ニュース
» 2007年12月12日 13時39分 公開

携帯電話の出荷台数、200万台規模で推移――JEITA 10月携帯出荷

電子情報技術産業協会(JEITA)が、2007年10月分の携帯電話とPHSの国内出荷台数を発表。ピーク時の半分以下となった9月に続き、10月も200万台規模の出荷台数にとどまった。

[後藤祥子,ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)が12月12日、2007年10月分の携帯電話およびPHS端末の国内出荷台数実績を発表した。携帯電話とPHSを合計した全出荷台数は256万台で、9月より若干増加したものの前年同月比69.6%にとどまった。

 携帯電話の出荷台数は231万9000台で、前年同月比64.5%。内訳は3G携帯が228万6000台で前年同月比65.3%、2G携帯は3万3000台で前年同期比34.7%となり、携帯電話の出荷台数は2カ月連続で前年同月比マイナスという結果になった。PHSは24万1000台が出荷され、前年同月比293.4%と大幅な伸びを見せている。

 10月は16日にKDDI、22日にソフトバンクモバイルが秋冬モデルを発表するなど、相次いで新モデルが披露されたことから、新モデルの登場待ちや従来モデルの値下がり待ちなどで買い控えムードになったと見られる。

Photo 携帯電話出荷実績の推移
Photo PHS出荷実績の推移
携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう