ニュース
» 2007年07月26日 14時32分 公開

au携帯の国際ローミングエリアにブラジルを追加──「GLOBAL PASSPORT」

KDDIは、日本で利用している端末をそのまま海外に持ち出して利用できる国際ローミングサービス「GLOBAL PASSPORT」の対応エリアにブラジルを追加した。音声通話に対応する。

[ITmedia]
Photo サンパウロ、リオデジャネイロなど主要都市を含むブラジル全土でGLOBAL PASSPORT対応のau携帯を利用可能になる

 KDDIは7月31日から、au携帯向け国際ローミングサービス「GLOBAL PASSPORT」の対応エリアにブラジルを追加する。これによりGLOBAL PASSPORT対応の端末を持つauユーザーは、日本で利用している端末を使ってブラジルで音声通話サービスを利用できるようになる。

 今回の音声ローミングは、ブラジルの携帯電話事業者Vivoとの相互協力で実現。ブラジルでのサービスが開始されることで、23の国や地域でGLOBAL PASSPORTを利用できるようになる。

 利用料金は、ブラジル国内への通話の発信が130円/分、ブラジルから日本への発信が280円/分、ブラジルから他のグローバルパスポート端末への発信が280円/分。

 なお、対応端末はGLOBAL PASSPORTに対応した「A5527SA」「A5514SA」「A5505SA」「A1305SA」「A1303SA」「C1001SA」「C412SA」「C111SA」の8機種となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう