ニュース
» 2007年11月29日 15時36分 公開

PCCとKDDI、auケータイを利用した内線ソリューションで協業

パナソニック コミュニケーションズとKDDIが、携帯電話を“社内では内線、社外ではケータイ”として利用するための内線ソリューションを協業で提供することで合意。2007年度中に製品をリリースする。

[ITmedia]

 パナソニック コミュニケーションズ(PCC)とKDDIは、無線LAN対応端末「E02SA」を活用した内線ソリューション「OFFICE FREEDOM」を協業で提供すると発表した。

Photo 無線LAN対応の法人向け端末「E02SA」

 法人顧客の「携帯を社内で内線電話、社外で携帯電話として利用したい」という要望に応えることを目指して、両社はE02SAを活用した内線ソリューションに関して提携。PCCのIP-PBX「IP-Digaport J II/X II」を中核としたモバイルソリューションを提供することで合意した。

 E02SAを社内のIP-PBX端末として収容することで、社内では無線LAN対応のIP内線電話として、社外ではau携帯電話として利用可能になり、1台の端末で社内、社外を問わずシームレスにつながるネットワークを構築できる。

 OFFICE FREEDOM対応のIP-Digaport J II/X IIは、2007年度中の提供を予定している。

Photo システムのイメージ
携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう