE61やソフトバンクモバイルのX01NKと接続して利用する、小型軽量のGPSレシーバー。携帯電話に位置情報対応アプリケーションをインストールすることで、ナビサービスや地図情報サービスの利用時に現在位置を取得できる。また利用するアプリによっては移動ルートを地図上に表示することも可能だ。

 このGPSレシーバーは位置情報の標準フォーマット「NMEA」に対応しており、NMEA対応アプリを利用可能。国内では現在、ナビタイムの位置情報アプリと組みあわせることで、位置情報サービスを利用できる。

 サイズは78.4×45.4×16.5ミリ、重さ約65グラム。連続使用時間は15時間、待ち受け時間は最大7日。製品にはNokia Wireless GPS Module LD-3W本体と電池パック、急速充電器、取扱説明書(日本語、英語)、固定用マジックテープが付属する。

 ナビタイムは6月5日、提供中のE61、X01NK向けGPSアプリケーションのバージョンアップ版を提供開始。Nokia Wireless GPS Module LD-3Wと端末を接続すると、アプリの地図上にGPSで取得した現在位置が表示され、徒歩ルートの音声ナビも利用できる。

 6月5日以降、同アプリを新規で利用する場合は、利用開始から30日間「おためし版」として無料で利用可能。以降は一部メニューを除き、315円/月の利用料が必要となる。アプリのダウンロードは「 http://www.navitime.jp/smartphone/appli/device/e61.html 」から行える。

Photo GPSモジュール「Nokia Wireless GPS Module LD-3W」に対応したナビタイムのGPSアプリ
Photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう