調査リポート
» 2007年12月03日 14時42分 公開

ポイントカードは“おサイフケータイで使いたい”が7割超

ぐるなびがポイントカード(スタンプカード)に関するアンケートの結果を発表。所有するポイントカードの枚数は平均15.3枚となり、7割超が「おサイフケータイをポイントカードとして使いたい」と回答している。

[ITmedia]

 ぐるなびは11月29日、20歳以上のぐるなびアンケートモニターを対象に行った「ポイントカード(スタンプカード)に関するアンケート」の結果を発表した。調査は2007年10月19日から同21日まで、全国のモニターを対象に行ったもので、サンプル数は合計1035人。

 同調査によれば、飲食店のポイントカードを「必ず受け取る」人は全体の4割を占める。「受け取る時と受け取らない時の両方」という人は、58.6%と6割近くに達しており、「全く受け取らない」と回答した人はわずか1.4%にとどまった。

 飲食店のポイントカードを受け取る理由は、「お得なサービスが受けられる場合」や「再度来店したいと思うお店である場合」が圧倒的多数だったが、「配布されているポイントカードは受け取ることにしている」「ポイントカードを受け取らない理由がないから」といった意見も目立ち、とりあえず受け取る人も少なくない。なおポイントカードを受け取らない理由は、「再度来店したいと思わないお店の場合」という意見が圧倒的多数だった。

 所有しているポイントカードの枚数は、全体では平均15.3枚。男女別では、男性が平均11.68枚、女性が平均19.05枚と、女性の方が多くのポイントカードを所有していた。また、飲食店のポイントカードは「常に携帯」していると回答した人は69.4%と約7割を占めている。男女別では、常に携帯する男性は66.2%なのに対し、女性は72.0%と7割を超える人が常に携帯しており、所有枚数も携帯頻度も女性の方が高かった。

 おサイフケータイ機能の利用意向者は、7割以上が携帯電話を「ポイントカードとして利用したい」と答えている。これは「電子マネーとして利用したい」の9割に続く高い割合だった。その理由は、「複数のカードを持ち歩かずにすむ」「カードをわざわざ探さずすぐに出せる(使える)」などが圧倒的に多かった。

関連キーワード

電子マネー | おサイフケータイ


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう