ニュース
» 2007年06月18日 18時43分 公開

NOKIA CONNECTION 2007:“手のひらサイズ”のHSDPA端末が登場──Nokiaの新機種3モデル

Nokiaがシンガポールで開催中のイベント「NOKIA CONNECTION 2007」で新機種3モデルを発表。HSDPAに対応した手のひらサイズのストレート端末「6121 classic」などが登場した。

[後藤祥子,ITmedia]

 Nokiaは6月18日、シンガポールで開催中のイベント「NOKIA CONNECTION 2007」で、新モデルを発表した。新たに登場したのは、カテゴリー6のHSDPA端末「6121 classic」とW-CDMA/GSM対応の音楽ケータイ「6267」、フラットなストレート型GSM端末の「3500 classic」の3モデル。

手のひらサイズのHSDPA端末「6121 classic」

Photo 手のひらサイズのHSDPA端末「6121 classic」

 6121 classicは、重さ89グラム、厚さ15ミリという小型軽量なストレートボディのHSDPA/GSM端末。下り最大3.6Mbpsの通信が可能なカテゴリー6に準拠しており、手のひらサイズの小さなボディで高速通信を利用できる。

 底面には撮影補助用ライトを備えた200万画素カメラを装備。MP3やM4A、eAAC+、Windows Media Audioに対応する音楽プレーヤーやBluetooth、miniUSBスロット、フルブラウザ、ステレオ対応のFMラジオ、最大2GバイトのmicroSDを利用できる外部メモリスロットを装備する。

 ボディカラーはBlack、Pearl White、Pink、Sand Gold、Dark Blueの4色。2007年第3四半期にオーストラリアとニュージーランドで販売することが決まっており、日本での販売は未定。




3Gの音楽ケータイ「6267」

Photo 6267

 6267は、背面に128×160ピクセルのカラー液晶と音楽操作専用のキーを備えたW-CDMA端末。中央のキーを押すとミュージックプレーヤーが起動し、左右のキーで曲送りや曲戻し、側面のボリュームキーで音量調整ができるなど、閉じたまま音楽関連の各種操作を行える。ただし、プレイリスの切り替えは閉じたままでは行えず、いったん開いてから設定し直すことになる。

 30Mバイトの内蔵メモリと、最大4GバイトまでのmicroSDに音楽を保存可能。音楽プレーヤーの対応フォーマットはMP3、MP4、AAC、eAAC+、Windows Media Audio。マルチタスクに対応しているため、メールやWebを利用しながら音楽を聴くことも可能だ。

 撮影補助用ライト付きの200万画素のカメラは最大8倍のデジタルズームに対応。フルブラウザやステレオ対応のFMラジオ、Bluetooth、miniUSBスロットなどの機能を備える。

 ボディカラーはBlack、Orange、Lavender、Electric Blueの4色がラインアップされ、2007年第3四半期に発売予定。なお、Orangeはアジアエリアで販売する予定はないという。



フラットなストレート型GSM端末「3500 classic」

Photo 3500 classic

 「欧州に比べてアジアのユーザーは、携帯をステータスの象徴と考える人が多く、デザインへのこだわりも強い。そんなアジアのユーザーのために開発したケータイ」(Nokia説明員)──こんな開発陣の思いが生んだ端末が、GSM端末の3500 classicだ。

 このストレート型端末は、一枚のガラス板のようなフラットボディが特徴。端末の周囲には本物のメタルを採用して高級感を演出している。

 厚さ13.1ミリ、重さ81グラムのボディにステレオ対応のFMラジオや音楽プレーヤー、200万画素カメラ、Bluetoothを装備。2007年第3四半期に発売予定だという。


関連キーワード

HSDPA | Nokia(ノキア)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう