ニュース
» 2007年06月07日 21時45分 公開

“創生主”ウィルコムが変革させる日本のスマートフォン市場 (3/3)

[平賀洋一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ファーストステップは10万台

 喜久川氏はAdvanced/W-ZERO3[es]の販売台数について「内部目標などは設定しているが、公表は差し控えたい。ただ、スマートフォン市場をより大きくする意志はある。そのためには、Advanced/W-ZERO3[es]が越えるべきファーストステップは10万台だろう。10万台を越えてから、どのように普及させるかが問題」と話し、これまで同様堅実に成長させたいとコメントした。

 また、同社副社長の土橋匡氏はAdvanced/W-ZERO3[es]の販売方法について「供給するシャープさんの都合もあり、当面はW-SIMとのセット販売になる。本体のみの販売は少し遅れるだろう。すでにW-ZERO3/W-ZERO3[es]シリーズを持つW-SIMユーザーも多いと思うが、Advanced/W-ZERO3[es]にセットするW-SIMはW-OAM対応のため、(単体購入ではなく)機種変更していただいても良いと思う」と説明した。

 なお、Advanced/W-ZERO3[es]の発売後もW-ZERO3[es]は併売するが、在庫がなくなり次第販売を終了するという。一方、W-ZERO3については「よりPCに近い端末としてまだまだニーズがある」(ウィルコム)ため、今後も現行機種として販売していく。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう