ニュース
» 2007年07月25日 14時47分 公開

ウィルコム、メールサービスを増強――容量拡大や絵文字変換など

ウィルコムは、2007年度中をめどにEメールサービスを増強すると発表した。メールボックス容量の拡張や、携帯電話キャリアとの絵文字変換サービスを開始する。

[平賀洋一,ITmedia]

 ウィルコムは7月25日、同社端末向けのEメールサービスの増強を発表した。メールボックス容量の拡張や、携帯電話キャリアとの絵文字変換サービスを2007年度中に開始する。開始日など詳細な情報は、追ってアナウンスされるという。

 現在のEメールサービスは、メールボックス容量が1Mバイトで、全角約1000文字のメール約500通分に相当。到着した日を含めて保管期間は31日間で、翌日に消去する仕様となっている。また絵文字については、ウィルコム間で利用できる専用のものと、一部機種でiモード互換のWeb用絵文字を用意している。ただし、携帯電話から送られた絵文字は文字化けするほか、全キャリアへの絵文字送信は対応してない。

 このEメールサービス拡充にともない、1日1回メールボックスを確認し、未受信のメールがあれば通知する「未確認メール通知」と、到着から29日目になった未確認メールを通知する「期限到来メール通知」を9月28日に終了する。

関連キーワード

iモード | PHS | ウィルコム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう