速報
» 2007年10月25日 22時01分 公開

ソフトバンクモバイル、2007年冬モデルにアクロディアのUIプラットフォームを採用

[ITmedia]

 アクロディアは10月25日、携帯端末向けユーザーインタフェースプラットフォーム「VIVID UI」および「VIVID Message」、「VIVID Panorama」が、ソフトバンクモバイル端末の2007年冬モデルの全機種または一部機種に搭載されたことを発表した。

 今回発表された920SH、PHOTOS 920SC、820P、MIRROR 821P、THE PREMIUM 820SH、THE PREMIUM 821SH、822SH、913SH G TYPE-CHAR、GENT 812SH sIIは、アクロディアのVIVID UIの基礎技術を採用することで、ソフトバンクモバイルのオリジナルサービス「S!おなじみ操作」に対応。S!おなじみ操作は、ユーザーが従来使用していた携帯電話の操作性を継承できる機能で、これまでに発売された機種のメニュー操作のデータをダウンロードして使用できる。

 また、920SH、PHOTOS 920SC、920T、820P、MIRROR 821P、THE PREMIUM 820SH、THE PREMIUM 821SH、822SH、913SH G TYPE-CHAR、GENT 812SH sIIは、VIVID Messageを採用。メールの内容を3Dアニメーション表示する、ソフトバンクモバイルのオリジナルサービス「デルモジ」に対応している。

 920SH、PHOTOS 920SC、THE PREMIUM 820SH、THE PREMIUM 821SH、822SH、913SH G TYPE-CHARのカメラ機能にはVIVID Panoramaが採用され、ユーザーは簡単な操作でパノラマ画像を作成できる。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー